4504 Movies

テッド Ted (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

深い友情で結ばれた少年と話ができるテディベア、大人となり落ちぶれた二人が巻き起こす騒動を描く、製作、監督、原案、脚本、出演(声)セス・マクファーレンマーク・ウォールバーグミラ・キュニス他共演の爆笑コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:セス・マクファーレン
製作
スコット・ステューバー

セス・マクファーレン
ジョン・ジェイコブス
ジェイソン・クラーク
製作総指揮:ジョン・モーン
原案:セス・マクファーレン
脚本
セス・マクファーレン

アレック・サルキン
ウェルズリー・ワイルド
撮影:マイケル・バレット
編集:ジェフ・フリーマン
音楽:ウォルター・マーフィー

出演
ジョン・ベネット:マーク・ウォールバーグ

テッド:セス・マクファーレン
ローリー・コリンズ:ミラ・キュニス
レックス:ジョエル・マクヘイル
ドニー:ジョヴァンニ・リビシ
ロバート:エイディン・ミンクス
ガイ:パトリック・ウォーバートン
トーマス・マーフィ:マット・ウォルシュ
タミ=リン:ジェシカ・バース
フランク:ビル・スミトロヴィッチ
スティーヴ・ベネット:ラルフ・ガーマン
ヘレン・ベネット:アレックス・ボースタイン
ターニャ・テリー:ローラ・ヴァンダーヴォート
ジョン・ベネット(若年期):ブレトン・マンリー
テッド(若年期):ゼーン・コワンズ
ジーナ:ジンジャー・ゴンザーガ
トレイシー:ジェシカ・ストループ
ミシェル:メリッサ・オードウェイ
本人:サム・J・ジョーンズ
本人:ノラ・ジョーンズ
本人:トム・スケリット
本人:テッド・ダンスン
ミン:ロバート・ウー
ニュースキャスター:マイク・ヘンリー
ジャレッド:ライアン・レイノルズ
ナレーター:パトリック・スチュワート

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

2012年製作 106分
公開
北米:2012年6月29日
日本:2013年1月18日
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $218,815,490
世界 $549,368,320


アカデミー賞 ■
第85回アカデミー賞
・ノミネート
歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1985年、クリスマス、ボストン郊外。
少年ジョン・ベネット(マーク・ウォールバーグ)は、友達もいない寂しい日々を送っていた。

そんなジョンは、両親のスティーヴ(ラルフ・ガーマン)とヘレン(アレックス・ボースタイン)から、テディベアのぬいぐるみをプレゼントされて喜ぶ。

機械仕掛けでしゃべるテディを気に入ったジョンは、本物の友達のように行動を共にした。

ジョンは、本当に話しができたらと願いつつ、テディと共に眠りに就く。

翌朝、テディがいないことに気づいたジョンは、現れた彼(ゼーン・コワンズ:声)が言葉を話したために驚く。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「テッド」(2012)
・「テッド2」(2015)

*(簡略ストー リー)
1985年クリスマス。
8歳の少年ジョン・ベネットは、両親からテディベアをプレゼントされる。
友達がいないジョンは喜び、何をするにも一緒のテディと本当の話ができればと願う。
願いは叶い話せるようになったテディは、全国的な人気者になるのだが、ジョンとの友情は変わらなかった。
27年後、35歳になったジョンはレンタカー会社に勤め、テッドは落ちぶれて大麻を吸う毎日を送っていた。
ジョンは、付き合って4年になるローリーとの関係にけじめをつけようと結婚も考える。
ローリーは、ジョンがテッドと縁を切れないことで、彼との関係を考え始める。
仕方なくジョンは、テッドと別れる決心をするのだが・・・。
__________

才能溢れるセス・マクファーレン製作、原案、脚本、出演(声)、作詞による痛快コメディ。

可愛らしいはずのテディベアが、毒舌を吐き大麻を吸うとんでもない不良クマという発想がいい。

問答無用の下ネタ連発の激しいトークには驚かされるのだが、時に哀愁漂うシーンも挿入されて、1950年代風の音楽もなかなかいい。

とにかく、人間味溢れる主人公を好演するマーク・ウォールバーグセス・マクファーレンの才能に尽きる一作で、これだけやりたい放題できる(させてくれる)アメリカの映画界の寛容さに驚く。

そのセス・マクファーレンが歌詞を担当した曲”Everybody Needs A Best Friend”は、第85回アカデミー賞で歌曲賞にノミネートされた。

北米興行収入は約2億1900万ドル、全世界では約5億4900万ドルの大ヒットとなった。

好評を受けて、”テッド2”が2015年6月26日に北米公開される。

ドラマ中、一つのアクセントとしてポイントともなる、”フラッシュ・ゴードン”の主演サム・J・ジョーンズの登場シーンで、興奮したのは主人公だけではないはずだ。
ラストも飾る彼を懐かしく思いながら、再び”ジョンとテッド”に会える日が待ち遠しい。

難しいことを考える必要のない、文句なく楽しめる快心作なのだが、無視はしていたものの、日本人用の字幕が登場する度にシラケてしまったことが不満だ。(作品に罪はない・・・)

主人公の恋人役ミラ・キュニス、彼女に言い寄る上司ジョエル・マクヘイル、テッドを奪おうとする変態親子役のジョヴァンニ・リビシエイディン・ミンクス、主人公の同僚パトリック・ウォーバートン、上司マット・ウォルシュ、テッドの同僚で恋人でもあるジェシカ・バース、スーパーのマネージャー、ビル・スミトロヴィッチ、主人公の両親役のラルフ・ガーマンアレックス・ボースタイン、ファンには嬉しい”フラッシュ・ゴードン”サム・J・ジョーンズノラ・ジョーンズトム・スケリットテッド・ダンスン、ゲイ役でライアン・レイノルズ、ニュースキャスターのマイク・ヘンリー、テッドの隣人ロバート・ウー、そして、ナレーターはパトリック・スチュワートが担当している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021