4237 Movies

スター・トレック10 ネメシス Star Trek:Nemesis (2002)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1960年代の人気テレビ・ドラマ「スタートレック」の2番目のシリーズで、1987年から放映された”TNG”シリーズの劇場版映画の第4作で、劇場用のシリーズとしては10作目となり最後の作品。
そして、新シリーズが2009年に公開された。
監督スチュアート・ベアード、主演パトリック・スチュワートジョナサン・フレイクスブレント・スパイナートム・ハーディロン・パールマンウーピー・ゴールドバーグ共演。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:スチュアート・ベアード
製作総指揮:マーティ・ホーンスタイン
製作:リック・バーマン
原作:ジーン・ロッデンベリースター・トレック
原案
ジョン・ローガン

リック・バーマン
ブレント・スピナー
脚本:ジョン・ローガン
撮影:ジェフリー・L・キンボール
編集:ダラス・ピュエット
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

出演
ジャン=リュック・ピカード大佐:パトリック・スチュワート

ウィリアム・ライカー中佐:ジョナサン・レイクス
データ少佐/B-4:ブレント・スパイナー
ジョーディ・ラ=フォージ少佐:レヴァー・バートン
ウォーフ少佐:マイケル・ドーン
ディアナ・トロイ中佐:マリーナ・サーティス
ビヴァリー・クラッシャー中佐(医師):ゲイツ・マクファデン
シンゾン:トム・ハーディ
レムス副官:ロン・パールマン
ドナトラ:ディナ・メイヤー
キャスリン・ジェインウェイ提督:ケイト・マルグレー
ガイナン:ウーピー・ゴールドバーグ
ハイレン法務官:アラン・デイル
タルーラ議員:シャノン・コクラン
スラン:ジュード・チコレッラ
ロミュラン人議員:ジョン・バーグ
ブランソン:マイケル・オーウェン
ケリー:ブライアン・シンガー
コンピューターの声:スチュアート・ベアード
ウェズリー・クラッシャー:ウィル・ウィートン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

2002年製作 116分
公開
北米:2002年12月13日
日本:2003年4月12日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $43,119,880
世界 $67,312,830


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロミュラン帝国議会。
レムス人行政官シンゾン(トム・ハーディ)の追放を決議した議会で、その場の議員達は、ある物質(セラロン放射線)により抹殺されてしまう。

地球。
惑星連邦・宇宙艦隊”U.S.S.エンタープライズ NCC-1701-E”艦長ジャン=リュック・ピカード大佐(パトリック・スチュワート)は、副長のウィリアム・ライカー中佐(ジョナサン・レイクス)とカウンセラーのディアナ・ トロイ中佐(マリーナ・サーティス)の結婚式の付添人として祝辞を述べていた。

エンタープライズは、トロイの故郷、惑星ベタゼッドに向かう途中、微弱な電子信号をキャッチする。

第二副長データ少佐(ブレント・スパイナー)は、信号の発信地コラリン星系へのコースに修正を命ずる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「スター・トレック」(1979)
・「スタートレックII カーンの逆襲」(1982)
・「スタートレックIII ミスター・スポックを探せ!」(1984)
・「スタートレックIV 故郷への長い道」(1986)
・「スタートレックV 新たなる未知へ」(1989)
・「スタートレックVI 未知の世界」(1991)

・「スタートレックVII ジェネレーションズ」(1994)
・「スタートレックVIII ファーストコンタクト」(1996)
・「スタートレックIX 叛乱」(1998)
・「スター・トレックX ネメシス」(2002)

・「スター・トレック」(2009)
・「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(2013)
・「スター・トレック BEYOND」(2016)

*(簡略ストー リー)
惑星連邦宇宙艦エンタープライズ艦長のジャン=リュック・ピカード大佐は、副長のライカーとカウンセラーのトロイの結婚式の付添い人として祝辞を述べる。
トロイの故郷であるベタゼッドに向かうピカードとクルーは、ある電子信号をキャッチする。
第二副長データは、信号の発信地コラリン星系へのコース修正を命ずる。
ピカードらは目的地に到着し、その場でデータと同じ頭部のアンドロイドを発見する。
ピカードは、エンタープライズに戻り航行を続け、艦隊司令部のジェインウェイ提督から、政変のあったロミュラスに向かうことを命ぜられる。
新政務官シンゾンが、連邦の使節を招こうとしているため、その役目をピカードが任される。
任務を受けたピカードは、エンタープライズをロミュランに向かわせるのだが・・・。
__________

TNG”シリーズの中で、人気や興行的な低迷が目立った作品ながら、ストーリーは解り易く、監督のスチュアート・ベアードは、艦長と部下達の絆や友情などもきっちりと描き、無難な仕上がりとなっている。

敵役がピカードのクローンだというのも興味深く、遮へい装置を搭載した、巨大戦闘艦シミターの戦闘能力、それに体当たりするエンタープライズなど、スケールの大きい迫力映像も十分楽しめる作品。

音楽担当は、シリーズではお馴染みのジェリー・ゴールドスミス

自分のクローンとの戦いに弱みを見せず、強引な攻めを展開する艦長パトリック・スチュワート、副長で同僚のマリーナ・サーティスと結婚して、クライマックスでは艦長に昇進するジョナサン・レイクス、ピカードを救うために自ら犠牲となる、データ役と兄弟アンドロイドB-4二役を演ずるブレント・スパイナー、機関長のラ=フォージ役のレヴァー・バートン、保安主任のウォーフ役マイケル・ドーン、クラッシャー医師役のゲイツ・マクファデン、大儀を誇示するものの、帝国及び銀河の支配を企む帝国政務官トム・ハーディ、その副官役ロン・パールマン、ロミュラン軍司令官のディナ・メイヤー、宇宙艦隊提督役のケイト・マルグレー、その他ウーピー・ゴールドバーグブライアン・シンガーなどもゲスト出演し、監督スチュアート・ベアードもコンピューターの声役で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020