4239 Movies

スター・トレック Star Trek (2009)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1966年からテレビ放映された、ジーン・ロッデンベリー原案による、「スタートレック」を基に製作された作品。
1979年からシリーズ化されていた、TVドラマの、オリジナルキャストによる映画版の続編ではない。
個性豊かな登場人物の出生の秘密や、少年時代を経て艦隊アカデミーの候補生となり、初実戦で、処女航海のエンタープライズに運命的に集結する、主人公とクルー達の勇気ある戦いを描いたSFアクション・アドベンチャー大作。
製作、監督J・J・エイブラムス、主演クリス・パインザカリー・クイントレナード・ニモイカール・アーバンゾーイ・サルダナサイモン・ペグジョン・チョーアントン・イェルチンエリック・バナブルース・グリーンウッドウィノナ・ライダー共演。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:J・J・エイブラムス
製作総指揮
ジェフリー・チャーノフ

ロベルト・オーチー
アレックス・カーツマン
製作
ブライアン・バーク

J・J・エイブラムス
デイモン・リンデロフ
原案:ジーン・ロッデンベリー
脚本
アレックス・カーツマン

ロベルト・オーチー
撮影:ダニエル・ミンデル
編集
メリアン・ブランドン

メアリー・ジョー・マーキー
音楽:マイケル・ジアッチーノ

出演
ジェームズ・タイベリアス・カーク:クリス・パイン

(少年期:ジミー・ベネット
スポック:ザカリー・クイント

(少年期:ヤコブ・コーガン
スポック:レナード・ニモイ

レナード・マッコイ:カール・アーバン
ニヨータ・ウフーラ:ゾーイ・サルダナ
モンゴメリー・スコット:サイモン・ペグ
ヒカル・スールー:ジョン・チョー
パヴェル・チェコフ:アントン・イェルチン
ネロ:エリック・バナ
クリストファー・パイク:ブルース・グリーンウッド
サレク:ベン・クロス
アマンダ・グレイソン:ウィノナ・ライダー
ジョージ・カーク:クリス・ヘムズワース
ウィノナ・カーク:ジェニファー・モリソン
リチャード・ロバウ:ファラン・タヒール
ゲイラ:レイチェル・ニコルズ
アイエル:クリフトン・コリンズJr.
オルソン:グレッグ・エリス
リチャード・バーネット提督:タイラー・ペリー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

2009年製作 127分
公開
北米:2009年5月8日
日本:2009年5月29日
製作費 $150,000,000
北米興行収入 $257,704,100
世界 $384,953,670


アカデミー賞 ■
第82回アカデミー賞
・受賞
メイクアップ賞
・ノミネート
録音・音響編集・視覚効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2387年。
銀河は不安定な超新星の脅威を受けていた。

宇宙暦:2233.04。
謎の物体からの攻撃を受ける惑星連邦軍”USSケルヴィン”の指揮を任されたジョージ・カーク大尉(クリス・ヘムズワース)は、出産間近の妻ウィノナ(ジェニファー・モリソン)をシャトルで脱出させる。

カークは、母船と共に謎の物体に吸い込まれ、衝突する寸前に、ウィノナが男の子を出産したことを知り、その子を”ジム”(ジェームズ)と名付け、その後、命を落とす。

アイオワ州
成長した少年ジム・カーク(ジミー・ベネット)は、無鉄砲な行動ばかりする問題児だった。

ヴァルカン星。
父親サレク(ベン・クロス)と地球人の母親アマンダ・グレイソン(ウィノナ・ライダー)の間に生まれたスポック(ヤコブ・コーガン)は、それが理由でいじめられ暴力沙汰を起こすが、サレクから、感情を制御し支配するよう教えを受ける。

やがて、天才的知性を身につけ成長したスポック(ザカリー・クイント)は、科学アカデミーへの進学を拒否して艦隊に志願する。

アイオワ州
成長しても、相変わらず堕落した日々を送るカーク(クリス・パイン)は、酒場で士官候補生ウフーラ(ゾーイ・サルダナ)に言い寄り、他の候補生と喧嘩になってしまう。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

バットマン」、「ターミネーター」、「X-メン」シリーズと同様、主人公達や物語の原点に戻る、新シリーズとなっている。

参考:
・「スター・トレック」(1979)
・「スタートレックII カーンの逆襲」(1982)
・「スタートレックIII ミスター・スポックを探せ!」(1984)
・「スタートレックIV 故郷への長い道」(1986)
・「スタートレックV 新たなる未知へ」(1989)
・「スタートレックVI 未知の世界」(1991)

・「スタートレックVII ジェネレーションズ」(1994)
・「スタートレックVIII ファーストコンタクト」(1996)
・「スタートレックIX 叛乱」(1998)
・「スター・トレックX ネメシス」(2002)

・「スター・トレック」(2009)
・「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(2013)
・「スター・トレック BEYOND」(2016)

*(簡略ストー リー)
惑星連邦軍USSケルヴィンの、非常事態中に生を受けたジェームズ・カークは、やがて成長し、自らが犠牲となり、800人のクルーを救った父の後を継ぎ、宇宙艦隊アカデミーに入隊する。
数年後、ヴァルカン星からの救難信号を受けた艦隊基地内の士官候補生は、直ちに緊急出動することになる。
問題を起し、謹慎中のカークだったが、最新鋭航宙艦”USSエンタープライズ”に乗り込むことに成功する。
カークは、彼の父を尊敬する艦長パイクの指揮下、通信士のウフーラ、パイロットのスールーとチェコフ、医師マッコイ、ヴァルカン星人スポックらと共に、ロミュラン船に襲われるヴァルカン星へと向うのだが・・・。
__________

日本では、想像もつかないほどの人気を誇るシリーズの映画化で、北米での興行収入は約2億5600万ドル、全世界では約3億8500万ドルの大ヒットとなった。

第82回アカデミー賞では、メイクアップ賞を受賞した。
・ノミネート
録音・音響編集・視覚効果賞

キャラクターやエンタープライズをはじめとする創作物以外は、前シリーズを全く意識させない斬新なストーリーで、やや高尚で難解な前シリーズに比べ、単純明快な痛快作に仕上がっている。
1億5000万ドルの製作費をかけた、迫力ある見事なVFX映像も見応えがある。

テレビ・シリーズに親しみ、前シリーズも一応は見ているものの、とても”トレッキー”とは言えない自分は、カークが温厚で生まれながら”詩人”のような思考を持った人物だと思っていたのだが、それを全く覆す人物像にも興味津々だ。

沈着冷静なスポックが、感情を露にする姿や、主人公の二人が対立しながらも、やがて生涯の友となり、愛すべきキャラクターであるクルー達と結集する経緯や友情なども、J・J・エイブラムスは丁寧且つ、自然な雰囲気で描いている。

個人的には、マッコイ演ずるカール・アーバンの表情や物腰が、今は亡きオリジナルキャストのデフォレスト・ケリーの”Dr.マッコイ”を、明らかに意識し演じていたのが印象的で、後半に登場し、圧倒的な存在感を示す”スポック”役のレナード・ニモイの登場は感激だ。

また、前シリーズのジェリー・ゴールドスミス他の曲を使わずに、アレクサンダー・カレッジのTVシリーズのテーマ曲で締めるエンドロールは涙ものだ。

突出した才能を持ちながら、欠落する部分を、対立や友情で補い、成長していく主人公の二人、クリス・パインザカリー・クイント、通信士のゾーイ・サルダナ、機関士のサイモン・ペグ、パイロット、ジョン・チョーアントン・イェルチン、ロミュラン船船長エリック・バナ、USSエンタープライズの初代艦長ブルース・グリーンウッド、スポックの父ベン・クロスと母ウィノナ・ライダー、主人公の父クリス・ヘムズワース、ネロ(E・バナ)の部下クリフトン・コリンズJr.等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020