4236 Movies

スター・トレック9 叛乱 Star Trek: Insurrection (1998)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

SFテレビ・ドラマ「スタートレック」を基に製作された映画化シリーズ第9作。
新スタートレック」の劇場版映画第3作。
永遠の若さを保てる種族を排除しようとする惑星連邦の考えを阻止しようとする、USSエンタープライズE艦長ピカードとクルーの活躍を描くSFドラマ。

監督ジョナサン・フレイクス、主演パトリック・スチュワートジョナサン・フレイクスブレント・スパイナーアンソニー・ザーブF・マーリー・エイブラハム共演。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:ジョナサン・フレイクス
製作:リック・バーマン
製作総指揮:マーティン・ホーンスタイン
原作:ジーン・ロッデンベリースタートレック
原案
リック・バーマン

マイケル・ピラー
脚本:マイケル・ピラー
撮影:マシュー・F・レオネッティ
編集:ピーター・E・バーガー
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

出演
ジャン=リュック・ピカード:パトリック・スチュワート

ウィリアム・ライカー:ジョナサン・フレイクス
データ:ブレント・スパイナー
ビバリー・クラッシャー:ゲイツ・マクファーデン
ジョーディ・ラ=フォージ:レヴァー・バートン
ウォーフ:マイケル・ドーン
ディアナ・トロイ:マリーナ・サーティス
マシュー・ダワティ提督:アンソニー・ザーブ
ルアフォ:F・マーリー・エイブラハム
アニージ:ドナ・マーフィー
ソージェフ:ダニエル・ヒュー・ケリー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1998年製作 103分
公開
北米:1998年12月11日
日本:1999年5月8日
製作費 $58,000,000
北米興行収入 $70,187,660
世界 $112,587,660


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
惑星バクー。
アンドロイドのデータ(ブレント・スパイナー)は、バクー人の集落調査をソーナ人と共同で行っていた最中に反乱を起こす。

惑星連邦・宇宙艦隊”U.S.S.エンタープライズ NCC-1701-E”艦長のジャン=リュック・ピカード(パトリック・スチュワート)は、データの行動に関する件でマシュー・ダワティ提督(アンソニー・ザーブ)から連絡を受ける。

ダハティは、データの回路図を送るようピカードに指示する。

しかしダワティは、ソーナ人司令官のルアフォ(F・マーリー・エイブラハム)と共謀し、バクー人のある秘密を手に入れようとしていたのだった。

バクーに近づいたエンタープライズのピカードは、交信したダワティとルアフォが攻撃を開始すると聞き、それを制止して、部下データの元に向かう許可を得ようとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「スター・トレック」(1979)
・「スタートレックII カーンの逆襲」(1982)
・「スタートレックIII ミスター・スポックを探せ!」(1984)
・「スタートレックIV 故郷への長い道」(1986)
・「スタートレックV 新たなる未知へ」(1989)
・「スタートレックVI 未知の世界」(1991)

・「スタートレックVII ジェネレーションズ」(1994)
・「スタートレックVIII ファーストコンタクト」(1996)
・「スタートレックIX 叛乱」(1998)
・「スター・トレックX ネメシス」(2002)

・「スター・トレック」(2009)
・「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(2013)
・「スター・トレック BEYOND」(2016)

*(簡略ストー リー)

惑星バクー。
ソーナ人と共同調査をしていたアンドロイドのデータが反乱を起こす。
惑星連邦・宇宙艦隊提督ダワティは、”U.S.S.エンタープライズ NCC-1701-E”艦長ピカードの部下であるデータの回路図を送るよう命ずる。
ダワティは、ソーナ人司令官ルアフォとと共謀し、永遠の若さを保てるバクー人の秘密を手に入れようとしていた。
バクーに向かったピカードらは、平穏な生活を続ける人々に接し、平和を乱したことを謝罪する。
その後ピカードは、不審なホログラム船を発見し、バクー人が強制移住させられ、その若さを奪おうとする陰謀に気づき、彼らを救おうとするのだが・・・。
__________

前作に続き、エンタープライズ副長ライカー役のジョナサン・フレイクスが監督を務めている。

物語の中で、そのライカーとカウンセラーのトロイ(マリーナ・サーティス)の関係が描かれ、次回作で結婚する二人のロマンスが続く設定になっている。

穏やかな村落の人々の生活はファンタジックに、派手過ぎない宇宙空間の戦いもきっちりと描かれ、人間味豊かな主人公のピカードを好演するパトリック・スチュワート他のキャラクターも活かされた作品。
敵役となる、ソーナ人司令官役のF・マーリー・エイブラハムと宇宙艦隊提督アンソニー・ザーブの確かな演技と存在感が作品を引き締める。
北米興行収入はシリーズでは平均的な約7000万ドル、全世界では約1億1300万ドルのヒットとなった。

オペレーターでアンドロイドのデータ役ブレント・スパイナー、医師であるクラッシャー役のゲイツ・マクファーデン、機関部長のレヴァー・バートン、保安部長マイケル・ドーン、バクー人でピカードと親交を深める重要な役を演ずるドナ・マーフィー、同じくダニエル・ヒュー・ケリー、ソーナ人の士官グレッグ・ヘンリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020