4239 Movies

スター・トレック8 ファースト・コンタクト Star Trek: First Contact (1996)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

SFテレビ・ドラマ「スタートレック」を基に製作された映画化シリーズ第8作。
新スタートレック」の劇場版映画第2作。

機械生命体ボーグの支配から地球を救おうとする、USSエンタープライズEの艦長ピカードとクルーの活躍を描くSFドラマ。
監督ジョナサン・フレイクス、主演パトリック・スチュワートジョナサン・フレイクスブレント・スパイナーウーピー・ゴールドバーグジェームズ・クロムウェル共演。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:ジョナサン・フレイクス
製作:リック・バーマン
製作総指揮:マーティン・ホーンスタイン
原作:ジーン・ロッデンベリースタートレック
脚本
ブラノン・ブラーガ
ロナルド・D・ムーア
撮影:マシュー・F・レオネッティ
編集:ジョン・W・ウィーラー
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

出演
ジャン=リュック・ピカード:パトリック・スチュワート
ウィリアム・ライカー:ジョナサン・フレイクス
データ:ブレント・スパイナー
ビバリー・クラッシャー:ゲイツ・マクファーデン
ジョーディ・ラ=フォージ:レヴァー・バートン
ウォーフ:マイケル・ドーン
ディアナ・トロイ:マリーナ・サーティス
ゼフラム・コクレーン:ジェームズ・クロムウェル
リリー・スローン:アルフレ・ウッダード
ボーグ・クイーン:アリス・クリーグ
ホーク:ニール・マクドノー
ホログラム:ロバート・ピカード

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1996年製作 110分
公開
北米:1996年11月22日
日本:1997年3月15日
製作費 $45,000,000
北米興行収入 $92,001,030
世界 $146,027,890


アカデミー賞 ■
第69回アカデミー賞
・ノミネート
メイクアップ賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
24世紀。
惑星連邦・宇宙艦隊”U.S.S.エンタープライズ NCC-1701-E”
艦長ジャン=リュック・ピカード(パトリック・スチュワート)は、惑星”アイボール”居留地が攻撃されたという報告を受ける。

かつて、機械生命体”ボーグ”に同化された経験があるピカードは、攻撃した相手がボーグだと察知していた。

その件を、副長ウィリアム・ライカー(ジョナサン・フレイクス)、オペレーターのデータ(ブレント・スパイナー)、医師ビバリー・クラッシャー(ゲイツ・マクファーデン)、機関士ジョーディ・ラ=フォージ(レヴァー・バートン)、カウンセラーのディアナ・トロイ(マリーナ・サーティス)と話し合うピカードは、本部から出撃を禁じられたことを伝え、中立地帯に進路を取るよう命ずる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「スター・トレック」(1979)
・「スタートレックII カーンの逆襲」(1982)
・「スタートレックIII ミスター・スポックを探せ!」(1984)
・「スタートレックIV 故郷への長い道」(1986)
・「スタートレックV 新たなる未知へ」(1989)
・「スタートレックVI 未知の世界」(1991)

・「スタートレックVII ジェネレーションズ」(1994)
・「スタートレックVIII ファーストコンタクト」(1996)
・「スタートレックIX 叛乱」(1998)
・「スター・トレックX ネメシス」(2002)

・「スター・トレック」(2009)
・「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(2013)
・「スター・トレック BEYOND」(2016)

*(簡略ストー リー)
24世紀。
人類が地球外生物と初めて遭遇するきっかけとなるワープ開発を、機械生命体ボーグが妨害し未来を変えようとする。
かつてボーグに同化された経験がある惑星連邦・宇宙艦隊”U.S.S.エンタープライズ NCC-1701-E”艦長ジャン=リュック・ピカードは、ボーグの謀略を阻止するため過去に向かう。
ピカードは、到着した日が人類とエイリアンが初めて遭遇する”ファースト・コンタクト”前日の2063年4月4日だと知り、ワープ・シップを開発した科学者コクレーンを捜す。
同じ頃、エンタープライズに侵入したボーグは同化を始める。
コクレーンを見つけたピカードらは、ボーグの地球侵略から未来の地球を守るために、妨害を受けながらワープ・シップの飛行を成功させようとするのだが・・・。
__________

タイム・ワープで、技術の進んでいない21世紀に戻った主人公らが、機械生命体の脅威から地球を守ろうとする物語が実に興味深い。

理屈ではなく、その理論や人間らしい行動の描き方が実にスムーズに展開し、副長ライカー役のジョナサン・フレイクスの演出も評価できる。

カーク同様、非の打ちどころのない完璧人間とは描かれていない、主人公ピカードの人間性なども深く描写されている。

”E型”となったエンタープライズが、再び大破してしまうのかと冷や冷やするクライマックスや、随所にユーモアも挿入された内容は十分に楽しめる

第69回アカデミー賞では、メイクアップ賞にノミネートされた。

興行収入は前シリーズを含めた中で最高となり、北米では約9200万ドル、全世界で1億4600万ドルのヒットとなった。

かつて同化された苦い経験に苦しみながらも、人間味溢れる主人公を好演するピカード艦長のパトリック・スチュワート、監督も兼ねる副長ライカー役のジョナサン・フレイクス、ボーグに改造させられそうになるオペレーター、データのブレント・スパイナー、医師クラッシャー役のゲイツ・マクファーデン、機関士ラ=フォージのレヴァー・バートン、戦術部を任されるウォーフのマイケル・ドーン、カウンセラーのトロイ役のマリーナ・サーティス、ワープを開発する科学者ジェームズ・クロムウェル、その助手アルフレ・ウッダード、ボーグ・クイーンのアリス・クリーグ、士官ニール・マクドノー、ホログラムのロバート・ピカードなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020