4233 Movies

スター・トレック7 ジェネレーションズ Star Trek Generations (1994)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

SFテレビ・ドラマ「スタートレック」を基に製作された映画化シリーズ第7作。
新スタートレック」の劇場版映画第1作。
USSエンタープライズDの艦長ピカードが、観測所で救助した科学者の陰謀をクルー達と共にを阻止しようとする姿を描くSFドラマ。
監督デヴィッド・カーソン、主演パトリック・スチュワートジョナサン・フレイクスブレント・スパイナーマルコム・マクダウェルウィリアム・シャトナーウーピー・ゴールドバーグ共演。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:デヴィッド・カーソン
製作:リック・バーマン
製作総指揮:バーナード・ウィリアムズ
原作:ジーン・ロッデンベリースタートレック
原案
リック・バーマン

ロナルド・D・ムーア
ブラノン・ブラーガ
脚本
ロナルド・D・ムーア

ブラノン・ブラーガ
撮影:ジョン・A・アロンゾ
編集:ピーター・E・バーガー
音楽:デニス・マッカーシー

出演
ジャン=リュック・ピカード:パトリック・スチュワート

ウィリアム・ライカー:ジョナサン・フレイクス
データ:ブレント・スパイナー
ビバリー・クラッシャー:ゲイツ・マクファーデン
ジョーディ・ラ=フォージ:レヴァー・バートン
ウォーフ:マイケル・ドーン
ディアナ・トロイ:マリーナ・サーティス
トリアン・ソラン:マルコム・マクダウェル
ジェームズ・T・カーク:ウィリアム・シャトナー
モンゴメリー・スコット:ジェームズ・ドゥーアン
パヴェル・チェコフ:ウォルター・ケーニッヒ
ハリマン艦長:アラン・ラック
ルーサ:バーバラ・マーチ
ベトール:グウィニス・ウォルシュ
ガイナン:ウーピー・ゴールドバーグ

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1994年製作 118分
公開
北米:1994年11月18日
日本:1995年12月23日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $75,668,870
世界 $118,071,130


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2293年。
惑星連邦・宇宙艦隊”U.S.S.エンタープライズ NCC-1701-B”が完成して、処女航海の日を迎える。

元艦長のジェームズ・T・カーク(ウィリアム・シャトナー)やクルーのモンゴメリー・スコット(ジェームズ・ドゥーアン)、パヴェル・チェコフ(ウォルター・ケーニッヒ)が招かれて、報道陣などから質問攻めにあう。

カークは、操舵士である元部下ヒカル・スールーの娘をチェコフから紹介される。

ハリマン艦長(アラン・ラック)から要請されたカークは、発進の指示を出し船はドックを離れる。

ワープで飛び立とうとするハリマンは、激しいエネルギー波に襲われた、難民輸送船からの緊急連絡を受ける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「スター・トレック」(1979)
・「スタートレックII カーンの逆襲」(1982)
・「スタートレックIII ミスター・スポックを探せ!」(1984)
・「スタートレックIV 故郷への長い道」(1986)
・「スタートレックV 新たなる未知へ」(1989)
・「スタートレックVI 未知の世界」(1991)

・「スタートレックVII ジェネレーションズ」(1994)
・「スタートレックVIII ファーストコンタクト」(1996)
・「スタートレックIX 叛乱」(1998)
・「スター・トレックX ネメシス」(2002)

・「スター・トレック」(2009)
・「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(2013)
・「スター・トレック BEYOND」(2016)

*(簡略ストー リー)

2371年。
惑星連邦・宇宙艦隊”U.S.S.エンタープライズ NCC-1701-D”艦長ジャン=リュック・ピカードは、惑星基地の観測所が攻撃を受けたという報告を受けてその場に向かう。
生存者である科学者ソランを救助したピカードは、彼がクリンゴン人と手を組み、ある陰謀を企んでいることを知る。
機関士ラ=フォージが囚われ、ソランについて調べたピカードは、彼がトライリチウムを利用して新兵器を作ろうとしていると考える。
しかし、同じエルオーリア人のガイナンは、永遠の幸福が得られる”ネクサスに”向かうことがソランの目的であることをピカードに伝える・・・。
__________

SFテレビ・ドラマ「スタートレック」の映画化シリーズの終了を受け、4作製作された新シリーズの第一作ということで注目された作品。

6作目後のエピソードが冒頭で描かれているため、前シリーズの主人公であるカーク艦長(ウィリアム・シャトナー)とスコッ(ジェームズ・ドゥーアン)、チェコフ(ウォルター・ケーニッヒ)が登場しファンを喜ばせる。

その78年後の設定ということで、宇宙艦隊・戦艦エンタープライズが”D型”まで進化しているところも興味深い。

前シリーズに劣らない登場人物の個性も活かされ、ファンからはまずまずの評価を得た。

北米興行収入は約7600万ドルで、全世界では約1億1800万ドルのヒットとなった。

絶対的な主人公カーク艦長から、それを受け継ぐピカード艦長を好演するパトリック・スチュワート、頼もしい副長ライカー役のジョナサン・フレイクス、オペレーターのデータ役のブレント・スパイナー、医師クラッシャー役のゲイツ・マクファーデン、機関士ラ=フォージ役のレヴァー・バートン、保安部長ウォーフのマイケル・ドーン、カウンセラーのトロイ、マリーナ・サーティス、陰謀を企む科学者マルコム・マクダウェル、同じくエルオーリア人のウーピー・ゴールドバーグ、エンタープライズB艦長のアラン・ラック、クリンゴン人姉妹役のバーバラ・マーチグウィニス・ウォルシュなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020