4233 Movies

スター・トレック6 未知の世界 Star Trek VI: The Undiscovered Country (1991)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

SFテレビ・ドラマ「スタートレック」を基に製作された映画化全6作シリーズ第6作。
公開直前に亡くなった原作者ジーン・ロッデンベリーに捧げられた作品でもある。
クリンゴンとの和平がこじれ、その裏に隠された陰謀を暴こうとするUSSエンタープライズ艦長カークらの活躍を描くSFドラマ。
監督ニコラス・メイヤー、主演ウィリアム・シャトナーレナード・ニモイデフォレスト・ケリークリストファー・プラマーデヴィッド・ワーナー他共演。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:ニコラス・メイヤー
製作
スティーヴン・チャールズ・ジャフィ

ラルフ・ウィンター
製作総指揮:レナード・ニモイ
原作
ジーン・ロッデンベリー

レナード・ニモイ
ローレンス・コナー
マーク・ローゼンタール
脚本
ニコラス・メイヤー

デニー・マーティン・フリン
撮影:ヒロ・ナリタ
編集
ウィリアム・ホイ

ロナルド・ルーズ
音楽:クリフ・アイデルマン

出演
ジェームズ・T・カーク:ウィリアム・シャトナー

スポック:レナード・ニモイ
レナード・マッコイ:デフォレスト・ケリー
モンゴメリー・スコット:ジェームズ・ドゥーアン
ウフーラ:ニシェル・ニコルズ
ヒカル・スールー:ジョージ・タケイ
パヴェル・チェコフ:ウォルター・ケーニッヒ
ヴァレリス大尉:キム・キャトラル
チャン将軍:クリストファー・プラマー
ゴルコン宰相:デヴィッド・ワーナー
アゼトバー:ロザンナ・デ・ソート
カートライト提督:ブロック・ピーターズ
惑星連邦大統領:カートウッド・スミス
サレク大使:マーク・レナード
マルシア:イマン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1991年製作 113分
公開
北米:1991年12月6日
日本:1992年2月29日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $74,889,000
世界 $96,889,000


アカデミー賞 ■
第64回アカデミー賞
・ノミネート
メイクアップ・音響編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
23世紀。
宇宙艦隊”U.S.S.エクセルシオ”の艦長ヒカル・スールー(ジョージ・タケイ)は、調査任務から帰還途中、エネルギー波の直撃を受ける。

船の態勢を整えたスールーは、クリンゴンの衛星”プラグシス”が爆破した衝撃波であったことを知る。

事態は収拾したため近づかないようにという、クリンゴン最高司令官からの事故報告の通信映像をスールーはキャッチ、司令部に連絡を入れる。

地球、サンフランシスコ、惑星連邦、宇宙艦隊本部。
緊急会議が開かれ、”U.S.S.エンタープライズ NCC-1701-A”艦長ジェームズ・T・カーク(ウィリアム・シャトナー)は、医師のレナード・マッコイ(デフォレスト・ケリー)、部下のモンゴメリー・スコット(ジェームズ・ドゥーアン)、ウフーラ(ニシェル・ニコルズ)、パヴェル・チェコフ(ウォルター・ケーニッヒ)らと出席する。

クリンゴン帝国の寿命が50年であることを伝えた司令官は、スポック(レナード・ニモイ)に後を引き継ぐ。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「スター・トレック」(1979)
・「スタートレックII カーンの逆襲」(1982)
・「スタートレックIII ミスター・スポックを探せ!」(1984)
・「スタートレックIV 故郷への長い道」(1986)
・「スタートレックV 新たなる未知へ」(1989)
・「スタートレックVI 未知の世界」(1991)

・「スタートレックVII ジェネレーションズ」(1994)
・「スタートレックVIII ファーストコンタクト」(1996)
・「スタートレックIX 叛乱」(1998)
・「スター・トレックX ネメシス」(2002)

・「スター・トレック」(2009)
・「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(2013)
・「スター・トレック BEYOND」(2016)

*(簡略ストー リー)
23世紀。
クリンゴンの衛星が爆発して大気汚染が進み、50年で滅びることが判明する。
惑星連邦は、クリンゴンの講和の申し入れに対して、それに応ずる特使として惑星連邦・宇宙艦隊U.S.S.エンタープライズ艦長ジェームズ・T・カークの派遣を決める。
カートライト提督は講和に異議を唱え、クリンゴン人に息子を殺されたカークも当然それに反発する。
自分を推薦したスポックを批判しながらも、命令に従わざるを得ないカークは、クリンゴンとの合流地点に向かう。
カークらは、クリンゴンの宰相ゴルコン、チャン将軍らを歓迎して食事をするものの、友好ムードとは言えない雰囲気で会合を終える。
その後、エンタープライズから発射されたと思われる砲撃を受けて、侵入者に宰相を殺されたクリンゴン側は、カークらの裏切りと決めつけるのだが・・・。
__________

テレビ・ドラマの人気シリーズとしてファンから絶大な人気を誇るシリーズの最終作であり、この後は、「新スタートレック」の映画版シリーズに引き継がれることになる。

冒頭から、カークらクルーは引退を控えている設定となっているため、最後に相応しい内容で物語は進む。

カークは、息子を殺された仇との講和を命ぜられるのだが、私情を挟み感情的になり、指揮官の立場を忘れ親としての考えを語る場面がしばしば挿入されているところに注目。

陰謀が絡む犯人捜しなどサスペンス・タッチで進行するドラマは、タイミングよくユーモアも加えられて、第2作「カーンの逆襲」(1982)の監督と脚本も担当したニコラス・メイヤーの演出も軽快だ。

第64回アカデミー賞で、メイクアップ・音響編集賞にノミネートされた。

前作で落ち込んだ興行収入も持ち直し、北米では約7500万ドル、全世界では約9700万ドルとまずまずの成績を残した。

60歳を迎えるということで、やや老けてきた気はするが、最後の任務に挑むカーク艦長ウィリアム・シャトナー、冷静な判断で彼を支えるスポックのレナード・ニモイ、カークと共に囚われの身となる医師マッコイ役のデフォレスト・ケリー、機関士のスコット役ジェームズ・ドゥーアン、通信士ウフーラ役のニシェル・ニコルズ、戦艦艦長のスールー役ジョージ・タケイ、パイロットのチェコフ役ウォルター・ケーニッヒ、バルカン人操舵手キム・キャトラル、提督役のブロック・ピーターズ、クリンゴンの将軍クリストファー・プラマー、宰相デヴィッド・ワーナー、その娘役のロザンナ・デ・ソート、惑星連邦大統領カートウッド・スミス、バルカン大使サレクのマーク・レナードデヴィッド・ボウイ夫人で、囚人役イマンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020