4234 Movies

スター・トレック5 新たなる未知へ Star Trek V: The Final Frontier (1989)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

SFテレビ・ドラマ「スタートレック」を基に製作された映画化シリーズ第5作。
中立地帯で起きた反乱を収拾する命令を受けた、USSエンタープライズの艦長カークらの活躍を描くSFドラマ。
監督ウィリアム・シャトナー、主演ウィリアム・シャトナーレナード・ニモイデフォレスト・ケリー他共演。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:ウィリアム・シャトナー
製作:ハーヴ・ベネット
製作総指揮
ジーン・ロッデンベリー

ラルフ・ウィンター
原作
ウィリアム・シャトナー

ハーヴ・ベネット
ジーン・ロッデンベリー
脚本:ジーン・ロッデンベリー
撮影:アンドリュー・ラズロ
編集:ピーター・E・バーガー
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

出演
ジェームズ・T・カーク:ウィリアム・シャトナー

スポック:レナード・ニモイ
レナード・マッコイ:デフォレスト・ケリー
モンゴメリー・スコット:ジェームズ・ドゥーアン
ウフーラ:ニシェル・ニコルズ
ヒカル・スールー:ジョージ・タケイ
パヴェル・チェコフ:ウォルター・ケーニッヒ
サイボック:ローレンス・ラッキンビル
ジョン・タルボット:デヴィッド・ワーナー
コード:チャールズ・クーパー
ケイスリン・ダー:シンシア・ゴーウ

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1989年製作 106分
公開
北米:1989年6月9日
日本:1989年6月24日
製作費 $27,800,000
北米興行収入 $52,210,050
世界 $70,210,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
23世紀、中立地帯、惑星ニムバス3。
恒久平和の惑星で、バルカン人サイボック(ローレンス・ラッキンビル)が活動を始める。

地球、ヨセミテ国立公園
休暇中の宇宙艦隊”U.S.S.エンタープライズ NCC-1701-A”艦長ジェームズ・T・カーク(ウィリアム・シャトナー)は、医師レナード・マッコイ(デフォレスト・ケリー)が見守る中、岩山を登る。

ジェットブーツでその場に向かったスポック(レナード・ニモイ)は、忠告を無視して落下したカークを救う。

ニムバス3、パラダイス・シティ。
惑星連邦代表ジョン・タルボット(デヴィッド・ワーナー)は、クリンゴン領事のコード(チャールズ・クーパー)と共に現れたロミュラン代表のケイスリン・ダー(シンシア・ゴーウ)を迎える。

そこにサイボックらが現れ、その場は占拠されてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「スター・トレック」(1979)
・「スタートレックII カーンの逆襲」(1982)
・「スタートレックIII ミスター・スポックを探せ!」(1984)
・「スタートレックIV 故郷への長い道」(1986)
・「スタートレックV 新たなる未知へ」(1989)
・「スタートレックVI 未知の世界」(1991)

・「スタートレックVII ジェネレーションズ」(1994)
・「スタートレックVIII ファーストコンタクト」(1996)
・「スタートレックIX 叛乱」(1998)
・「スター・トレックX ネメシス」(2002)

・「スター・トレック」(2009)
・「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(2013)
・「スター・トレック BEYOND」(2016)

*(簡略ストー リー)

23世紀、中立地帯、惑星ニムバス3。
恒久平和の惑星で、バルカン人サイボックが反乱を起こし、休暇中だった惑星連邦・宇宙艦隊U.S.S.エンタープライズ艦長ジェームズ・T・カークは船に戻り、クルーらと共にニムバス3に向かう。
人質の映像を見たスポックは、反乱の首謀者であるサイボックが、知人だろうということをカークに知らせる。
ニムバス3に到着したカークらは、制圧されていたパラダイス・シティに向かうのだが、人質のはずの連邦代表タルボットらは、既にサイボックに洗脳されていた。
カークらは捕えられ、サイボックがスポックの異母兄であることを知らされる。
エンタープライズを占拠したサイボックは、未踏の地である銀河の中心、”グレートバリア”の伝説の惑星”シャカリー”に向かうことをカークに命ずるのだが・・・。
__________

前作がコメディ・タッチのタイムスリップという内容で、それが万人に受けた作品だったのだが、本作は再び”トレッキー”及びマニア向けとなった感じがする。

レナード・ニモイからウィリアム・シャトナーに監督が受け継がれ、やや単調な内容ではあるが、主人公らが神の領域を確認しようとする”高尚”な内容になっている。

しかし評価は低く、ウィリアム・シャトナーは監督と主演でラジー賞を、また作品賞も受賞してしまった。

興行収入もシリーズ最悪で、北米で約5200万ドル、全世界では約7000万ドルに終わった。

音楽がジェリー・ゴールドスミスに戻り、お馴染みのテーマ曲が楽しめると共に、SFXの技術の進歩が感じられ、映像が美しくなったことに注目したい。

監督も兼ねながら活躍するカーク艦長のウィリアム・シャトナー、異母兄と対面するスポック役レナード・ニモイ、反乱の首謀者(ローレンス・ラッキンビル)に洗脳されてしまう医師マッコイ役のデフォレスト・ケリー、機関士スコット役のジェームズ・ドゥーアン、通信士ウフーラのニシェル・ニコルズ、パイロットのスールーのジョージ・タケイウォルター・ケーニッヒ、惑星連邦代表デヴィッド・ワーナー、クリンゴン領事チャールズ・クーパー、ロミュラン代表のシンシア・ゴーウなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020