That's Movie Talk!     4075 Movies

スター・トレック4 故郷への長い道 Star Trek IV: The Voyage Home (1986) まだ評価されていません。

  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

SFテレビ・ドラマ「スタートレック」を基に製作された映画化シリーズ第4作。
USSエンタープライズの艦長カークが、再生したスポックの救出に成功した後、謎の探査機から発信される電波により絶滅状態に陥った地球を、クルー達と共に救うまでを描くSFドラマ。
監督レナード・ニモイ、主演ウィリアム・シャトナーレナード・ニモイデフォレスト・ケリー他共演。


SF


スタッフ キャスト ■

監督:レナード・ニモイ
製作:ハーヴ・ベネット
製作総指揮:ラルフ・ウィンター
原作:ジーン・ロッデンベリースター・トレック
原案
ハーヴ・ベネット

レナード・ニモイ
脚本
スティーヴ・ミアーソン

ピーター・クリークス
ハーヴ・ベネット
ニコラス・メイヤー
撮影:ドナルド・ピーターマン
編集:ピーター・E・バーガー
音楽:レナード・ローゼンマン

出演
ジェームズ・T・カーク:ウィリアム・シャトナー

スポック:レナード・ニモイ
レナード・マッコイ:デフォレスト・ケリー
モンゴメリー・スコット:ジェームズ・ドゥーアン
ウフーラ:ニシェル・ニコルズ
ヒカル・スールー:ジョージ・タケイ
パヴェル・チェコフ:ウォルター・ケーニッヒ
ジリアン・テイラー博士:キャサリン・ヒックス
カートライト提督:ブロック・ピーターズ
サレク大使:マーク・レナード
アマンダ・グレイソン:ジェーン・ワイアット
議長:ロバート・エレンシュタイン
サーヴィック大尉:ロビン・カーティス

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1986年製作 118分
公開
北米:1986年11月26日
日本:1987年3月7日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $67,931,249
世界 $133,000,000


アカデミー賞 ■

第59回アカデミー賞
・ノミネート
撮影・録音・音響編集・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

2286年、サンフランシスコ、惑星連邦議会。
宇宙艦隊”U.S.S.エンタープライズ NCC-1701”艦長ジェームズ・T・カーク提督(ウィリアム・シャトナー)が惑星ジェネシスで執った行動をクリンゴン帝国大使は痛烈に非難して反逆者呼ばわりする。

”ジェネシス計画”自体も批判し、クリンゴン人を殺したカークの処刑を求める大使だったが、現れたバルカン大使のサレク(マーク・レナード)が反論する。

クリンゴン大使は、クリンゴン人がカークの息子を殺したことなどを指摘し弁護するサレクを、息子のスポック(レナード・ニモイ)を助けられたからだと批判する。

議長(ロバート・エレンシュタイン)は、カークが罰せられることを否定はしないものの審議を打ち切り、クリンゴン大使は激しく議会を非難して退席する。

バルカン。
再生したスポックを救ってから三カ月が経ち、カークは、医師マッコイ(デフォレスト・ケリー)、モンゴメリー・スコット(ジェームズ・ドゥーアン)、ウフーラ(ニシェル・ニコルズ)、ヒカル・スールー(ジョージ・タケイ)、パヴェル・チェコフ(ウォルター・ケーニッヒ)らクルーが地球への帰還に同意することを確認する。

”カトラ”が戻り、リハビリテーションを行っていたスポックは、地球人の母親アマンダ・グレイソン(ジェーン・ワイアット)に地球に向かうことを伝える。

その頃、宇宙艦隊調査船サラトガは、強力な電波を発信する探査機と遭遇し、司令部との連絡が途絶える。

サンフランシスコ
宇宙連邦司令部カートライト提督(ブロック・ピーターズ)は、その異常事態を惑星連邦議長に報告する。

バルカン。
カークはクルーらと出航準備を進め、ジェネシスで息子を亡くした際に同行していたサーヴィック大尉(ロビン・カーティス)に別れを告げる。

スポックの乗船を許可したカークは、クリンゴン艦で地球に向けて飛び立つ。

電波を発信する探査機は地球軌道上の宇宙ドックに接近し、地球の大気などが乱れる。

司令部は混乱し、サレクは、惑星遭難信号の発信を議長に提案する。

信号を受けたカークは、大気がイオン化した絶滅の可能性がある地球には近づくなという、議長の警告にショックを受ける。

電波を分析したカークは、それが気球人以外の生物に対して発せられていることを知る。

更に、電波は21世紀に絶滅した”ザトウクジラ”に向けて発せられていることをスポックが指摘する。

ザトウクジラは過去にしかいないために、カークはタイム・ワープをすることを決断し、交信状態が悪い中、は司令部のカートライト提督にその件を伝え、20世紀末の地球に向かう。

タイム・ワープは成功して、カークは船の姿を消すよう指示しアメリカ西海岸に向かう。

しかし、ワープによりエネルギーを失い、スポックは軍艦の原子力を利用することをカークに提案する。

サンフランシスコ
ゴールデン・ゲート・パーク”に、姿を消したまま着陸したカークらは街に向かう。

現金が必要なことに気づいたカークは、誕生日にマッコイから贈られたアンティークの眼鏡を売り、クルーらに金を渡して別行動をとる。

カークとスポックはクジラに接触するため研究所に向かい、チェコフとウフーラは原子力艦を探す。

研究所に着いたカークとスポックは、ジリアン・テイラー博士(キャサリン・ヒックス)のツアーに参加する。

ザトウクジラを確認したスポックは無断で水槽に入り、それと接触して交信してしまい、激怒したテイラーにカークと共に追い払われる。

チェコフとウフーラは、原子力空母”エンタープライズ”を見つけてカークに報告する。

カークとスポックを見かけたテイラーは、二人を不審に思いながらも車に乗せる。

テイラーは、クジラについてなどを二人と話すが、接触したクジラが妊娠していることを知っていたスポックに驚く。

怪しい者ではないことを伝えたカークは、彼女を食事に誘い話をすることを提案する。

一方、マッコイとスコットは、クジラを入れる巨大な水槽の材料となる透明のアルミニウムを、スールーはそれを運搬するためのヘリコプターを手に入れようとする。

スポックを車から降ろしたカークはテイラーと食事し、クジラを捕鯨のない安全な場所に連れて行けることを伝える。

カークは、自分に興味を持つテイラーに、23世紀から来たことを正直に伝え、彼女は意外にもそれに驚かず、翌日に海に放たれるクジラを助ける協力をする。

エンタープライズに忍び込んだチェコフとウフーラは、艦内の原子炉に向かい、光子を入手して転送で船に戻ろうとする。

電波が弱いためにまずウフーラが転送されるが、侵入者に気づいた艦内情報部にチェコフは捕えられてしまう。

尋問されたチェコフは異常者扱いされ、隙を見て逃亡するものの負傷して再び捕えられる。

翌朝、テイラーは、クジラのつがいが夜の間に海に放たれたことを知り、カークに助けを求めようとする。

ヘリを奪ったスールーは、マッコイらが手に入れた水槽の材料を運ぶ。

そこにテイラーが現れ、カークが彼女を船内に転送する。

未来から来たというカークの話を信じたテイラーは、彼に協力を求められる。

チェコフが病院に運ばれ危篤状態だと知ったカークは、20世紀の治療では助からないとマッコイに指摘される。

カークとマッコイは、テイラーの協力を得て医師に扮して病院に侵入し、チェコフを治療して逃亡する。

船に戻ったカークは、クジラの周波数だけを聞いてテイラーと別れようとする。

しかし、テイラーはカークに抱きつき転送されてしまい、カークは周波数でクジラを捜すよう指示を出す。

クジラを見つけたカークは、近づく捕鯨船を妨害する。

スコットがクジラを水槽に転送し、カークはタイム・ワープの準備を始めさせる。

クジラを観察したカークは、23世紀でその世話をする役として自分が必要だという、テイラーの意見に納得する。

ワープは何とか成功し、船はサンフランシスコ湾に着水する。

カークはクルーを避難させ、閉じ込められていたスコットとテイラーを助けてクジラを船外に出す。

クジラと交信をした探査機は、目的を果たして遠ざかり、地球の環境は元に戻る。

その後、宇宙連邦議会が招集され、カークらは被告人として呼び出される。

カークは議長に対して有罪を認め、彼は大佐に降格されるが、新たに戦艦の艦長に任命される。

議長は、カークとクルーが地球の危機を救ったことを称える。

カークは、科学調査船に乗ることになった、心通い合うようになったテイラーとの別れを惜しむ。

スポックは、バルカンに戻る父サレクから、入隊に反対したことは間違いで、同僚達を真の友と思えることを伝える。

母アマンダへの伝言を聞かれたスポックは、今はよい気分であることをサレクに伝え、長寿と繁栄を祈り別れる。

宇宙ドックに向かったカークらは、新型”エンタープライズNCC-1701-A”を前に、自分達が我が家に戻れたことを喜ぶ。

クルー達と共にブリッジに向かったカークは、スールーに試運転の指示を出し、エンタープライズは飛び立つ。


解説 評価 感想 ■

参考:
・「スター・トレック」(1979)
・「スタートレックII カーンの逆襲」(1982)
・「スタートレックIII ミスター・スポックを探せ!」(1984)
・「スタートレックIV 故郷への長い道」(1986)
・「スタートレックV 新たなる未知へ」(1989)
・「スタートレックVI 未知の世界」(1991)

・「スタートレックVII ジェネレーションズ」(1994)
・「スタートレックVIII ファーストコンタクト」(1996)
・「スタートレックIX 叛乱」(1998)
・「スター・トレックX ネメシス」(2002)

・「スター・トレック」(2009)
・「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(2013)
・「スター・トレック BEYOND」(2016)

*(簡略ストー リー)

2286年、バルカン。
惑星連邦・宇宙艦隊”U.S.S.エンタープライズ艦長ジェームズ・T・カークは、再生したスポックを惑星ジェネシスから救い出し、クルーらと共に地球に帰還する決心をする。
その頃、謎の探査機から発せられる電波で地球の大気は乱れ絶滅寸前となる。
それを知った地球へ帰還途中のカークらは、電波が”ザトウクジラ”に向けて発せられていることに気づく。
ザトウクジラ”は21世紀に絶滅しているために、カークは20世紀後半にタイム・ワープすることを決める。
ワープに成功したカークらは、サンフランシスコでクジラを捕獲して未来に戻る計画を実行するのだが・・・。
__________

前作に続きレナード・ニモイが監督を務め、今回は彼も冒頭から出演する。

スポック救出という奇抜なアイデアの前作同様、絶滅した”ザトウクジラ”を捕獲するため過去にタイムスリップするという設定が面白い。

そのために、当然起きるカルチャー・ショックがユーモラスに描かれ、コメディ・タッチの内容は”トレッキー”以外にも受け入れられ、なかなか楽しい作品に仕上がっている。

第59回アカデミー賞では、撮影・録音・音響編集・作曲賞にノミネートされた。

北米興行収入は前作より減るのだが、興味深い物語が受けたのか、全世界では約1億3300万ドルで第一作に迫るヒットとなった。

ジェリー・ゴールドスミスの勇壮な音楽から、やや平凡なジェームズ・ホーナーに変わり、本作ではレナード・ローゼンマンが音楽を担当しそれなりの雰囲気を出してはいるのだが、アレクサンダー・カレッジのテレビ・シリーズのテーマ曲をなぜ使わないのか不思議でならない。

過去の地球人との恋も・・というかたちで終わる、人類を救うために活躍するカーク提督を熱演するのウィリアム・シャトナー、復帰直後ではあるがカークの補佐として大きな役割を果たし好演するスポックのレナード・ニモイ、過去の地球で奮闘するクルー達、医師マッコイのデフォレスト・ケリー、機関士スコットのジェームズ・ドゥーアン、通信士ウフーラのニシェル・ニコルズ、パイロット、スールーのジョージ・タケイとチェコフのウォルター・ケーニッヒ、クジラの専門家キャサリン・ヒックス、宇宙艦隊司令部提督ブロック・ピーターズ、サレク大使マーク・レナード、その妻アマンダのジェーン・ワイアット、議長ロバート・エレンシュタイン、士官サーヴィック大尉のロビン・カーティスなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up