4240 Movies

スター・トレック3 ミスター・スポックを探せ! Star Trek III: The Search for Spock (1984)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

SFテレビ・ドラマ「スタートレック」を基に製作された映画化シリーズ第3作。
USSエンタープライズの艦長カークが、亡くなったはずのスポックの再生を新星ジェネシスで確認し、クルー達と共に彼を救い出そうとする姿を描くSFドラマ。
監督レナード・ニモイ、主演ウィリアム・シャトナーレナード・ニモイデフォレスト・ケリークリストファー・ロイド他共演。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:レナード・ニモイ
製作:ハーヴ・ベネット
製作総指揮:ゲイリー・ナーディノ
原作:ジーン・ロッデンベリースター・トレック
脚本:ハーヴ・ベネット

撮影:チャールズ・コレル
編集:ロバート・F・シュグリュー
音楽:ジェームズ・ホーナー

出演
ジェームズ・T・カーク:ウィリアム・シャトナー

スポック:レナード・ニモイ
レナード・マッコイ:デフォレスト・ケリー
モンゴメリー・スコット:ジェームズ・ドゥーアン
ウフーラ:ニシェル・ニコルズ
ヒカル・スールー:ジョージ・タケイ
パヴェル・チェコフ:ウォルター・ケーニッヒ
デヴィッド・マーカス博士:メリット・バトリック
サーヴィック大尉:ロビン・カーティス
クルーグ艦長:クリストファー・ロイド
サレク大使:マーク・レナード
司祭:ジュディス・アンダーソン
士官:ミゲル・フェラー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1984年製作 105分
公開
北米:1984年6月1日
日本:1984年6月9日
製作費 $17,000,000
北米興行収入 $76,471,050
世界 $87,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
惑星連邦・宇宙艦隊”U.S.S.エンタープライズ NCC-1701”の艦長ジェームズ・T・カーク(ウィリアム・シャトナー)は、カーンとの戦いで、最高の友であるスポックを失い失意の日々を送っていた。

エンタープライズの修復もほぼ終了し、地球に向かうカークだったが、部下のモンゴメリー・スコット(ジェームズ・ドゥーアン)、ウフーラ(ニシェル・ニコルズ)ヒカル・スールー(ジョージ・タケイ)、パヴェル・チェコフ(ウォルター・ケーニッヒ)らとは平静を装い接するものの、心の痛手は大きかった。

クリンゴン帝国戦艦のクルーグ艦長(クリストファー・ロイド)は、カークの情報を入手して宇宙連邦の中立地帯に向かう。

地球軌道上のドックに到着したカークは、スポックの部屋からエネルギーが発せられているという報告をチェコフから受ける。

それを調べたカークは、自分を、置き去りにしたジェネシスから連れ戻してほしいという声を聞く。

その場には医師レナード・マッコイ(デフォレスト・ケリー)がいたのだが、カークは、彼の意味不明な言動に戸惑う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「スター・トレック」(1979)
・「スタートレックII カーンの逆襲」(1982)
・「スタートレックIII ミスター・スポックを探せ!」(1984)
・「スタートレックIV 故郷への長い道」(1986)
・「スタートレックV 新たなる未知へ」(1989)
・「スタートレックVI 未知の世界」(1991)

・「スタートレックVII ジェネレーションズ」(1994)
・「スタートレックVIII ファーストコンタクト」(1996)
・「スタートレックIX 叛乱」(1998)
・「スター・トレックX ネメシス」(2002)

・「スター・トレック」(2009)
・「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(2013)
・「スター・トレック BEYOND」(2016)

*(簡略ストー リー)

惑星連邦・宇宙艦隊”U.S.S.エンタープライズの艦長ジェームズ・T・カークは、カーンとの戦いで友スポックを亡くし失意の日々を送る。
地球に戻ったカークは、医師マッコイにスポックの意識が移されていることを知り、それを戻すため、彼の父サレク大使に、二人をバルカンに連れて来るよう言われる。
カークは、クルーの協力を得て拘束されていたマッコイを救い出し、出航許可が出ない艦寸前のエンタープライズを奪いジェネシスに向かう。
しかし、”ジェネシス計画”を知ったクリンゴン人のクリーグが、その情報を手に入れるためにカークらを待ち伏せる・・・。
__________

カーク以下クルーとエンタープライズを救い絶命したスポックは、ポッド(棺)で新星”ジェネシス”に不時着していたという、前作の物語を継承して、スポック役のレナード・ニモイが監督を務めているため、クライマックスまで彼は登場しない。

主人公のカークと並ぶ、圧倒的な存在であるキャラクター”スポック”を、言葉の中、以外では終盤まで登場させないという画期的な内容が興味深い。

観客の頭の中には常に”スポック”の存在があり、必ず現れるはずの”レナード・ニモイ”の登場を、期待しながら物語にのめり込むという、ファンの心理をついた見事な演出で展開する。

逆に、スポック不在が不満であったファンも多いのだが、面白いアイデアだったことには違いない。

北米興行収入は1、2作とそれほど変わらなかったが、相変わらずファン以外には不評で、全世界では前作を下回る結果に終わってしまった。

北米興行収入 $76,471,046
世界 $87,000,000

友スポック(レナード・ニモイ)を失い失意の日々の主人公、彼を取り戻すため執念で戦いに挑むカーク提督を演ずるウィリアム・シャトナー、スポックに意識を移されていた医師マッコイのデフォレスト・ケリー、機関士スコット、ジェームズ・ドゥーアン、通信士ウフーラのニシェル・ニコルズ、パイロット、スールーのジョージ・タケイとチェコフのウォルター・ケーニッヒ、カークの息子で科学者のメリット・バトリック、彼と行動を共にする士官のロビン・カーティス、クリンゴン艦艦長役を怪演するクリストファー・ロイド、サレク大使マーク・レナード、バルカンの司祭、名女優ジュディス・アンダーソン、艦隊士官のミゲル・フェラーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020