4234 Movies

スター・トレック Star Trek: The Motion Picture (1979)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ジーン・ロッデンベリー原案により、1966年からNBCで放映された、絶大な人気を誇るSFドラマ「スタートレック」を基に製作された待望の映画化作品。
謎の物体の地球接近を阻止する使命を受けた、惑星連邦・宇宙艦隊USSエンタープライズのクルーの活躍を描くSFドラマ。

監督ロバート・ワイズ、主演ウィリアム・シャトナーレナード・ニモイデフォレスト・ケリー他共演。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:ロバート・ワイズ
製作:ジーン・ロッデンベリー
原作:ジーン・ロッデンベリースター・トレック
原案:アラン・ディーン・フォスター

脚本:ハロルド・リヴィングストン
撮影:リチャード・H・クライン
編集:トッド・C・ラムゼイ
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

出演
ジェームズ・T・カーク:ウィリアム・シャトナー

スポック:レナード・ニモイ
レナード・マッコイ:デフォレスト・ケリー
モンゴメリー・スコット:ジェームズ・ドゥーアン
ウフーラ:ニシェル・ニコルズ
ヒカル・スールー:ジョージ・タケイ
パヴェル・チェコフ:ウォルター・ケーニッヒ
アイリア:パーシス・カンバッタ
ウィラード・デッカー:スティーブン・コリンズ
クリスティン・チャペル:メイジェル・バレット
ジャニス・ランド:グレース・リー・ホイットニー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1979年製作 132分
公開
北米:1979年12月7日
日本:1980年7月12日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $82,258,460
世界 $139,000,000


アカデミー賞 ■
第52回アカデミー賞
・ノミネート
美術・視覚効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2273年。
偵察中のクリンゴン帝国戦艦3隻が、雲状の物体に襲われて姿を消す。

元宇宙艦隊科学士官でバルカン人のスポック(レナード・ニモイ)は、感情を排除する“コリナー”を習得しようとしていたが、宇宙から発信される声を感じ取る。

サンフランシスコ、惑星連邦・宇宙艦隊司令部。
”U.S.S.エンタープライズ NCC-1701”の元艦長ジェームズ・T・カーク提督(ウィリアム・シャトナー)は、再び同艦に乗船することになり、宇宙ステーションに転送される。

エンタープライズ機関士モンゴメリー・スコット(ジェームズ・ドゥーアン)に迎えられたカークは、正体不明の物体の接近を伝える。

12時間後の出発が不可能だと指摘するスコットの意見を遮ったカークは、ドックで修復中のエンタープライズに向かう。

乗船後ブリッジに向かったカークは、元部下である通信士ウフーラ(ニシェル・ニコルズ)、パイロットのヒカル・スールー(ジョージ・タケイ)とパヴェル・チェコフ(ウォルター・ケーニッヒ)らと再会する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「スター・トレック」(1979)
・「スタートレックII カーンの逆襲」(1982)
・「スタートレックIII ミスター・スポックを探せ!」(1984)
・「スタートレックIV 故郷への長い道」(1986)
・「スタートレックV 新たなる未知へ」(1989)
・「スタートレックVI 未知の世界」(1991)

・「スタートレックVII ジェネレーションズ」(1994)
・「スタートレックVIII ファーストコンタクト」(1996)
・「スタートレックIX 叛乱」(1998)
・「スター・トレックX ネメシス」(2002)

・「スター・トレック」(2009)
・「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(2013)
・「スター・トレック BEYOND」(2016)

*(簡略ストー リー)
2273年。
雲状の巨大な物体が地球に迫り、それを阻止する命令を受けた惑星連邦・宇宙艦隊提督ジェームズ・T・カークはUSSエンタープライズに戻る。
カークは2年ぶりに元部下と再会し、艦長デッカーから指揮権を受け継いで、それを不満に思う彼を副長にしてエンタープライズを発進させる。
医師マッコイ、デッカーと深い関係にあるデルタ人ナビゲーター、アイリアを加え、カークは謎の物体に接近する。
途中、科学主任にバルカン人のスポックを迎えたカークは、巨大エネルギー源から発せられる知能を感じていることを彼から知らされる。
その後、物体から送り込まれた探査機の電磁波によりアイリアが姿を消す。
アイリアの姿をした探査機が戻り、全てを制御する”ヴィジャー”が、その創造者を探すため地球に向かっているという目的をカークらは知らされるのだが・・・。
__________

トレッキー”ならずとも、世界中のファンが待ち望んだ人気テレビ・ドラマの映画化ということで、公開当時は大変な話題になった作品。

スター・ウォーズ」(1977)公開から間もない時期ということもあり、SF映画ブームに乗った企画ではあったが、戦いに重点を置くドラマではなく、”過去”の人類の知能と進化した宇宙の繋がりを、ロバート・ワイズらしい深い内容で描く物語となっている。

難しいことはともかく、ファンとしては、お馴染みのメンバーがスクリーン上に登場してくれるだけで涙ものであり、最先端の特撮技術などを含めた見どころの多い作品となっている。

しかし、公開当時、”トレッキー”以外にはそれほど受けた作品でなかったのも確かで、評価も意外に高くない。

北米興行収入は8200万ドルで、全世界では1億3900万ドルと、当時としては期待に応えたヒットとなった。

第52回アカデミー賞では、美術・視覚効果賞にノミネートされた。

2年間のブランクがあるということで、提督でありながらミスを犯しそうになる、そんなところなどがまたいいカーク艦長を好演するウィリアム・シャトナー、圧倒的存在感で画面を支配する人気キャラクターのスポック役レナード・ニモイ、医師マッコイ役のデフォレスト・ケリー、機関士スコットのジェームズ・ドゥーアン、通信士ウフーラのニシェル・ニコルズ、パイロットのスールー、ジョージ・タケイとチェコフのウォルター・ケーニッヒ、デルタ人ナビゲーターであるパーシス・カンバッタ、副長スティーブン・コリンズ、チャペル医師役のメイジェル・バレット、士官ランドのグレース・リー・ホイットニーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020