4315 Movies

張り込み Stakeout (1987)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

脱獄囚の恋人を見張る刑事達が巻き起こす騒動を描く、製作総指揮、監督ジョン・バダム、主演リチャード・ドレイファスエミリオ・エステベスエイダン・クインマデリーン・ストウフォレスト・ウィテカー他共演の犯罪コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ジョン・バダム

製作
キャサリン・サマーズ
製作総指揮:ジョン・バダム
脚本:ジム・カウフ
撮影:ジョン・シール
編集
トム・ロルフ
マイケル・リップス
音楽:アーサー・B・ルービンスタイン

出演
クリス・リーシー刑事:リチャード・ドレイファス
ビル・ライマーズ刑事:エミリオ・エステベス
リチャード”スティック”モンゴメリー:エイダン・クイン
マリア・マグワイア:マデリーン・ストウ
ジャック・ピスモ刑事:フォレスト・ウィテカー
フィル・コールドシャンク刑事:ダン・ラウリア
ケイラー・リース:イアン・トレイシー
ギレス警部:アール・ビリングス
ラスク捜査官:ジャクソン・デイヴィース
キャロル・ライマーズ:ベアトリス・ボープル
ビリー・スティークス:キム・コンドラソフ
レイナルド・マグワイア:スコット・アンダーソン

アメリカ 映画
配給 ブエナビスタ
1987年製作 117分
公開
北米:1987年8月5日
日本:1988年4月23日
北米興行収入 $65,673,230


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ストーンハースト刑務所。
服役中の凶悪犯リチャード”スティック”モンゴメリー(エイダン・クイン)は、同じ房の囚人と喧嘩をして騒ぎを起こし、わき腹を刺されたために医務室に連れて行かれる。

スティックは、医療品トラックのドライバーに扮したスティックのいとこケイラー・リース(イアン・トレイシー)と共に、警官と医師を叩きのめす。

ロープで建物から下りるスティックは、ケイラーが運転するトラックの上に落下し、車体の下にもぐり込む。

ゲートでチェックを受けたケイラーは、問題なく通行を許可される。

警報を鳴らそうとした医師は、力尽きて意識を失う。

シアトル
翌朝、市警のクリス・リーシー刑事(リチャード・ドレイファス)と相棒のビル・ライマーズ刑事(エミリオ・エステベス)は、港の魚加工工場である男を監視していた。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「張り込み」(1987)
・「張り込みプラス」(1993)

*(簡略ストー リー)
シアトル
市警のクリス・リーシー刑事と相棒のビルは、FBIが捜査する囚スティックの元恋人マリアの家を、同僚のジャックとフィルと共に命じられる。
ところが、美しいマリアに一目惚れしてしまったクリスは、仕事のことよりも彼女が気になり始める。
盗聴器を仕掛けるために電話会社の工事人に扮したクリスは、マリアの家に入れてもらい、ついでにスティックについての情報を仕入れる。
そんなクリスはマリアと親しくなってしまい、ビルの制止も聞かずに身勝手な行動を始めてしまう・・・。
_______

あらゆる分野の作品を手掛けるジョン・バダムが、製作総指揮を兼ねた意欲作であり、実力派のリチャード・ドレイファスと新鋭のエミリオ・エステベス他、豪華競演も注目の作品。

笑いのツボを押さえたジョン・バダムのテンポの良い演出、タフガイ風ではないが、人間味のある刑事を軽妙に演ずるリチャード・ドレイファスの好演などもあり、批評家に絶賛された作品で、北米興行収入は約6600万ドルのヒットとなり、1993年に続編「張り込みプラス」が公開された。

張り込み現場で起きるロマンスと騒動は正にドタバタ喜劇であり、そこに近づく脱獄囚の行動はサスペンス・タッチで描かれ、更に程よいアクションも加わるという、娯楽の要素満載の快作に仕上がっている。

随所で流れる当時を思い起こさせる数々のヒット曲が、実に心地よい気分にさせてくれる。

グッバイガール」(1977)でアカデミー主演賞を史上最年少で受賞した後にやや低迷していたリチャード・ドレイファスが復活した作品でもあり、個性を生かし愛すべき主人公を熱演している。

主人公の”暴走”に手を焼く相棒のエミリオ・エステベス、凶悪犯である脱獄囚のエイダン・クイン、彼の元恋人で主人公と愛し合う仲になってしまうマデリーン・ストウ、主人公らと共に交替で張り込みをする刑事フォレスト・ウィテカー、その相棒のダン・ラウリア、凶悪犯の脱獄に手を貸すいとこのイアン・トレイシー、主人公の上司である分署長のアール・ビリングス、捜査を指揮するFBI捜査官のジャクソン・デイヴィース、ビル(エミリオ・エステベス)の妻ベアトリス・ボープル、ヒロインの友人の夫キム・コンドラソフ、ヒロインの弟スコット・アンダーソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020