4315 Movies

張り込みプラス Another Stakeout (1993)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1987年に公開されたヒット作「張り込み」の続編。
姿を消した組織犯罪の目撃者である証人を捜すために張り込みをする二人の刑事が巻き起こす騒動を描く、製作総指揮、監督ジョン・バダム、主演リチャード・ドレイファスエミリオ・エステベスロージー・オドネルデニス・ファリーナキャシー・モリアーティミゲル・フェラーマデリーン・ストウ他共演の犯罪コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ジョン・バダム

製作
ジム・カウフ
キャサリン・サマーズ
リン・ビグロー
製作総指揮:ジョン・バダム
脚本:ジム・カウフ
撮影:ロイ・H・ワグナー
編集:フランク・モリス
音楽:アーサー・B・ルービンスタイン

出演
クリス・リーシー刑事:リチャード・ドレイファス
ビル・ライマーズ刑事:エミリオ・エステベス
ジーナ・ギャレット:ロージー・オドネル
ブライアン・オハラ:デニス・ファリーナ
パム・オハラ:マーシャ・ストラスマン
ルーラ”ルー”デラノ:キャシー・モリアーティ
トーマス・ハスリック:ジョン・ルービンスタイン
トニー・カステラーノ:ミゲル・フェラー
マリア・マグワイア:マデリーン・ストウ
バーバラ・バーンサイド:シャロン・モーン
ガエタノ:サミー・ジャクソン
マクナマラ:クリストファー・ドイル
フィル・コールドシャンク警部:ダン・ラウリア
レイナルド・マグワイア:スコット・アンダーソン
フェリーの船長:ジョン・バダム

アメリカ 映画
配給 ブエナビスタ
1993年製作 105分
公開
北米:1993年7月23日
日本:1994年2月19日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $20,208,500


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ラスベガス
殺し屋トニー・カステラーノ(ミゲル・フェラー)は、連絡を受けてターゲットの元に向かう。

組織犯罪の目撃証人であるルーラ”ルー”デラノ(キャシー・モリアーティ)は、郊外の家で警察の監視下に置かれていた。

汚染浄化サービスのタンク車が来たことを外で監視する同僚から知らされた警官のマクナマラ(クリストファー・ドイル)は、今日が作業日だと知り問題ないことを確認する。

作業員に扮したトニーはルーがいる家を監視し、ピザの配達が来たことを知ったマクナマラは不審に思い、同僚のタイマンと共に緊急事態発生を伝える。

マクナマラらがピザの配達員を調べている間に、トニーは配達員の車に乗りタンク車を置いて走り去る。

タンク車が浄化槽に何かを注入していることを知ったマクナマラらは、ルーを逃がそうとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「張り込み」(1987)
・「張り込みプラス」(1993)

*(簡略ストー リー)
シアトル
市警のクリス・リーシー刑事と相棒のビルは、組織犯罪の目撃者である証人のルーが姿を消したために、検事補のジーナと共に捜査を命ぜられる。
ルーが連絡したオハラ夫妻がいるベインブリッジ・アイランドの別荘を監視することになったクリスとビルは親子に、ジーナがクリスの再婚相手に扮して現地に向かう。
その頃、裁判で証言されては困る組織は、手を組んでいた検事のハスリックから情報を入手し、殺し屋トニーにルーの抹殺を指示する。
オハラ夫妻と親交を深めるクリスらは、ルーが現れるのを待つのだが・・・。
__________

製作総指揮を兼ねたジョン・バダムの軽快な演出と、リチャード・ドレイファスの熱演などが話題になりヒットした「張り込み」(1987)の続編。

6年ぶりの続編ということもあり、恋人と破局寸前の主人公の苦悩を絡めた内容であり、進行的には前作と同じようなシーンが繰り返される。

新キャラクターである検事補役のロージー・オドネルの活躍も重視した展開で進むものの、前作に比べていまいちパンチに欠ける演出が気になる。

そのため、期待された興行成績は不振で、北米興行収入は前作の1/3以下という結果になってしまった。
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $20,208,500

出て行った恋人とのことで悩みながら任務を遂行するリチャード・ドレイファス、その相棒で、前作とは、主人公と立場を逆転させているような行動をしながら活躍するエミリオ・エステベス、二人に協力を要請する検事補役を愉快に演ずるロージー・オドネル、彼女らに監視される夫妻デニス・ファリーナマーシャ・ストラスマン、二人の友人である証人のキャシー・モリアーティ、彼女を捜す組織と組んでいた検事ジョン・ルービンスタイン、組織に雇われる殺し屋ミゲル・フェラー、主人公の隣の別荘の住人シャロン・モーン、組織のボス、サミー・ジャクソン、証人を護衛する警官のクリストファー・ドイル、前作も登場し分署長に昇進している警部のダン・ラウリア、クレジットなしということなので端役出演かと思いきや、ほぼ全編で登場する前作のヒロイン、マデリーン・ストウ、その弟スコット・アンダーソン、そしてジョン・バダムがフェリーの船長役で出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020