4219 Movies

お熱いのがお好き Some Like It Hot (1959)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

ギャングに命を狙われたバンドマンの、魅力的なバンド歌手を巻き込んだ騒動を描く、製作、監督ビリー・ワイルダー、彼と盟友I・A・L・ダイアモンドとの共同脚色、主演マリリン・モンロートニー・カーティスジャック・レモンジョージ・ラフト他共演によるコメディの傑作。


コメディ

マリリン・モンロー / Marilyn Monro / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ビリー・ワイルダー
製作:ビリー・ワイルダー
原案
ロバート・ソーレン

マイケル・ローガン
脚本
ビリー・ワイルダー

I・A・L・ダイアモンド
撮影:チャールズ・ラング
編集:アーサー・P・シュミット
美術・装置
テッド・ハワース

エドワード・G・ボイル
衣装デザイン:オリー=ケリー
音楽:アドルフ・ドイチェ

出演
マリリン・モンロー:シュガー/ケイン・コワルチッェク
トニー・カーティス:ジョー/ジョセフィーン/ジュニア
ジャック・レモン:ジェリー/ジェラルディン/ダフニ
ジョージ・ラフト:スパッツ・コロンボ
ジョー・E・ブラウン:オズグッド・フィールディング3世
ネヘマイア・パーソフ:リトル・ボナパルト
ジョーン・ショウリー:スウィート・スー
パット・オブライエン:マリガン刑事
マイク・マズルキ:スパッツの手下
ハリー・ウィルソン:スパッツの手下
ジョージ・E・ストーン:”トゥースピック”チャーリー
デイヴ・バリー:ビーンストック

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1959年製作 120分
公開
北米:1959年3月29日
日本:1959年4月14日
製作費 $2,883,848
北米興行収入 $25,000,000


アカデミー賞 ■
第32回アカデミー賞
・受賞
衣装デザイン賞(白黒)
・ノミネート
監督
主演男優(ジャック・レモン)
脚色・撮影(白黒)・美術賞(白黒)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1929年2月、シカゴ、禁酒法の時代。
ギャングのボス、スパッツ・コロンボ(ジョージ・ラフト)の、葬儀社を装った闇酒場が、マリガン刑事(パット・オブライエン)ら警察の手入れに遭う。

バンドマンのサックス奏者ジョー(トニー・カーティス)とベースのジェリー(ジャック・レモン)は、何とかその場を逃れるものの職を失ってしまう。

吹雪の中、仕事を探したジョーとジェリーは、運良くマイアミ巡業のバンドに雇われる。

それが女性バンドだと知った二人だったが、変装してでも仕事にありつこうともする。

その前に、大学のパーティーの仕事をもらった二人は、エージェントの秘書の車を借りにガレージに向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

ロバート・ソーレンとマイケル・ローガンの原案を基に、ビリー・ワイルダーと盟友のI・A・L・ダイアモンドが脚色して製作された作品。

*(簡略ストー リー)
ひょんなことから、ギャングに追われる羽目になったバンドマンのジョーとジェリーのコンビが、身を隠すために、女装して女性バンドに加わる。
ジョーは、バンドのボーカルのシュガーに惹かれ、何とか彼女をものにしたい気持が高まる。
そのためジョーは、大富豪オズグッドに見初められた相棒ジェリーを巻き込み、恋の駆け引きを展開する。
そこに、運悪く、自分達を追うギャングのスパッツらが現れる・・・。
__________

主人公の二人が、たまたま目撃する、”聖バレンタインデーの虐殺”を題材にしているところなども興味深い。
北米興行収入は約2500万ドルという、当時としては驚異的な大ヒットとなった作品でもある。

軽快でテンポの良い、アドルフ・ドイチェの音楽も実に楽しい。

1989年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

第32回アカデミー賞では、1920年代を見事に再現した、オリー=ケリーが衣装デザイン賞(白黒)を獲得した。
・ノミネート
監督、
主演男優(ジャック・レモン)
脚色、撮影(白黒)、美術賞(白黒)

男性を含めた、他の誰とも違う、愛らしく独特の雰囲気を放つマリリン・モンローの魅力は秀逸だ。

マリリンの魅力

実はこの頃、既にモンローの精神状態はかなり不安定であり、撮影に来なかったり遅れたりで、スタッフを困らせていた。
監督ビリー・ワイルダーは、”マリリンとは二度と仕事をしたくない”と語ったというが、前作「七年目の浮気」1955)でも彼は同じ発言をしている。

しかし、1955年3月、マリリンアクターズスタジオで演技を磨き「バス停留所」(1956)でその演技力を高く評価されて、リー・ストラスバーグ(アクターズスタジオ共同創設者)曰く、”最高の女優”と絶賛されていたのも事実だ。

いつもの落ち着きのない仕草と、抜群の演技力で大いに笑わせてくれるジャック・レモンと、ずる賢い色男が正にハマっているトニー・カーティスの、駆け引きとユーモアセンスは抜群だ。

ギャングから逃れるため、女装してバンドに忍び込んだJ・レモンT・カーティスの厚化粧が、あまりにグロテスクなために、モノクロ撮影をしたという裏話もある。

その主演陣に加え、大富豪ジョー・E・ブラウンジョージ・ラフトら、脇を固める芸達者な共演者達も貫禄の職人芸を見せる。

ギャングの組織を牛耳るネヘマイア・パーソフワイルダー作品の常連であるバンドリーダーのジョーン・ショウリー、スパッツ(G・ラフト)を追う刑事パット・オブライエン、スパッツの手下で、いかにも悪党面のマイク・マズルキハリー・ウィルソン、スパッツに虐殺されるジョージ・E・ストーン、バンド・マネージャー役のデイヴ・バリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020