4213 Movies

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb (1964)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

正気を失った司令官の行動で核戦争の危機が迫り、アメリカ大統領他がその非常事態に対処する姿を描く、製作、監督、脚本スタンリー・キューブリック、主演ピーター・セラーズジョージ・C・スコットスターリング・ヘイドンジェームズ・アール・ジョーンズ他共演のSFコメディ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督:スタンリー・キューブリック
製作:スタンリー・キューブリック
原作:ピーター・ジョージ
脚本
スタンリー・キューブリック
ピーター・ジョージ
テリー・サザーン
撮影:ギルバート・テイラー
編集:アンソニー・ハーヴェイ
音楽:ローリー・ジョンソン

出演
ストレンジラヴ博士:ピーター・セラーズ
ライオネル・マンドレイク大佐:ピーター・セラーズ
マーキン・マフリー大統領:ピーター・セラーズ
バック・タージドソン大将:ジョージ・C・スコット
ジャック・D・リッパー准将:スターリング・ヘイドン
T・J”キング”コング少佐:スリム・ピケンズ
”バット”グアノ大佐:キーナン・ウィン
アレクセイ・デサデスキー大使:ピーター・ブル
ロザー・ゾッグ中尉:ジェームズ・アール・ジョーンズ
スコット:トレイシー・リード

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1964年製作 90分
公開
北米:1964年1月29日
日本:1964年10月6日
製作費 $1,800,000
北米興行収入 $9,440,270


アカデミー賞 ■
第37回アカデミー賞
・ノミネート
作品・監督
主演男優(ピーター・セラーズ)
脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
冷戦下。
西側諸国では、ソ連が密かに”最終兵器”を開発しているという情報が流れる。

アメリカ空軍、バーペルスン基地。
交換士官であるイギリス空軍のライオネル・マンドレイク大佐(ピーター・セラーズ)は、上官ジャック・D・リッパー准将(スターリング・ヘイドン)から、戦争が始まり、基地を封鎖することを告げられ”R作戦”の命令が下る。

空軍は核攻撃に備え、50メガトンの核爆弾を搭載した、戦略航空軍団(SAC)の”B-52”の編隊を、24時間体制で飛行させて、ソ連領域の警戒を強化していた。

SAC”843飛行隊編隊長のT・J”キング”コング少佐(スリム・ピケンズ)は”R作戦”の指令を受けるものの、部下からの報告を信じることができない。

自分の目でそれを確認したコングは、それを基地に再度確認するよう命ずる。

コングは、爆撃手のロザー・ゾッグ中尉(ジェームズ・アール・ジョーンズ)の、訓練ではないかという問いかけに、既に首都が攻撃されたために出された命令だと答える。

基地との確認が取れたコングは、ソ連との核戦争を前に覚悟を決め、部下達に英雄になるための演説をする。

バック・タージドソン大将(ジョージ・C・スコット)は、秘書スコット(トレイシー・リード)とのお楽しみを邪魔され、”R作戦”発令の報告を受ける。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

1958年に発表された、ピーター・ジョージの小説”Red Alert”(Two Hours to Doom)を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
戦略アメリカ空軍基地の司令官リッパー准将は、”R作戦”発令と共に基地を完全封鎖することを、交換士官であるイギリス空軍のライオネル・マンドレイク大佐に命ずる。50メガトンの核爆弾を搭載した戦略航空軍団の”B-52”の編隊長コング少佐は、”R作戦”の発令を受け、ソ連への核攻撃の準備を整え、目標地点に向かう。
アメリカ大統領マーキン・マフリーは、その報告をタージドソン大将から受ける。
大統領は、自分しか発令できないはずの核攻撃に至った経緯と、爆撃機に命令撤回するための、暗号連絡ができるリッパーが基地を封鎖していることを知らされる。
直ちに部隊を派遣し、リッパーから連絡を受けようとする大統領は、国家秘密会議の席上にソ連大使を呼び寄せる。
タージドソンはそれに納得せず意見するのだが、大統領はソ連首相から、核攻撃に対する”最終兵器”が作動することを知らされて動揺する。
大統領は、兵器開発局長のストレンジラヴ博士に意見を求め、”最終兵器”の存在を確認する。
一方、コングの機は、ソ連のミサイル攻撃で機体を損傷し、完全に無線連絡を絶たれながら、目的地に近づき、核爆弾投下の準備を始める・・・。

__________

原作自体はシリアスな内容なのだが、製作、脚本も兼ねるスタンリー・キューブリックは、企画段階でその内容に疑問を感じ、強烈な皮肉を込めたブラック・コメディとして仕上げられることになった。

究極の人類滅亡の危機を題材に、当時の世情を考えると、とてつもないインパクトを与えた傑作にして、シニカル・コメディの決定版。

1989年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

第37回アカデミー賞では、作品、監督、主演男優(ピーター・セラーズ)、脚色賞にノミネートされた。

恐ろしい核攻撃の、緊迫感溢れる描写の素晴らしさもさることながら、それを含めた全ての場面がコミカルに描かれているところが注目だ。

大統領、軍人、科学者、三役を怪演するピーター・セラーズだが、実は戦略航空軍団の編隊長コング役も演ずる予定があった。

ピーター・セラーズの変幻自在な演技は大いに楽しめるが、個人的には、狂人のように愛国精神を全面に出し熱演するジョージ・C・スコットの演技を高く評価する。

正気をなくし、共産主義者の陰謀を恐れ、核攻撃を発令してしまう将軍スターリング・ヘイドン戦略航空軍団の編隊長として核攻撃指令を遂行するスリム・ピケンズ、基地を占拠する大佐キーナン・ウィンソ連大使ピーター・ブル、爆撃手ジェームズ・アール・ジョーンズ、タージドソン(G・C・スコット)の秘書兼愛人トレイシー・リードなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020