4373 Movies

スノーピアサー Snowpiercer (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1982年に発表された、ジャック・ロブバンジャマン・ルグランジャン=マルク・ロシェットのグラフィック・ノベル”Le Transperceneige”を基に製作された作品。
温暖化対策の失敗により氷河期となった地球で、唯一の生存空間である永久機関列車”スノーピアサー”内で起きる支配階級に対する貧困層の反乱を描く、原案、監督、脚本ポン・ジュノ、主演クリス・エヴァンスソン・ガンホジェイミー・ベルジョン・ハートティルダ・スウィントンオクタヴィア・スペンサーエド・ハリス他共演のSFスリラー。


SF


スタッフ キャスト
監督:ポン・ジュノ

製作
パク・チャヌク
イ・テホン
スティーヴン・ナム
チョン・テソン
原作
Le Transperceneige
ジャック・ロブ
バンジャマン・ルグラン
ジャン=マルク・ロシェット
原案:ポン・ジュノ
脚本
ポン・ジュノ
ケリー・マスターソン
撮影:ホン・キュンピョ
編集
スティーブ・M・チェ
キム・チャンジュ
音楽:マルコ・ベルトラミ

出演
カーティス・エヴェレット:クリス・エヴァンス
ナムグン・ミンス:ソン・ガンホ
エドガー:ジェイミー・ベル
ギリアム:ジョン・ハート
メイソン:ティルダ・スウィントン
ターニャ:オクタヴィア・スペンサー
ウィルフォード:エド・ハリス
ヨナ:コ・アソン
アンドリュー:ユエン・ブレムナー
グレイ:ルーク・パスカリーノ
教師:アリソン・ピル
フユ:スティーヴン・パーク
年上のフランコ:ヴラド・イヴァノフ
若いフランコ:アドナン・ハスコヴィッチ
画家:クラーク・ミドルトン
クロード:エマ・リヴィー
エッグ・ヘッド:トーマス・レマルキス
ポール:ポール・レイザー

韓国/アメリカ 映画
配給 CJ Entertainment
ワインスタイン・カンパニー
2013年製作 126分
公開
北米:2014年6月27日
日本:2014年2月7日
製作費 $39,200,000
北米興行収入 $4,563,700
世界 $86,758,910


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
2014年7月1日。
地球温暖化が進み、79か国による協議の結果、大気圏上層部に、開発が続けられていた人工冷却物質”CW-7”が散布されることが決定する。

”CW-7”は散布されるが、予想をはるかに上回る低温化により、地球は氷河期へと突入してしまう。

生物は死滅し、永久機関により走り続ける巨大なパワーを誇る列車”スノーピアサー”に乗車した者だけが生き残った。

17年後、2031年。
列車内は、前方車両に住む富裕層が全てを支配し、最後尾の貧困層は、満足な食料と生活環境も与えられない虐げられた扱いを受けていた。

貧困階級のカーティス・エヴェレット(クリス・エヴァンス)は、過酷な日々から抜け出すために、エドガー(ジェイミー・ベル)と共に反乱を起こすチャンスを窺っていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
2014年、温暖化対策の失敗により、地球は氷河期となってしまう。
2031年、唯一の生存空間である永久機関列車”スノーピアサー”は、世界各地を走り続ける。
列車内は前方車両の富裕層が支配し、最後尾の貧困層の生活は虐げられていた。
貧困層のカーティス・エヴェレットは、長老である指導者ギリアムに反乱を計画を話して実行し、先頭車両を目指そうとする。
セキュリティ・システムをプログラムしたナムグンを救い出したカーティスらは、何か所もある扉を彼に開けさせて前進しようとするのだが・・・。
__________

原作”Le Transperceneige”が気に入った韓国人映画監督のポン・ジュノが、原案、監督、脚本を担当した意欲作であり、ハリウッドフランス資本で製作され、人気スターのクリス・エヴァンス他、ベテランの実力派など豪華競演も話題になった作品。

トップ・スターの出演や作品のスケールの割には、製作費は3900万ドルに抑えられている。

物語自体はそれほど興味深い内容ではなく、SFなので大袈裟に考えることもないが、やや荒唐無稽な話でもある。

しかし、穴倉のような貧困層の居住空間から脱出した者達の、人間の尊厳を求める逞しく勇ましい戦いは見応え十分。
先頭車両に向かうにしたがって生活環境が変わる、階級制を実感させる描写もなかなか面白い。

批評家の評価はよかったのだが、北米では全国的な拡大公開はされずに、興行成績はわずか500万ドル弱に終わり、全世界では約8700万ドルとまずまず健闘した。

過去の傷を引きずりながら、反乱計画を実行するリーダーとなるクリス・エヴァンス、彼に協力す入るセキュリティのプロ、ソン・ガンホ、その娘コ・アソン、主人公を慕う青年ジェイミー・ベル、貧困層の指導者である長老のジョン・ハート、支配階級の総理を怪演するティルダ・スウィントン、息子を救うために逞しく戦う貧困層の女性オクタヴィア・スペンサー、終盤しか登場しない列車の支配者のエド・ハリス、息子を救い出そうとする貧困層のユエン・ブレムナー、指導者ギリアムの護衛である戦士のルーク・パスカリーノ、教師のアリソン・ピル、監視兵の指揮官スティーヴン・パーク、支配階級の殺し屋ヴラド・イヴァノフアドナン・ハスコヴィッチ、貧困層の画家クラーク・ミドルトン、支配者ウィルフォードの補佐エマ・リヴィー、エッグ・ヘッドのトーマス・レマルキス、プロテインブロックの製造を担当するポール・レイザーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021