4478 Movies

サイドウェイ Sideways (2004)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

離婚して落ち込む小説家志望のワイン通の教師と結婚を控えた売れない俳優のワイナリー巡りの旅を描く、監督、脚本アレクサンダー・ペイン、主演ポール・ジアマッティトーマス・ヘイデン・チャーチヴァージニア・マドセンサンドラ・オー他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:アレクサンダー・ペイン

製作:マイケル・ロンドン
原作:レックス・ピケットSideways
脚本
アレクサンダー・ペイン
ジム・テイラー
撮影:フェドン・パパマイケル
編集:ケヴィン・テント
音楽:ロルフ・ケント

出演
マイルス・レイモンド:ポール・ジアマッティ
ジャック・コール:トーマス・ヘイデン・チャーチ
マヤ・ランドール:ヴァージニア・マドセン
ステファニー:サンドラ・オー
フィリス・レイモンド:メアリールイーズ・バーク
ヴィクトリア:ジェシカ・ヘクト
ステファニーの母親:ステファニー・ファラシー
レスリー・ブロー:ピーター・デニス
キャミ:ミッシー・ドティ
キャミの夫:M・C・ゲイニー
クリスティーン・エルガニアン:アリシア・ライナー
マイク・エルガニアン:デューク・ムースキアン
ウォルト・ヘンドリックス医師:フィル・リーヴス

アメリカ 映画
配給 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
2004年製作 123分
公開
北米:2004年10月22日
日本:2005年3月5日
製作費 $16,000,000
北米興行収入 $71,502,300
世界 $109,706,930


アカデミー賞
第77回アカデミー賞

・受賞
脚色賞
・ノミネート
作品・監督
助演男優賞(トーマス・ヘイデン・チャーチ
助演女優賞(ヴァージニア・マドセン


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
”土曜日”

サンディエゴ
離婚のショックから立ち直れていない小説家志望の英語教師マイルス・レイモンド(ポール・ジアマッティ)は、親友で落ち目の俳優ジャック・コール(トーマス・ヘイデン・チャーチ)との約束に遅れそうになり焦る。

ロサンゼルス
ジャックの結婚相手クリスティーン・エルガニアン(アリシア・ライナー)の家に着いたマイルスは、彼女の父マイク(デューク・ムースキアン)などに挨拶する。

結婚を1週間後に控えたジャックと共に、ワイン通のマイルスは、ワイナリーを見て回るワイン・ツアーに出かけるのだが、ジャックは結婚を前に羽目を外すことしか考えていなかった。

遅れたことでジャックに責められたマイルスは、小説が出版されるとジャックが家族に言ったことで、予定でしかないために不満に思う。

オックスナード
母フィリス(メアリールイーズ・バーク)が翌日誕生日だったため、立ち寄ることにしたマイルスは、彼女に歓迎されて食事を楽しむ。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想
2004年に発表された、レックス・ピケットの小説”Sideways”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
サンディエゴ
離婚のショックから立ち直れていない小説家志望の英語教師マイルス・レイモンドは、結婚を控える親友である売れない俳優のジャックと共に旅に出る。
ワイン通のマイルスはワイナリー巡りを計画していたが、結婚を1週間後に控えたジャックは、羽目を外すことしか考えていなかった。
サンタバーバラ郡ブエルトンのモーテルに宿泊した二人は、レストランでウェイトレスのマヤを見かけて、ジャックは早速、彼女が気になる存在になる。
度々この地を訪れているマイルスはマヤを知っていたため、ジャックに誘うよう促される。
別れた妻ヴィクトリアに未練があるマイルスは、そんな気にはなれなかった。
翌日、二人はあるワイナリーを訪ね、ジャックは、その場で働くステファニーと意気投合する。
ステファニーがマヤと親しかったために4人で食事をすることになったマイルスだったが、ジャックとは違い積極的な行動に出る気になれない・・・。
__________

本作を含めアカデミー脚色賞を2度受賞し、3度の監督賞の他、作品賞に1度ノミネートされたアレクサンダー・ペインが、演出と脚本を兼ね、個性派スター、ポール・ジアマッティトーマス・ヘイデン・チャーチなどが共する注目作。

社会性のある人間関係を描くドラマを得意とするアレクサンダー・ペインが、ユーモアをまじえながらシニカルに描く彼らしい作品である。
離婚から立ち直れない主人公の心情をしみじみと描く、人間ドラマとしても実に味わい深い作品だ。

一般観客よりも批評家の評価は高く絶賛された作品で、第77回アカデミー賞では、アレクサンダー・ペインが盟友のジム・テイラーと共に脚色賞を受賞し、作品、監督、助演男優賞(トーマス・ヘイデン・チャーチ)、助演女優賞(ヴァージニア・マドセン)にノミネートされた。

また、第62回ゴールデングローブ賞では作品賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した。

個人的にはあまり詳しくないために理解できない部分もあるが、ワイン好きにはたまらない一作でなないだろうか。
その雰囲気を醸し出す役者の見事の演技や、美しいカリフォルニア各地のロケも素晴らしい。

キャリア最高とも言っていい演技を見せる主演のポール・ジアマッティは、実生活と同じように知性を感じさせながらも、積極的な人生を送れない悩み多き男性を好演している。

主人公の友人である売れない役者を、人間味溢れる演技で怪演するトーマス・ヘイデン・チャーチ、主人公の気持ちを理解するワイン愛好家のウェイトレス、ヴァージニア・マドセン、その友人で、当時のアレクサンダー・ペインの妻サンドラ・オー、主人公の母親メアリールイーズ・バーク、主人公の元妻ジェシカ・ヘクト、ステファニー(サンドラ・オー)の母親ステファニー・ファラシー、ジャック(トーマス・ヘイデン・チャーチ)が愛し合ってしまうウェイトレスのミッシー・ドティ、その夫M・C・ゲイニー、ジャックの婚約者アリシア・ライナー、その父親デューク・ムースキアンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021