4551 Movies

ウォーリアー Warrior (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

崩壊した家族の中で離れ離れになり成長した兄弟が、それぞれの目的で総合格闘技の世界でトップを目指し絆を取り戻すまでを描く、製作、監督、原案、脚本ギャヴィン・オコナー(出演も)、主演ジョエル・エドガートントム・ハーディニック・ノルティジェニファー・モリソンフランク・グリロ他共演のドラマ。


ドラマ(スポーツ)


スタッフ キャスト
監督:ギャヴィン・オコナー
製作
ギャヴィン・オコナー
グレゴリー・オコナー
製作総指揮
マイケル・パセオネック
リサ・エルジー
デヴィッド・ミムラン
ジョーダン・シュア
ジョン・J・ケリー
原案
ギャヴィン・オコナー
クリフ・ドーフマン
脚本
ギャヴィン・オコナー
アンソニー・タンバキス
クリフ・ドーフマン
撮影:マサノブ・タカヤナギ
編集
ジョン・ギルロイ
ショーン・アルバートソン
マット・チェシー
マット・チェッセ
音楽:マーク・アイシャム

出演
ブレンダン・コンロン:ジョエル・エドガートン
トーマス”トミー”リオーダン・コンロン:トム・ハーディ
パディ・コンロン:ニック・ノルティ
テス・コンロン:ジェニファー・モリソン
フランク・カンパーナ:フランク・グリロ
ジョー・ジト:ケヴィン・ダン
ダン・テイラー:ノア・エメリッヒ
スティーブン:デンゼル・ウィテカー
コルト・ボイド:マキシミリアーノ・ヘルナンデス
コーバ:カート・アングル
ピート”マッド・ドッグ”グリムズ:エリック・アップル
オーランド”ミッドナイト”リー:アンソニー・ジョンソン
マルコ・サントス:ホアン・カルネイロ
ピラー・フェルナンデス:ヴァネッサ・マルティネス
J・J・リリー:ギャヴィン・オコナー
本人:ブライアン・カレン
本人:サム・シェリダン

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート
2011年製作 140分
公開
北米:2011年9月9日
日本:未公開
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $13,657,120
世界 $23,057,120


アカデミー賞
第84回アカデミー賞

・ノミネート
助演男優賞(ニック・ノルティ


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ピッツバーグ
14年振りに実家に戻った海兵隊員のトーマス”トミー”リオーダン・コンロン(トム・ハーディ)は、帰宅した父親パディ(トム・ハーディ)に待っていたことを伝える。

アルコール依存症だったパディに酒を差し出したトミーだったが、それを受け取ってもらえずに、中で話そうと言われる。

禁酒を始めて1000日近いとパディに言われたトミーは、兄ブレンダン(ジョエル・エドガートン)は教師になり、テス(ジェニファー・モリソン)と結婚して子供も二人生まれたことを知らされる。

パディのアルコール依存症により家族は崩壊し、母親と共に家を出た辛い思い出と心の傷が癒えないことをトミーは語る。

妻の死とトミーの入隊を知っていたと言うパディは、貧しい生活の中で死んだ妻の話をされて、ただ謝罪するしかなかった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ピッツバーグ
海兵隊員のトーマス”トミー”リオーダン・コンロンは、ある目的のため、14年振りに父パディに会うために実家に戻る。
アルコール依存症だったパディのせいで家族は崩壊し、母と共に家を出ていたトミーは、優勝賞金500万ドルの大イベント、総合格闘技トーナメント”スパルタ”に出場するため、わだかまりのある父にトレーナーを頼む。
フィラデルフィア、自分と母を見捨てたとトミーに思われている兄のブレンダンは、教師となり妻のテスと二人の娘と共に平穏な日々を送っていた。
しかし、心臓病の娘の高額医療費のため生活は苦しく、ブレンダンは銀行から自己破産を提案される。
かつて”UFC”に所属していた格闘家だったブレンダンは、仕方なく稼ぐために戦い始めるのだが、学校にそれがバレてしまい停職処分になってしまう。
親友のフランクのジムを訪ねたブレンダンは、格闘家に復帰する決意を伝え、スパルタ出場を目指すのだが・・・。
__________

それぞれの目的のために、総合格闘技の世界で戦い続ける兄弟と父親の関係を描く、製作、監督、原案、脚本を兼ねるギャヴィン・オコナーの意欲作。
ギャヴィン・オコナーは、トーナメントのプロモーター役として出演もしている。

家族崩壊という問題を抱えながら、辛い現実に立ち向かわなければならない兄弟と父親の難しい関係が切実に描かれている、人間ドラマとしても見応えある作品。

魅力的であることこの上ないキャスティングだけで興味深く観れる本作は、総合格闘技の世界も迫力映像で映し出している。

第84回アカデミー賞では、助演男優賞(ニック・ノルティ)にノミネートされた。

非常に評価の高い作品ではあったが、北米興行収入は約1400万ドル、全世界でも約2300万ドルに終わり、製作費2500万ドルを回収することはできなかった。
このキャスティング且つ総合格闘技が人気の日本であるにも拘らず、はなぜか劇場未公開に終わった。

後のない立場に立たされ、満身創痍で家族のために闘うジョエル・エドガートン、家族に対して心を閉ざす弟役のトム・ハーディ、体を張った二人の好演は、見るものの心に訴える素晴らしいパフォーマンスであった。

息子達に父親と認めてもらえず辛い思いをしながら二人を温かく見守る、深い演技を見せる、アカデミー助演賞にノミネートされたニック・ノルティの熱演も光る。

夫(ジョエル・エドガートン)を心配しつつも常に支えるジェニファー・モリソン、同じく彼に協力するジムのオーナー、フランク・グリロ、主人公の活躍を見守る校長のケヴィン・ダン、銀行員ノア・エメリッヒ、主人公を応援する生徒デンゼル・ウィテカー、トミー(トム・ハーディ)のジムのオーナー、マキシミリアーノ・ヘルナンデス、格闘家カート・アングルエリック・アップルアンソニー・ジョンソンホアン・カルネイロ、トミーの軍友の妻ヴァネッサ・マルティネス、トーナメントのプロモーター、ギャヴィン・オコナー、トーナメントの実況ブライアン・カレンとサム・シェリダンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021