4219 Movies

007/スカイフォール Skyfall (2012)

  •  
  •  
  • 11
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

イアン・フレミングの創作キャラクターである”ジェームズ・ボンド”を主役にしたスパイ劇”007シリーズ”50周年を記念して製作された第23作。
テロ組織に潜入するNATOの諜報員リスト奪還に失敗したジェームズ・ボンドが、それを利用して、上司Mへの復讐を企む元諜報員との戦いを描く、監督サム・メンデスダニエル・クレイグジュディ・デンチハビエル・バルデムレイフ・ファインズナオミ・ハリス他共演のスパイ・アクション。


007
007 / Pinterest

レイフ・ファインズ / Ralph Fiennes / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:サム・メンデス
製作総指揮:カラム・マクドーガル
製作
マイケル・G・ウィルソン

バーバラ・ブロッコリ
原作:イアン・フレミング
脚本
ジョン・ローガン

ニール・パーヴィス
ロバート・ウェイド
撮影:ロジャー・ディーキンス
編集:スチュアート・ベアード
音楽:トーマス・ニューマン
主題歌:アデルスカイフォール

出演
ジェームズ・ボンド:ダニエル・クレイグ
M:ジュディ・デンチ
ラウル・シルヴァ/ディアゴ・ロドリゲス:ハビエル・バルデム
ギャレス・マロリー:レイフ・ファインズ
イヴ・マネーペニー:ナオミ・ハリス
セヴリン:ベレニス・マーロウ
キンケイド:アルバート・フィニー
Q:ベン・ウィショー
ビル・タナー:ロリー・キニア
パトリス:オーラ・ラパス
クレア・ダワー:ヘレン・マックロリー
ホール博士:ニコラス・ウッドソン
本人:ヒュー・エドワーズ
本人:ウルフ・ブリッツァー

イギリス/アメリカ 映画
配給
MGM

コロンビア・ピクチャーズ
2012年製作 143分
公開
イギリス:2012年10月26日
北米:2012年11月9日
日本:2012年12月1日
製作費 $200,000,000
北米興行収入 $304,360,300
世界 $1,108,561,000


アカデミー賞
第85回アカデミー賞

・受賞
音響編集賞
歌曲賞/主題歌:アデルスカイフォール
・ノミネート
撮影・録音・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
トルコイスタンブール
MI6の諜報員ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、イヴ・マネーペニー(ナオミ・ハリス)と共に、ある情報が入ったハードディスクを追う。

同僚工作員は銃撃され、ボンドは、MI6本部の上司M(ジュディ・デンチ)とビル・タナー(ロリー・キニア)の指示を受けながら、情報を持ち去った傭兵パトリス(オーラ・ラパス)を追う。

市街のカーチェイスと銃撃戦、バイクでの追跡、そして、列車上で銃弾を受けながら、ボンドはパトリスを追い詰める。

しかし、Mから命ぜられてマネーペニーが放った弾丸はボンドを捉える。

ボンドは橋から川に落下し、この作戦は失敗に終わる。

ロンドンMI6本部。
Mは、ボンドがトルコで殉職したという報告書を作成する。

翌日、情報国防委員会委員長ギャレス・マロリー(レイフ・ファインズ)に呼ばれたMは、テロ組織に潜入しているNATO諜報員のリスト奪還の失敗の責任を問われる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
MI6諜報員ジェームズ・ボンドは、テロ組織に潜入するNATOの諜報員リスト奪還に失敗する。
上司Mの命令で狙撃され、死んだと思われたボンドだったが、一命を取り留め、心に傷を負いながら酒に溺れる日々を送る。
そんな時、Mに恨みを持つ元部下により、MI6のシステムがハッキングされて、本部は爆破される。
それを知ったボンドは、ロンドンに戻りMの前に現れ、テストを受けて現場に復帰する。
情報国防委員会委員長マロリーの辞職勧告を拒むMは、リストを奪った傭兵が上海に現れることを知る。
そしてMは、今回事件の黒幕である元部下シルヴァの所在を突き止めるよう、ボンドに命ずるのだが・・・。
__________

シリーズ50周年の記念作品だけあり、スパイ劇の原点に戻る構成が素晴らしい。

殺しのライセンスを得た諜報員”ジェームズ・ボンド”が最前線で活躍を始めて、彼と並ぶシリーズの顔であるキャラクター”M”とその秘書”マネーペニー”誕生秘話、更にボンドの生い立ちが描かれる内容は、ファンの心を捉え、身震いするほどの感激すら覚える見事な仕上がりとなっている。

提供される装備品は、”ワルサーPPK/S”と無線送信機のみ、”過去”に戻ると言う主人公ボンドが乗り換える”アストンマーチン・DB5”の登場は涙ものだ。

おもちゃのような秘密兵器に頼らない、古風な肉体アクションの持つ迫力を、十分に生かしたサム・メンデスの演出、”ジェームズ・ボンドのテーマ”をやたらには使わずサラリと挿入したトーマス・ニューマンの音楽、そして、激しさ、品格、優雅、さらには、幻想的なまでに美しいロジャー・ ディーキンスの映像美、現代映画界最高レベルの才能を結集した、スパイ映画の傑作と言える作品。

第85回アカデミー賞では、音響編集と歌曲賞(主題歌:アデルスカイフォール”)を受賞した。
・ノミネート
撮影・録音・作曲賞

興行収入は他作を圧倒し、北米で約3億ドル、全世界ではなんと10億1000万ドルを超す、とてつもない記録を打ち立てた。

彼を引き継げるボンド役がいるだろうかと思えるような、50年前のショーン・コネリーの、その圧倒的な存在感を継承しているとも言える主役ダニエル・クレイグは、月並みな表現だが、男の目から見ても惚れ惚れしてしまう。

小柄ではあるが、周囲を制圧する雰囲気、鍛え抜かれた肉体と強靱な精神力、そして鋭い眼差しは、永遠にボンド役を務めて欲しいと考えてしまうほどだ。

本作のもう一人の主役はボンドの敵役ではなく、上司Mであるというストーリーもいい。

様々な面で追い込まれるMと、扱いにくい部下ではあるボンドとの互いの”情”を、押しつけがましくなく描いた内容も見逃せない。

そのM役を、80歳に近い大ベテランのジュディ・デンチが見事に演じ、彼女の後任となる情報国防委員会委員長役のレイフ・ファインズが、ドラマでは対立気味ではあるが、演技でしっかりと支えているという雰囲気だ。

敵役として、主演者の存在を邪魔しない感じでいながら、異様なムードで怪演する、ハイテクのスペシャリストでもあるハビエル・バルデム、冒頭で、”マネーペニー”が工作員なのかと驚かされるが、その役割が確立するラストで、全く違った名物キャラクターとしてファンを納得させるMの秘書となるナオミ・ハリス、悪の手先でもある謎の女ベレニス・マーロウ、ボンドの領地の猟場の番人アルバート・フィニー、現代感覚に合わせた武器担当者として登場するQのベン・ウィショー、Mの補佐として、前作から続投のロリー・キニア、リストを奪った傭兵役のオーラ・ラパス、審問会でM追求する議員ヘレン・マックロリー、精神科医役のニコラス・ウッドソン、本人役で、ヒュー・エドワーズウルフ・ブリッツァーら著名なジャーナリストも登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020