4216 Movies

世界にひとつのプレイブック Silver Linings Playbook (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

2008年に発表された、マシュー・クイックの小説”The Silver Linings Playbook”を基に製作された作品。
愛する者を失った男女、互いを救うためにとった行動で新たな愛を掴むまでを描く、監督、脚本デヴィッド・O・ラッセル、製作、主演ブラッドレイ・クーパージェニファー・ローレンスロバート・デ・ニーロジャッキー・ウィーヴァー他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:デヴィッド・O・ラッセル
製作
ブルース・コーエン

ドナ・ジグリオッティ
ジョナサン・ゴードン
製作総指揮
ブラッドレイ・クーパー

ジョージ・パーラ
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
原作:マシュー・クイックThe Silver Linings Playbook
脚本:デヴィッド・O・ラッセル

撮影:マサノブ・タカヤナギ
編集
ジェイ・キャシディ

クリスピン・ストラザーズ
音楽:ダニー・エルフマン

出演
パトリック”パット”ソリターノJr.:ブラッドレイ・クーパー

ティファニー・マックスウェル:ジェニファー・ローレンス
パトリツィオ”パット”ソリターノ:ロバート・デ・ニーロ
ドロレス・ソリターノ:ジャッキー・ウィーヴァー
ダニー・マクダニエルス:クリス・タッカー
クリフ・パテル医師:アヌパム・カー
ロニー:ジョン・オーティス
ヴェロニカ:ジュリア・スタイルズ
ジェイク・ソリターノ:シェー・ウィガム
ランディ:ポール・ハーマン
キーオ:ダッシュ・ミホク
ニッキ・ソリターノ:ブレア・ビー

アメリカ 映画
配給 ワインスタイン・カンパニー

2012作 122分
公開
北米:2012年11月16日
日本:2013年2月22日
製作費 $21,000,000
北米興行収入 $132,088,900
世界 $236,412,450


アカデミー賞 ■
第85回アカデミー賞
・受賞
主演女優賞(ジェニファー・ローレンス)
・ノミネート
作品・監督
主演男優(ブラッドレイ・クーパー)
助演男優(ロバート・デ・ニーロ)
助演女優(ジャッキー・ウィーヴァー)
脚色・編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
フィラデルフィア
パトリック”パット”ソリターノJr.(ブラッドレイ・クーパー)は、妻の浮気がきっかけで怒りをコントロールできなくなり、”双極性障害”と診断され精神病院で治療を受けていた。

退院することになったパットは、迎えに来た母親ドロレス(ジャッキー・ウィーヴァー)の車に、親しくなった患者ダニー・マクダニエルス(クリス・タッカー)を乗せて病院を後にする。

ところが、電話を受けたドロレスは、ダニーが退院許可を受けていないことを知り病院に戻る。

ダニーを降ろし、ドロレスと自宅に向かったダニーは、父親パトリツィオ(ロバート・デ・ニーロ)に迎えられる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
フィラデルフィア
妻の浮気がきっかけで怒りがコントロールできなくなり、精神病院で治療を続けていたパトリック”パット”ソリターノJr.は退院する。
パットを迎えた父親パトリツィオは、彼の言動に頭を傾げ息子が治ったのかを疑う。
その後パットは、友人ロニーとヴェロニカ夫妻に食事に招待され、事故で夫を失った、妻ニッキの友人ティファニーに出会う。
素っ気ないティファニーだったが、いきなりパットを求め、一応結婚している彼はそれを断る。
それでも、パットは、ティファニーが気になる存在にはなり、彼女に妻への手紙を渡してもらおうとする。
辛い思いや理解できない行動もしたティファニーは、それを承知する条件として、パットにダンス大会のパートナーになることを要求する・・・。
__________

物語の主人公のような状況下に置かれる男女の関係というのは、日本ではあまりお目にかからないパターンなので、本国や世界で大いに受けたことを、意識し過ぎないで観ることをお勧めする。

舞台を観ているような、実力派スターによる激しい演技のぶつかり合い、クールなユーモアや、何と言ってもそのセリフ回しなど、脚本家でもあるデヴィッド・O・ラッセルの、計算しつくされた見事な演出を楽しむことが出来る。

難しいことは考えずに、ヒューマン・コメディとしてさらりと受け止めたいところだが、英語が理解できないと楽しみ半減とも言える作品。

第85回アカデミー賞では、22歳のジェニファー・ローレンスが主演女優賞を受賞した。
・ノミネート
作品、監督
主演男優(ブラッドレイ・クーパー)
助演男優(ロバート・デ・ニーロ)
助演女優(ジャッキー・ウィーヴァー)
脚色、編集賞

北米興行収入は約1億3200万ドル、全世界では2億3600万ドルのヒットとなった。

もともと唯のハンサム・ガイとは思ってはいなかったが、今回の演技でブラッドレイ・クーパーを見直した方は多いはずだ。
感情を制御できなくなる情緒不安定気味な男性を、その眼差しだけで表現する細やかな演技力は素晴らしい。

実力派、ベテランを前に画面を狭く感じさせるほどの圧倒的な演技を見せるジェニファー・ローレンスは、見事にアカデミー主演賞を受賞するのだが、撮影当時まだ21歳ということを考えると末恐ろしい感じがする女優だ。
私は、数年前から、彼女が数十年に一人の女優になると周囲に語っている。
映画の中で盛んに、美しいとか魅力的と言われるが、いわゆるハリウッド的美女とは言えない彼女だが、前記の言葉でも足りない特別なオーラを感じる。

やや外れ気味ではあるが、いい味で主人公の父親を演ずるロバート・デ・ニーロ、その妻役ジャッキー・ウィーヴァー、主人公と同じ病院の患者役クリス・タッカー、精神科医のアヌパム・カー、主人公の友人ジョン・オーティス、その妻ジュリア・スタイルズ、主人公の兄役シェー・ウィガム、父親の賭け仲間ポール・ハーマン、警官ダッシュ・ミホク、主人公の妻ブレア・ビーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020