4213 Movies

ウォリスとエドワード W.E. (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

”王位を捨てた恋”として知られる、イギリス国王エドワード8世ウォリス・シンプソンの関係に興味を抱いた、私生活に悩みを抱えた女性の心の内を描く、製作、監督、脚本マドンナ、主演アビー・コーニッシュアンドレア・ライズブロージェームズ・ダーシーオスカー・アイザック他共演のドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:マドンナ
製作
マドンナ

クリス・サイキエル
脚本
マドンナ

アレック・ケシシアン
撮影:ハーゲン・ボグダンスキー
編集:ダニー・トゥール
衣装デザイン:アリアンヌ・フィリップス
音楽:アベル・コジェニオウスキー

出演
ウォリー・ウィンスロップ:アビー・コーニッシュ

ウォリス・シンプソンアンドレア・ライズブロー
エドワードジェームズ・ダーシー
エフゲニ・コルパコフ:オスカー・アイザック
ウィリアム・ウィンスロップ:リチャード・コイル
アーネスト・オルドリッチ・シンプソンデヴィッド・ハーバー

イギリス 映画
配給 Optimum Releasing

2012年製作 119分
公開
イギリス:2012年1月20日
北米:2011年12月9日
日本:2012年11月3日
製作費 $$15,000,000
北米興行収入 $582,080
世界 $868,440


アカデミー賞 ■
第84回アカデミー賞
・ノミネート
衣装デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1998年、ニューヨーク
ウォリー・ウィンスロップ(アビー・コーニッシュ)と医師である夫ウィリアム(リチャード・コイル)との間に子供がなかった。

かつての職場”サザビーズ”を訪ねたウォリーは、開催されていた”ウィンザー公爵夫妻展”を見学する。

ウォリーは、不妊治療を決意するものの、ウィリアムは依然として子供を欲しがろうとしなかった。

1931年、”フォート・ベルヴェデーレ
ウォリス・シンプソン(アンドレア・ライズブロー)は、船舶仲介会社社長アーネスト・オルドリッチ・シンプソン(デヴィッド・ハーバー)と共にイギリス皇太子エドワード(ジェームズ・ダーシー)の招待を受ける。

舞踏会が開かれ、ウォリスエドワードと出会う。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1998年、ニューヨーク
ウォリー・ウィンスロップは、医師の夫ウィリアムとの間に子供がなく、それを望まない彼との間には溝があった。
ある日ウォリーは、かつての職場”サザビーズ”を訪ね開催されている”ウィンザー公爵夫妻展”を見学する。
夫妻に興味を抱いたウォリーは、二人について調べ始めるが、浮気を疑うウィリアムとの関係は改善されない。
ウォリーは、王位を捨ててまで愛を誓い合った、エドワード8世ウォリス・シンプソンの関係を調べるうちに、自分を彼女に投影させるようになる。
そんなウォリーは、”サザビーズ”の警備スタッフのエフゲニとの親交を深めるのだが・・・。
__________

王位を捨て離婚歴のあるアメリカ人女性ウォリス・シンプソンと結婚したエドワード8世、二人の運命の恋と苦しみを描くと共に、幸せを手に入れることができず、大都会で孤独な日々を送る女性の心の内を描く心理ドラマとしても楽しめる。

第84回アカデミー賞では、第84回アカデミー賞にノミネートされた。

しかし、世界の全てを手に入れようとしているような雰囲気のあるマドンナの演出は単調で、主人公を描くドラマは、まずまず興味深く観れるものの、ウォリスエドワードの物語は、工夫は窺えても、単なる歴史の再確認的な雰囲気がある。

それでも、その”世紀の恋”とも言える歴史の事実を知る上では興味深い作品。

魅力的なキャスティングを生かせず、商業的にも成功した作品ではなく、拡大公開もされずに終わっれしまった。

夫の愛を得られずに悩み続ける女性であったが、ウィンザー公夫妻の恋に出会ったことで幸せを手にすることができるアビー・コーニッシュウォリス・シンプソンアンドレア・ライズブローエドワード8世ジェームズ・ダーシー、主人公と愛し合うようになるオスカー・アイザック、主人公の夫リチャード・コイルウォリスの夫デヴィッド・ハーバーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020