4478 Movies

ボーダーライン Sicario (2015)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

メキシコの麻薬カルテル壊滅作戦に参加するFBI捜査官が目撃する、謎の作戦部隊の常軌を逸した行動を描く、監督ドゥニ・ヴィルヌーヴ、主演エミリー・ブラントベニチオ・デル・トロジョシュ・ブローリン他共演の犯罪サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
製作
ベイジル・イヴァニク
エドワード・L・マクドネル
モリー・スミス
サッド・ラッキンビル
トレント・ラッキンビル
製作総指揮
ジョン・H・スターク
エリカ・リー
エレン・H・シュワルツ
脚本:テイラー・シェリダン
撮影:ロジャー・ディーキンス
編集:ジョー・ウォーカー
音楽:ヨハン・ヨハンソン

出演
ケイト・メイサー:エミリー・ブラント
アレハンドロ・ギリック:ベニチオ・デル・トロ
マット・グレイヴァー:ジョシュ・ブローリン
デイヴ・ジェニングス:ヴィクター・ガーバー
テッド:ジョン・バーンサル
レジー・ウェイン:ダニエル・カルーヤ
スティーヴ・フォーシング:ジェフリー・ドノヴァン
ラファエル:ラオール・トゥルヒージョ
ファウスト・アラルコン:フリオ・セサール・セディージョ
フィル・クーパーズ:ハンク・ロジャーソン
マヌエル・ディアス:ベルナルド・サラシーノ
シルヴィオ:マキシミリアーノ・ヘルナンデス
バーネット:ケヴィン・ウィギンズ
ギエルモ・ディアス:エドガー・アレオラ
デルタフォース・リーダー:ディラン・ケニン

アメリカ 映画
配給 Lionsgate Films
2015年製作 121分
公開
北米:2015年9月18日
日本:2016年4月9日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $46,889,290
世界 $84,872,440


アカデミー賞
第88回アカデミー賞

・ノミネート
撮影・作曲・音響編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
アリゾナ州、チャンドラー
FBICIRG(重大犯罪対応群)のケイト・メイサー(エミリー・ブラント)らは、SWATと共に誘拐事件の容疑者の家に突入する。

奥の部屋で発砲した容疑者を射殺したケイトは、同僚のレジー・ウェイン(ダニエル・カルーヤ)から、銃弾で開いた壁の奥に何かがあることを知らされる。

壁を壊したケイトとレジーらは、隠されていた死体を発見する。

家からは数十体の死体が見つかり、駆け付けたケイトの上司デイヴ・ジェニングス(ヴィクター・ガーバー)は、司法省に連絡するよう指示する。

その後、裏の物置の床下に隠されていた爆弾が爆発し、警官が二人犠牲になる。

レジーと共に本部に呼ばれたケイトは、メキシコの犯罪組織”ソノラ・カルテル”の幹部であるアメリカでのボス、マヌエル・ディアス(ベルナルド・サラシーノ)のことを訊かれる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ボーダーライン」(2015)
・「ボーダーライン: ソルジャーズ・デイ」(2018)

*(簡略ストー リー)
FBICIRG(重大犯罪対応群)のケイト・メイサーは、メキシコの犯罪組織”ソノラ・カルテル”の幹部マヌエル追跡作戦の専任捜査官として、指揮官である国防総省だと言うマット・グレイヴァーに選抜される。
作戦は実行され、マットのパートナーである謎の男アレハンドロと編成部隊と共に、世界有数の危険地帯であるメキシコフアレスに向かったケイトは、法を無視した行動に驚く。
作戦の真意が理解できないケイトは、不可能と言える麻薬組織自体の壊滅ではなく、その世界の状況を把握できるような秩序を取り戻すことが目的だと知らされるのだが・・・。
__________

現在、最も注目されているとも言える映画監督ドゥニ・ヴィルヌーヴの作品で、凶悪な麻薬組織とそれに群がる利権や汚職の現実を生々しく描く、リアリズム映画の秀作。

序盤のハイライトでもある、アメリカ側の武装部隊が世界有数の危険地帯シウダー・フアレスに向かい、その場で行われる、法を無視した作戦行動などの緊迫感を伝える演出は秀逸だ。

戦場と化すフアレス、衛星映像を表現する上空からの撮影、終盤のサーマルカメラや暗視ゴーグルの視線で捉える戦闘映像など、ロジャー・ディーキンスの撮影と、それを盛り上げるヨハン・ヨハンソンの音楽の素晴らしさが印象に残る。

二人は、第88回アカデミー賞でそれぞれ、撮影、作曲賞にノミネートされた。(他のノミネート音響編集賞)

麻薬組織壊滅作戦ではなく、それが不可能であることを百も承知の国家が、自分達の都合がいいように監視、把握できる、その世界の”秩序”を保つための計画だったというストーリーも実に巧みだ。

原題の”Sicario”(スペイン語で”殺し屋”)としない、大人が考えているとは思えない安っぽい邦題には幻滅だ。
続編”Soldado”(兵士)は”・・・2”となるのだろうか?

結局、”謎”の作戦に利用されていた現実に気づき絶望に近い体験をする、FBI捜査官を熱演するエミリー・ブラント、カルテルに家族を惨殺された恨みから、それを潰すためならあらゆる行動に出る抹殺者を好演するベニチオ・デル・トロ、作戦を成功させるために全てを利用する指揮官であるCIAジョシュ・ブローリン、主人公の上司ヴィクター・ガーバー、作戦を探ろうとして主人公に近づく汚職警官のジョン・バーンサル、その友人で主人公の同僚ダニエル・カルーヤ、作戦に参加するデルタフォースジェフリー・ドノヴァンメキシコ側の警察責任者ラオール・トゥルヒージョ、カルテルのボス、フリオ・セサール・セディージョ、幹部でアレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)に捕らえられボスの屋敷に案内するベルナルド・サラシーノ、その兄エドガー・アレオラ、カルテルの運び屋であるメキシコの汚職警官マキシミリアーノ・ヘルナンデスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021