4238 Movies

影なき男 Shoot to Kill (1988)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

11年ぶりの映画出演となる、60歳を過ぎたシドニー・ポワチエが強盗殺人犯を執念で追うFBI捜査官を演じた、監督ロジャー・スポティスウッド、共演トム・ベレンジャーカースティ・アレイクランシー・ブラウンアンドリュー・ロビンソン他によるサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ロジャー・スポティスウッド
製作総指揮:フィリップ・ロジャース
製作
ロン・シルヴァーマン

ダニエル・ペトリJr.
原案:ハーブ・ジンメル
脚本
ハーブ・ジンメル

マイケル・バートン
ダニエル・ペトリJr.
撮影:マイケル・チャップマン
編集
ジョージ・ボウワーズ

ガース・クレイヴン
音楽:ジョン・スコット

出演
ウォーレン・スタンティン:シドニー・ポワチエ

ジョナサン・ノックス:トム・ベレンジャー
サラ・レネル:カースティ・アレイ
スティーヴ:クランシー・ブラウン
ノーマン:リチャード・メイサー
ハーヴェイ:アンドリュー・ロビンソン
ラルフ:フレデリック・コフィン
ミネリ捜査官:ロバート・レッサー
デーヴ・アーネット保安官:レス・ラノム
バーガー夫人:ジャネット・ロトブラット

アメリカ 映画
配給 タッチストーン・ピクチャーズ

1988年製作 109分
公開
北米:1988年2月12日
日本:1988年6月18日
北米興行収入 $29,300,100


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
サンフランシスコ
宝石店でダイヤの強盗事件が起き、駆けつけたFBIのウォーレン・スタンティン(シドニー・ポワチエ)は、その犯人が店主だったことを知る。

店主から、男が自宅に立てこもり妻を人質に取られていると聞かされたスタンティンは現場に急行する。

犯人と連絡を取ったスタンティンだったが、家政婦が殺され、逃亡用の車などを要求される。

仕方なく、要求に従おうとしたスタンティンは、狙撃手に犯人の射殺を命じ待機させる。

犯人は巧みにそれをかわし、車で屋敷を出てダイヤを持ったスタンティンに後を追わせる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ダイヤを奪い逃走した殺人犯を追っていた、ベテランのFBI捜査官ウォーレン・スタンティンは、犯人が山岳地帯に逃げ込み、国境を越える可能性が出てきたことを知る。
現場に向かったスタンティンは、犯人が山岳ガイドのサラ達と既に山に入ったことを知り、彼女の恋人ノックスを説得して一行を追う。
やがて、犯人のスティーヴは同行者を殺害し、サラを道案内に下山しようとする。
そして、人間嫌いのノックスに梃子摺りながら、スタンティンは厳しい山道を進み、執念の捜査を続ける・・・。
__________

夜の大走査線」(1967)の主人公を髣髴させる、精悍な雰囲気で登場するシドニー・ポワチエなのだが、山岳地帯に入り、厄介な男(トム・ベレンジャー)に世話になるあたりから、時々見せるユーモラスな演技で楽しませてくれる。

サスペンスに気の利いたユーモアも取り入れ、アクションも見せてくれるロジャー・スポティスウッドの、まとまりのある軽快でシャープな演出も見応えがある。

犯人を追う二人、山中と下山後の支配権を、明確に分けて描写するあたらりの演出も実に小気味よい。

上記のように、堅物に見えるシドニー・ポワチエが、実力派らしくウィットに飛んだ演技も見せてくれるところが嬉しいし、友情の芽生えるラストの笑顔も印象的だ。

トム・ベレンジャーも、彼らしい野性味溢れるキャラクターで、頼もしい演技を見せてくれる。

山岳ガイドで犯人の人質となるカースティ・アレイ、犯人役のまだ20代のクランシー・ブラウン、その同行者リチャード・メイサーアンドリュー・ロビンソンフレデリック・コフィン、捜査官のロバート・レッサー、保安官レス・ラノムなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020