4238 Movies

影なき殺人 Boomerang! (1947)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1924年、コネチカット州、ブリッジポートで実際に起きた殺人事件を参考にした、フルトン・アースラー(アンソニー・アボット)の原作を基に製作された、製作ダリル・F・ザナック、監督エリア・カザン、主演ダナ・アンドリュースリー・J・コッブジェーン・ワイアットアーサー・ケネディカール・マルデンエド・ベグリー他共演の社会派ドラマ。


ドラマ(社会派)


スタッフ キャスト ■
監督:エリア・カザン
製作総指揮:ダリル・F・ザナック
製作:ルイ・ド・ロシュモント
原作:フルトン・アースラー(アンソニー・アボット)
脚本:リチャード・マーフィ

撮影:ノーバート・ブロディン
編集:ハーモン・ジョーンズ
音楽:デヴィッド・バトルフ

出演
ヘンリー・L・ハーヴェイ:ダナ・アンドリュース

ハロルド・F・ロビンソン警部:リー・J・コッブ
マッジ・ハーヴェイ:ジェーン・ワイアット
ジョン・ウォルドロン:アーサー・ケネディ
アイリーン・ネルソン:カーラ・ウィリアムズ
デイヴ・ウッズ:サム・レヴェン
マック・マクリーリー:ロバート・キース
T・M・ウェイド:テイラー・ホームズ
ポール・ハリス:エド・ベグリー
ホワイト警部補:カール・マルデン
ドゥーガン巡査部長:バリー・ケリー
ジム・クロスマン:フィリップ・クーリッジ
ジョージ・ランバート神父:ワイリー・バーチ

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1947年製作 88分
公開
北米:1947年3月5日
日本:1947年9月


アカデミー賞 ■
第20回アカデミー賞
・ノミネート
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
コネチカット州。
ごく平凡な町で、市民に愛されていたジョージ・ランバート神父(ワイリー・バーチ)が、多数の目撃者の前で何者かに射殺されてしまう。

多くの人々が、町のために尽力したランバート神父の死を悼んだ。

しかし、寛大なランバート神父ではあったが、犯した罪については頑なまでに厳しい態度を取ったことも事実だった。

多くの人々が神父の葬儀に参列し、警察もその場で市民の動きを観察する。

7人もの目撃者が犯人を見ていたため、事件は早期終結する可能性も高かった。

先走るホワイト警部補(カール・マルデン)に対し、ハロルド・F・ロビンソン警部(リー・J・コッブ)は慎重に捜査を進める。

手掛かりも見つからないまま、ロビンソン警部は地方検事ヘンリー・L・ハーヴェイ(ダナ・アンドリュース)の元に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ある平和な町で、人望ある神父のランバートが人通りも多い通りで射殺される事件が起きる。
犯人捜査は難航し、市や警察が焦る中、拳銃を所持していたウォルドロンという男が逮捕される。
ウォルドロンは、自白を強要されて、裁判では有罪が確実視される。
しかし、慎重に検証を進めた検事ヘンリー・L・ハーヴェイは、訴える身でありながら、容疑者ウォルドロンの犯行を立証できず、起訴を取り下げてしまう。
やがて、事件の裏に、怨恨と思われる政治や利権の絡む策謀が見え隠れし始める・・・。
__________

殺人と、その容疑者の冤罪事件を中心に、それに関る政治家対マスコミの泥仕合や権力の圧力の犠牲になる弱者、そして、それらに立ち向かう者達の人間模様を鋭く描いた、エリア・カザン快心の社会派ドラマの秀作。

エリア・カザン自身は、同年の11月に公開される、同じ社会派ドラマの傑作「紳士協定」で、初のアカデミー監督賞を受賞することになる。

ニュース・フィルムを巧みに使用したセミ・ドキュメンタリー・タッチは新鮮味があり、実話の緊迫感を一層高めている。

第20回アカデミー賞では、脚本賞にノミネートされた。

前半は、政治家や警察、そしてマスコミのプライドを懸けた”権力闘争”のような展開で、後半は、そのいずれにも関る検事の、正義を証明する闘いを描く、密度の濃いドラマ内容となっている。

序盤は事件にやんわりと関与する程度なので、主役として物足りなさを感じていると、後半は、展開を一手に引き受けドラマの舵を取るダナ・アンドリュースは、公開当時、存命の司法長官ホーマー・S・カミングスがモデルだけに、その実直な人柄と、正義感ある役柄を見事に演じている。

前半の主役と言っていい、難航する捜査に苦悩する警部を好演するリー・J・コッブ、主人公の妻ジェーン・ワイアット、無実の罪で逮捕される容疑者を熱演するアーサー・ケネディ、その元恋人でありながら、懸賞金欲しさに容疑者を陥れるカーラ・ウィリアムズ、新聞社社主テイラー・ホームズ、用意周到な同社の記者サム・レヴェン、利権絡みの開発計画に関与し自滅してしまうエド・ベグリー、警部補でまだ若いカール・マルデン、真犯人だったのかが謎の、事故死するフィリップ・クーリッジ、そして、被害者の神父役ワイリー・バーチなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020