4513 Movies

セブン・サイコパス Seven Psychopaths (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

作品を仕上げることに苦労する脚本家が、悪友と共に犯罪に巻き込まれる姿を描く、製作、監督、脚本マーティン・マクドナー、主演コリン・ファレルサム・ロックウェルウディ・ハレルソンクリストファー・ウォーケントム・ウェイツアビー・コーニッシオルガ・キュリレンコ他共演のブラック・コメディ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督:マーティン・マクドナー
製作
マーティン・マクドナー

グレアム・ブロードベント
ピーター・チャーニン
製作総指揮:テッサ・ロス

脚本:マーティン・マクドナー
撮影:ベン・デイヴィス
編集:リサ・ガニング
音楽:カーター・バーウェル

出演
マーティ・ファラナン:コリン・ファレル

ビリー・ビックル:サム・ロックウェル
チャーリー・コステロ:ウディ・ハレルソン
ハンス・キエシロフスキ:クリストファー・ウォーケン
ザカライア・リグビー:トム・ウェイツ
カーヤ:アビー・コーニッシュ
アンジェラ:オルガ・キュリレンコ
パウロ:ジェリコ・イヴァネク
マイラ:リンダ・ブライト・クレイ
ベトナム人僧侶/ティック・クアン・ドック:ロング・グエン
クエーカー教徒:ハリー・ディーン・スタントン

マギー:アマンダ・メイソン・ウォーレン
キラー:ジェームズ・ヘバート
フッカー:クリスティン・マルツァーノ
デニス:ケヴィン・コリガン

シャリース:ガボレイ・シディベ
ラリー:マイケル・ピット
トミー:マイケル・スタールバーグ
ブロンドの女:ヘレナ・マットソン
陪審員:クリスピン・グローヴァー

アメリカ 映画
配給
Momentum Pictures(イギリス)
CBS Films(北米)
2012年製作 110分
公開
イギリス:2012年12月5日
北米:2012年10月12日
日本:2013年11月2日
製作費 $13,000,000
北米興行収入 $15,024,000
世界 $19,422,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
ギャングのラリー(マイケル・ピット)とトミー(マイケル・スタールバーグ)は、アンジェラ(オルガ・キュリレンコ)を殺すようボスに命じられていたが、背後から接近した覆面をした男に気づかず射殺される。

男はその場に、ダイヤのジャックのカードを2枚残す。
● サイコパス No.1

脚本家のマーティ・ファラナン(コリン・ファレル)は、締め切りが過ぎたというエージェントからの連絡を受ける。

マーティンを訪ねた親友で失業中の俳優ビリー・ビックル(サム・ロックウェル)は、彼の恋人カーヤ(アビー・コーニッシュ)に迎えられる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
脚本家のマーティ・ファラナンは新作映画の脚本を催促されるものの、アイデアが浮かばない。
親友で失業中の俳優ビリーに協力してもらったマーティは、”サイコパス”(異常者)についてのアイデアをだしてもらい、残虐でおぞましい内容の物語を考え始める。
相棒のハンスと共に犬を盗み、見つけたような振りをして飼い主から礼金をだまし取っていたビリーは、ギャングのボス、チャーリーの愛犬を盗む。
チャーリーは、犯人を突き止めてビリーらを追うのだが、マーティもそれに巻き込まれてしまう・・・。
__________

ヒットマンズ・レクイエム」(2008)で高い評価を受けたマーティン・マクドナー製作、監督、脚本による注目作品。

非現実と残虐性をミックスさせた奇抜なストーリー展開、それを映し出す映像や効果的なカーター・バーウェルの音楽、個性溢れる登場人物が繰り広げる”奇想天外”とも言える内容で迫る、マーティン・マクドナー自身の見事な脚本を生かした快作に仕上がっている。

ハリウッドの脚本家ではあるが、どちらかと言えば温厚で平凡な主人公が、自ら考える物語と共に、裏社会の揉め事や殺人事件に巻き込まれ、様々なことを体験して人間性が変化していく様子が面白い。
ラストでは雰囲気が一変してしまうという、その過程などが実に興味深く描かれ、主人公を演ずるコリン・ファレルの演技は絶賛された。

失業中の俳優から単なる犬泥棒の詐欺師、更には異常者”サイコパス”を怪演するサム・ロックウェル、そしてその相棒である、作品に重みを加えるクリストファー・ウォーケンの深い演技他、個性派を揃えた豪華スター競演が見所の作品。

三人を追うギャングのボス、ウディ・ハレルソン、その手下ジェリコ・イヴァネク、愛人オルガ・キュリレンコ、殺人鬼トム・ウェイツ、主人公の恋人アビー・コーニッシュクエーカー教徒のハリー・ディーン・スタントン、チャーリー(ウディ・ハレルソン)の手下ケヴィン・コリガン、愛犬の世話係ガボレイ・シディベ、ギャングのマイケル・ピットマイケル・スタールバーグ、ブロンドの女ヘレナ・マットソン、陪審員クリスピン・グローヴァーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021