4292 Movies

BODY/ボディ Body of Evidence (1993)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

急死した富豪の遺産を相続したため殺人容疑者となった愛人と弁護士との関係を描く、監督ウーリ・エーデル、主演マドンナウィレム・デフォージョー・マンテーニャアン・アーチャージュリアン・ムーアフランク・ランジェラユルゲン・プロホノフ他共演の官能サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ウーリ・エーデル
製作:ディノ・デ・ラウレンティス
製作総指揮
スティーブン・ドイッチ
メリンダ・ジェイソン
脚本:ブラッド・マーマン

撮影:ダグラス・ミルサム
編集:トム・ノーブル
音楽:グレーム・レヴェル

出演
レベッカ・カールソン:マドンナ

フランク・デュラニー:ウィレム・デフォー
ロバート・ギャレット:ジョー・マンテーニャ
ジョアン・ブラズロー:アン・アーチャー
シャロン・デュラニー:ジュリアン・ムーア
ジェフリー・ロストン:フランク・ランジェラ
アラン・ペイリー医師:ユルゲン・プロホノフ
マッカーディ医師:チャールズ・ハラハン
リース刑事:マーク・ロルストン
グリフィン刑事:リチャード・リール
チャールズ・ビッグス:スタン・ショウ
ゲイブ:ジェフ・ペリー
バーナム判事:リリアン・リーマン
アンドリュー・マーシュ:マイケル・フォレスト

アメリカ 映画
配給 MGM

1993年製作 99分
公開
北米:1993年1月15日
日本:1993年3月20日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $13,273,600


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
オレゴン州、ポートランド
富豪アンドリュー・マーシュ(マイケル・フォレスト)が、心臓発作で死亡しているのが見つかる。

マーシュ邸では警察の現場検証が始り、地方検事ロバート・ギャレット(ジョー・マンテーニャ)は、再生されたままのマーシュと愛人レベッカ・カールソン(マドンナ)が愛し合う姿を映したビデオを確認する。

それを観ていたマーシュが興奮して発作を起こしたと考えたギャレットだったが、手足が縛られていたことをリース刑事(マーク・ロルストン)から知らされる。

ベッドの手錠の跡なども確認したギャレットは、マーシュの秘書ジョアン・ブラズロー(アン・アーチャー)から、犯人がレベッカであると言われる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
オレゴン州、ポートランド
富豪マーシュが急死し、愛人だったレベッカ・カールソンと愛し合った直後の死であったため、彼女の殺人容疑が浮上する。
レベッカに弁護を依頼された弁護士デュラニーだったが、心臓病だったマーシュがコカイン吸入で殺されたと指摘する地方検事ギャレットにより、レベッカは逮捕されてしまう。
保釈されたレベッカの無実を勝ち取ろうとする敏腕弁護士のデュラニーは公判を有利に進めるのだが、次第に彼女の魅力の虜になってしまう・・・。
__________

当時のマドンナのイメージ路線のための宣伝映画のような作品で、異次元のスーパースター的な存在になりつつある彼女のワンマン映画とも言える。

マドンナが全てを仕切り、周囲が気を遣っているっているような雰囲気が感じられる仕上がりで、良く言えば体を張った彼女の熱演ではあるが、熱烈なファンでもなければ拒否したいような作品。

悪女にしか見えないマドンナが、どのような展開になっても犯人以外で終わることは考えられないという、サスペンスとも言えない内容に絶句した方も多いはずだ。

酷評された本作は興行的にも失敗し、当然の結果と言える、ラジー賞ではマドンナが最悪女優賞を受賞し、作品自体は主要部門にノミネートされてしまった。

主人公より遥かに美しく魅力的な妻ジュリアン・ムーアを裏切るとは(性癖の問題?)・・・と思ってしまう辣腕弁護士のウィレム・デフォー、地方検事ジョー・マンテーニャ、被害者の秘書アン・アーチャー、主人公の元恋人フランク・ランジェラ、主人公と裏で手を組む医師ユルゲン・プロホノフ、医師チャールズ・ハラハン、刑事マーク・ロルストンリチャード・リール、弁護士スタン・ショウと同僚のジェフ・ペリー、判事リリアン・リーマン、殺害される老富豪マイケル・フォレストなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020