4512 Movies

サルベーション Salvation Boulevard (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

神に仕える身でありながら罪を犯した新興宗教のカリスマ的教祖が、スタッフを巻き込んで引き起こす騒動を描く、出演ジェニファー・コネリーグレッグ・キニアピアース・ブロスナンエド・ハリスマリサ・トメイキーラン・ハインズイザベル・ファーマン他共演、監督ジョージ・ラトリフによるコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:ジョージ・ラトリフ
製作
マーク・ヴィクター
セリーン・ラットレイ
原作:ラリー・ビーンハート”Salvation Boulevard”
脚本
キャシー・シュルマン
ジョージ・ラトリフ
撮影:ティム・オー
編集:マイケル・ラハイエ
音楽:ジョージ・S・クリントン

出演
グウェン・ヴァンダーミーア:ジェニファー・コネリー
カール・ヴァンダーミーア:グレッグ・キニア
ダン・デイ:ピアース・ブロスナン
ポール・ブレイロック:エド・ハリス
ハニー・フォスター:マリサ・トメイ
ジム・ハント:キーラン・ハインズ
アンジー・ヴァンダーミーア:イザベル・ファーマン
ジェリー・ホブソン:ジム・ガフィガン
ホルヘ・グズマン・デ・ヴァカ:ユル・ヴァスケス

アメリカ 映画
配給 IFC Films
2011年製作 100分
公開
北米:2011年7月15日
日本:未公開
製作費 $5,500,000
北米興行収入 $28,470


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
カール・ヴァンダーミーア(グレッグ・キニア)は、新興宗教“三千年紀教会”についての体験を語る。

”三千年紀教会”の巨大なコミュニティー”丘の上の町”の建設計画を進めるカリスマ的教祖のダン・デイ牧師(ピアース・ブロスナン)は、無神論者の大学教授ポール・ブレイロック(エド・ハリス)との討論会を開く。

ダンのファンである妻グウェン(ジェニファー・コネリー)と共に会場に向かったカールは、彼女の父ジム・ハント(キーラン・ハインズ)の隣の席に座る。

ダンとブレイロックの舌戦は繰り広げられ、災害やテロの際に神はどこにいたとブレイロックに指摘されたダンは、それに反論する。

客席のカールを立たせたダンは、”グレイトフル・デッド”のファンでかつて”デッドヘッド”だったカールの乱れた生活は不幸であり、神が、素晴らしい妻グウェンと義娘のアンジー(イザベル・ファーマン)に出会わせ、教会の出版部の仕事もして生まれ変わったと語る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想
2008年に発表された、ラリー・ビーンハートの小説”Salvation Boulevard”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
新興宗教“三千年紀教会”のカリスマ的教祖ダン・デイ牧師は、無神論者である大学教授ブレイロックとの討論会を開く。
その夜、ブレイロックの研究室で飲みながら話をすることになったダンは、スタッフのカールと共にその場に向かう。
そこにあった年代物の銃が暴発し、ブレイロックの頭部を撃ってしまったダンは、それを自殺に見せかけてしまい、カールは驚くもののダンに従うしかなかった。
翌日、カメラマンのジェリーに採石場に連れて行かれたカールは、ダンから話を聞いたと言われ、自分が犯人だということにされてしまう。
ジェリーから銃を向けられるものの何とかそれを逃れたカールは、妻のグウェンと義父ジムに昨夜の件などを話す。
しかし、ダンを熱狂的に支持するグウェンとジムは、ダンが人を人を殺すわけないと言ってカールの話を信じようとしない・・・。
__________

犯した罪を隠そうとする新興宗教のカリスマ的教祖が、スタッフなどを巻き込んで引き起こす騒動を描くコメディ・ドラマ。

神の使いか偽善者か・・・新興宗教の教祖の行動と、教会の巨大コミュニティー建設の利権が絡む犯罪組織との関係から発展する事件がコミカルに描かれている。

人気スター豪華競演はファンには嬉しいのだが、拡大公開もされず、商業的には振るわなかった作品。

新興宗教のカリスマ的教祖を描いた内容の作品はアメリカ人に人気があり、スターのような教祖が、神を信じることについては一貫した考えを持ちながら暴走する姿を描いている。

主人公は誰かというのが絞り難い内容の反面、実力派スターの競演だけあり、各役柄の配分などのバランスはいい。

教祖の熱狂的な支持者であるジェニファー・コネリー、その夫であり事件に巻き込まれる教会のスタッフを熱演するグレッグ・キニア、周囲を翻弄するカリスマ的教祖のピアース・ブロスナン、彼に対抗する無神論者の大学教授エド・ハリス、カール(グレッグ・キニア)に協力する大学の警備員マリサ・トメイ、グウェン(ジェニファー・コネリー)の父親で信者のキーラン・ハインズ、その孫娘イザベル・ファーマン、教会のカメラマン、ジム・ガフィガン、犯罪組織のボス、ユル・ヴァスケスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021