4451 Movies

お気にめすまま Man Trouble (1992)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

冴えないドッグ・トレーナーとソプラノ歌手との、事件に巻き込まれながら芽生える恋を描く、監督ボブ・ラフェルソン、主演ジャック・ニコルソンエレン・バーキンハリー・ディーン・スタントンビヴァリー・ダンジェロ他共演ロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ

ジャック・ニコルソン / Jack Nicholson 作品一覧
ジャック・ニコルソン / Jack Nicholson / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ボブ・ラフェルソン

製作
キャロル・イーストマン
ブルース・ギルバート
製作総指揮
シルヴィオ・ベルルスコーニ
マリオ・チェッキ・ゴリ
ヴィットリオ・チェッキ・ゴリ
脚本:キャロル・イーストマン
撮影:スティーヴン・H・ブラム
編集:ウィリアム・スタインカンプ
音楽:ジョルジュ・ドルリュー

出演
ハリー・ブリス:ジャック・ニコルソン
ジョーン・スプルーアンス:エレン・バーキン
レドモンド・レイルズ:ハリー・ディーン・スタントン
アンディ・エラーマン:ビヴァリー・ダンジェロ
エディ・レヴィア:マイケル・マッキーン
ローレンス・モンクリーフ:ソウル・ルビネック
リー・マクグリーヴィー:ポール・マザースキー
ジューン・ハフ:ヴィヴェカ・デイヴィス
ヘレン・デクストラ:ヴェロニカ・カートライト
ルーイ・デュアート:デヴィッド・クレノン
アデル・ブリス:ローレン・トム
ヴィラ:メアリー・パット・グリーソン
メルヴェノス:ジョン・カペロス
ブッチ・ゲイブル:ゲーリー・グラハム
病院職員:レベッカ・ブローサラド
バルコ:レイモンド・クルス

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1992年製作 100分
公開
北米:1992年7月17日
日本:1993年2月27日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $4,096,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロサンゼルス
リハーサル中のソプラノ歌手ジョーン・スプルーアンス(エレン・バーキン)は、離婚訴訟中の指揮者ルーイ・デュアート(デヴィッド・クレノン)から、音を外したことで注意される。

友人であるテノール歌手のエディ・レヴィア(マイケル・マッキーン)が来たことに気づきながら、ルーイが別れたことで自分を恨んでいると、ジョーンは、同僚で親友のヘレン・デクストラ(ヴェロニカ・カートライト)に伝える。

ドッグ・トレーナーのハリー・ブリス(ジャック・ニコルソン)は、離婚を考える妻アデル(ローレン・トム)と共に精神科医のセラピーを受ける。

愛を感じないと言うアデルに対し、誤解しているだけだと伝えたハリーだったが、彼女は聞き入れようとしない。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
冴えないドッグ・トレーナーのハリー・ブリスは、家を荒らされて、留守中の妹アンディの豪邸に滞在することになったソプラノ歌手ジョーンに呼ばれる。
切り裂き魔事件が起きる中、恐怖に怯えるジョーンは、ハリーから番犬のデュークを借りて警戒する。
魅力的なジョーンに惹かれてしまったハリーは、彼女を守ることを約束して、次第に関係を深める。
そんな時、アメリカ有数の大富豪レドモンドと関係していたアンディが、彼の暴露本を出そうとして妨害を受ける。
アンディの家を借りていたジョーンもそれに巻き込まれ、彼女と親密な関係になったハリーは、レドモンドに買収されて暴露本の原稿を奪うよう指示されるのだが・・・。
__________

本作以前には「ファイブ・イージー・ピーセス」(1970)、「郵便配達は二度ベルを鳴らす」(1981)、その後「ブラッド&ワイン」(1996)でジャック・ニコルソンと組むボブ・ラフェルソンの作品。

ハリウッドNo1.と言える実力派スターのジャック・ニコルソンと魅力的なエレン・バーキンの共演が話題になった作品。

後のイタリア首相シルヴィオ・ベルルスコーニが製作総指揮を担当している。

ドタバタ・コメディとして展開する大人のロマンスはまずまず楽しめるのだが、サスペンス・タッチのストーリーの陳腐さは面白味がなく、ボブ・ラフェルソンの演出もキレがない。

ほとんど外れのないジャック・ニコルソン出演作にも拘わらず酷評され、駄作と言われた作品ではあるが、公開時の期待を排除して肩の力を抜いて今観ると結構楽しめるのが不思議だ。

主演のジャック・ニコルソンは、人生の落後者的な冴えないドッグ・トレイナーの本性を隠しながら、上品な女性に迫る詐欺師的な男を彼らしく愉快に演じ、やや世間知らず的な恐怖に怯えるソプラノ歌手ではあるが女性の色気を感じるエレン・バーキンの魅力も見逃せない。

アメリカ有数の大富豪であるハリー・ディーン・スタントン、彼の暴露本を出版する愛人でヒロインの妹ビヴァリー・ダンジェロ、ヒロインに思いを寄せるテノール歌手マイケル・マッキーン、レドモンド(ハリー・ディーン・スタントン)の弁護士ソウル・ルビネック、主人公に貸しがある男ポール・マザースキー、主人公のアシスタント、ヴィヴェカ・デイヴィス、ヒロインの親友ヴェロニカ・カートライト、ヒロインと離婚協議中の夫である指揮者のデヴィッド・クレノン、主人公の妻ローレン・トム、ダイナーのウエイトレス、メアリー・パット・グリーソン、刑事のジョン・カペロス、主人公に迫る庭師のゲーリー・グラハム、病院の職員役で、ジャック・ニコルソンの当時のパートナー、レベッカ・ブローサラド、メイドの息子レイモンド・クルスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021