4478 Movies

空の大怪獣Q Q (1982)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ニューヨークの人々を襲う甦った古代の鳥獣と儀式的殺人の関係を描く、製作、監督、脚本ラリー・コーエン、主演マイケル・モリアーティキャンディ・クラークデヴィッド・キャラダインリチャード・ラウンドトゥリー他共演のダーク・ファンタジー・ホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ラリー・コーエン

製作:ラリー・コーエン
製作総指揮
サミュエル・Z・アーコフ
ディック・ディ・ボナ
ドン・サンドバーグ
脚本:ラリー・コーエン
撮影:フレッド・マーフィ
編集:アーモンド・レボウィッツ
音楽:ロバート・O・ラグランド

出演
ジミー・クイン:マイケル・モリアーティ
ジョーン:キャンディ・クラーク
シェパード刑事:デヴィッド・キャラダイン
パウエル巡査部長:リチャード・ラウンドトゥリー
マーレイ警部補:ジェームズ・ディクソン
警視総監:マラキー・マッコート
フレッチャー警部:フレッド・J・スコレイ
ドイル:ジョン・カポダイス
ウェッブ:トニー・ペイジ
ホバーマン刑事:ロン・セイ
キュレーター:ラーキン・フォード
教授:ラリー・パイン
警備員:エディ・ジョーンズ
ケイヒー:シェリー・デサイ
建設作業員:リチャード・ダガン

アメリカ 映画
配給 United Film Distribution Company
1982年製作 93分
公開
北米:1982年10月29日
日本:未公開
製作費 $1,100,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
高層ビルの窓を掃除する作業員が、首をもがれて死亡する事故が起きる。

市警のシェパード刑事(デヴィッド・キャラダイン)とパウエル巡査部長(デヴィッド・キャラダイン)は、作業員の首がどうしてもげたのかうを考える。

ピアニストになる夢を抱くジミー・クイン(マイケル・モリアーティ)は、仲間のドイル(ジョン・カポダイス)とウェッブ(トニー・ペイジ)と共にダイヤモンド強盗を計画する。

その後、全身の皮膚を剥がれた死体が見つかり、パウエルは、同僚のホバーマン刑事(ロン・セイ)とマーレイ警部補(ジェームズ・ディクソン)と共に現場を調べる。

同じ頃、屋上で日光浴をしていた女性が、叫び声をあげて姿を消す。

通りを歩行中の人々は、上空から血液が降ってきたために驚く。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク、ビルの作業員や屋上にいた人々などが何者かに襲われる怪奇事件が起きる。
市警のシェパード刑事とパウエル巡査部長は、皮膚を剥がされた死体が発見された事件を捜査し始める。
ケツァルコアトル”を神と崇めるアステカ文明で、人間の皮膚を剥ぐ儀式が行われたことを知ったシェパードは、ビルで起きた事件と儀式的な殺人の関連性を調べる。
同じ頃、ダイヤモンド強盗に失敗したピアニスト志望のジミー・クインは”クライスラー・ビル”に逃げ込み、最上部で巣と巨大な卵、更に骨だけが残る女性と思われる死体を発見する。
そして、卵の親だった鳥獣はえさである人々を襲い続ける・・・。
_________

低予算ながら、アイデアと工夫で独創的な作品を製作するラリー・コーエンが、製作、監督、脚本を兼ねたダーク・ファンタジー・ホラー。

近代都市ニューヨークに、アステカ文明の神”ケツァルコアトル”の分身と言える巨大鳥獣が出現するという興味深い発想の物語は、B級映画的な内容ではあるが、魅力的なキャスティングと共にまずまず楽しめる。

首がもがれた死体や突然、姿を消す人々が続出し、儀式的な怪奇殺人事件の捜査と、それに関係する犯罪人が事件解決の鍵を握るという、なかなか凝った内容となっている。

鳥獣の巣がある、アメリカおよびニューヨークの象徴である”クライスラー・ビル”が、戦いの舞台として効果的に使われている。

ご都合主義的な箇所も許せる範囲であり、売れないピアニストでもある犯罪者が逮捕後に開き直り、市に対し特赦や現金100万ドルを要求して注目を集めようとする展開も、それを演ずるマイケル・モリアーティの熱演もありなかなか面白い。

主人公の恋人キャンディ・クラーク、主演と言ってもいい活躍を見せる、鳥獣と儀式的殺人事件を解決する刑事デヴィッド・キャラダイン、怪奇事件に対する見解で彼と意見が合わない、その同僚のリチャード・ラウンドトゥリー、警部補ジェームズ・ディクソン、警視総監のマラキー・マッコート、警部のフレッド・J・スコレイ、主人公の犯罪仲間ジョン・カポダイスとトニー・ペイジ、人気”メジャーリーガー”で”ロサンゼルス・ドジャース”の現役選手だった刑事役のロン・セイ、博物館のキュレーター、ラーキン・フォード、コロンビア大学の教授ラリー・パイン、”クライスラー・ビル”の警備員エディ・ジョーンズ、儀式的殺人事件の犯人シェリー・デサイ、建設作業員のリチャード・ダガンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021