4134 Movies

ロック・スター Rock Star (2001)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

憧れのヘビー・メタル・バンドのボーカルとなり頂点を極めた青年の栄光と挫折そして自分を見つめ直す姿を描く、製作総指揮ジョージ・クルーニー、監督スティーヴン・ヘレク、主演マーク・ウォールバーグジェニファー・アニストンドミニク・ウェストジェイソン・フレミングティモシー・スポールティモシー・オリファント他共演のドラマ。


ドラマ(ミュージカル)

ジョージ・クルーニー / George Clooney 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:スティーヴン・ヘレク
製作
ロバート・ローレンス
トビー・ジャッフェ
製作総指揮
ジョージ・クルーニー
マイク・オクレント
スティーヴン・ルーサー
脚本:ジョン・ストックウェル
撮影:ウエリ・スタイガー
編集:トルーディ・シップ
音楽:トレヴァー・ラビン

出演
クリス“イジー”コール:マーク・ウォールバーグ
エミリー・ポール:ジェニファー・アニストン
カーク・カディ:ドミニク・ウェスト
ボビー・ビアーズ:ジェイソン・フレミング
マッツ:ティモシー・スポール
ロブ・マルコム:ティモシー・オリファント
A.C.:ジェイソン・ボーナム
ジョーゲン:ジェフ・ピルソン
ジョー・コール:マシュー・グレイヴ
ゴード:ザック・ワイルド
ドニー・ジョンソン:ブラス・エリアス
ザンダー・カミンズ:ニック・カタネーゼ
リッキー・ベル:ブライアン・ヴァンダー・アーク
カークの妻:ハイジ・マーク
A.C.の妻:レイチェル・ハンター
ジョーゲンの妻:エイミー・ミラー
マイク/トール:マイルズ・ケネディ
マーシー:カーラ・ゼディカー
ターニャ・アッシャー:ダグマーラ・ドミンスク
ジョー・コールSr.:マイケル・シェイマス・ワイルズ
コール夫人:ベス・グラント

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ(北米)
スタジオカナル(世界)
2001年製作 105分
公開
北米:2001年9月7日
日本:2001年10月6日
製作費 $57,000,000
北米興行収入 $16,991,900
世界 $19,334,150


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1980年代、ピッツバーグ
ローカル・バンドのボーカルであるクリス・コール(マーク・ウォールバーグ)は、人気ヘビー・メタル・バンド”スティール・ドラゴン”のボーカル、ボビー・ビアーズ(ジェイソン・フレミング)に憧れ、バンド”ブラッド・ポリューション”で完璧なコピーをしていた。

スティール・ドラゴンのコンサート会場に向かったクリスは、自分達のライブのチラシを配り宣伝する。

スティール・ドラゴンのコンサートで熱狂したクリスは、恋人でマネージャーのエミリー・ポール(ジェニファー・アニストン)とバンド・メンバーのロブ・マルコム(ティモシー・オリファント)らと共に駐車場に向かう。

ライバルのバンドが自分達のチラシを捨てていたため、言い争いになったクリスらは喧嘩を始める。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1980年代、ピッツバーグ
ローカル・バンドのボーカルであるクリス・コールは、人気ヘビー・メタル・バンド”スティール・ドラゴン”のボーカル、ボビー・ビアーズに憧れ、完璧なコピーをしていた。
バンド・メンバーのロブから、オリジナルで攻めるべきと言われたクリスは納得できず、恋人でマネージャーのエミリーと共にバンドを去る。
その後、スティール・ドラゴンのカークからの誘いを受けたクリスは、エミリーと共にロサンゼルスに向かい、バンドを抜けるボビーに代わりボーカルに抜擢される。
夢のような世界に入ることができたクリスはイジーと名前を変え、最初のステージを成功させて一夜にしてスターとなる。
富も名声も手に入れたイジーは夢の世界に浸るものの、酒やドラッグとセックスに溺れる生活に馴染めないエミリーは、彼の元を去る・・・。
__________

憧れのヘビー・メタル・バンドのボーカルとなったシンデレラ・ボーイが体験する、栄光と挫折、そして人生を見つめ直す姿を描くドラマ。

ジョージ・クルーニーが製作総指揮を担当し、兄ドニー・ウォールバーグと共に”ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック”の前身”ナヌーク”に参加していたマーク・ウォールバーグをはじめ、”ブラック・レーベル・ソサイアティ”のボーカル兼ギタリストのザック・ワイルド、”レッド・ツェッペリン”のドラマーで故ジョン・ボーナムの息子ジェイソン・ボーナム、”ドッケン”のベーシストのジェフ・ピルソン、クライマックスで主人公の代役となる”アルター・ブリッジ”のマイルズ・ケネディなど、プロのミュージシャンが出演して熱演しているのはファン必見だ。

無名に近いローカル・ミュージシャンの青年が掴む栄光と挫折、そして成長を描く内容はご都合主義的なところはあるが、異次元の世界であるロック界の内情などを、異様なムードで生々しく描くスティーヴン・ヘレクの迫力ある演出は見ものだ。

主演のマーク・ウォールバーグは、実際に元ミュージシャンだっただけあり、はまり役とも言える主人公を熱演し、クライマックスで、かつての仲間とオリジナル曲でバンドを再結成する穏やかな表情が実にいい。

主人公を支えるマネージャーでもあり、派手さだけでなく思慮深い女性を好演するジェニファー・アニストン、スティール・ドラゴンのリズム・ギタリストのドミニク・ウェスト(妻ハイジ・マーク)、ボーカルのジェイソン・フレミング、主人公の気持ちを理解するマネージャーをいい雰囲気で演ずるティモシー・スポール、主人公のかつてのバンド仲間ティモシー・オリファント、スティール・ドラゴンのドラマー、ジェイソン・ボーナム(妻レイチェル・ハンター)、ベーシストのジェフ・ピルソン(妻エイミー・ミラー)、リード・ギターのザック・ワイルド、主人公のかつてのバンド仲間ブラス・エリアスニック・カタネーゼブライアン・ヴァンダー・アーク、クライマックスで主人公がステージに上げる青年マイルズ・ケネディ、エミリー(ジェニファー・アニストン)の友人カーラ・ゼディカー、スティール・ドラゴンのスタッフで、女ではなかったという役柄のダグマーラ・ドミンスク、主人公の兄マシュー・グレイヴ、両親マイケル・シェイマス・ワイルズベス・グラントなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020