4312 Movies

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期 Bridget Jones’s Baby (2016)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズ第三作。
40歳を過ぎて遂に妊娠したブリジットの恋の行方を描く、監督シャロン・マグワイア、主演レニー・ゼルウィガーコリン・ファースパトリック・デンプシージム・ブロードベントジェマ・ジョーンズエマ・トンプソン他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト
監督:シャロン・マグワイア
製作
ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
デブラ・ヘイワード
製作総指揮
アメリア・グレインジャー
ライザ・チェイシン
ヘレン・フィールディング
原案:ヘレン・フィールディング
脚本
ヘレン・フィールディング
ダン・メイザー
エマ・トンプソン
撮影:アンドリュー・ダン
編集:メラニー・アン・オリヴァー
音楽:クレイグ・アームストロング

出演
ブリジット・ジョーンズ:レニー・ゼルウィガー
マーク・ダーシー:コリン・ファース
ジャック・クワント:パトリック・デンプシー
コリン・ジョーンズ:ジム・ブロードベント
パメラ・ジョーンズ:ジェマ・ジョーンズ
ローリングス医師:エマ・トンプソン
シャロン”シャザー”:サリー・フィリップス
ジュード:シャーリー・ヘンダーソン
トム:ジェームズ・キャリス
ミランダ:サラ・ソルマーニ
アリス・ピーボディー:ケイト・オフリン
エドワード:メートランド・チャンドラー
ファーガス:ジュリアン・リンド=タット
ギレス:ベン・ウィルボンド
リチャード・フィンチ:ニール・ピアソン
キャシー:ジョアンナ・スキャンラン
ジアーニ:エンゾ・シレンティ
マグダ:ジェシカ・ハインズ
ウナ・アルコンバーニー:セリア・イムリー
ジェフリー:ジェームズ・フォークナー
ダニエルの葬儀でスピーチする女性:カーチャ・エリザローヴァ
本人:エド・シーラン

イギリス/フランス/アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2016年製作 123分
公開
イギリス:2016年9月16日
フランス:2016年10月5日
北米:2016年9月16日
日本:2016年10月29日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $24,089,470
世界 $211,952,400


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロンドン、5月9日。
43歳の誕生日を一人で過ごすブリジット・ジョーンズ(レニー・ゼルウィガー)は、今年も寂しい思いをしていた。

12時間前。
母パメラ(ジェマ・ジョーンズ)からの誕生日のお祝い電話で目覚めたブリジットは、村議会選に立候補するためのメディア戦力を任される。

飛行機事故で亡くなったダニエル・クリーヴァー(ヒュー・グラント)の葬儀に出席したブリジットは、親友のシャロン”シャザー”(サリー・フィリップス)と夫のファーガス(ジュリアン・リンド=タット)、ジュード(シャーリー・ヘンダーソン)と夫のギレス(ベン・ウィルボンド)らと式が始まるのを待つ。

そこに、元恋人のマーク・ダーシー(コリン・ファース)が妻カミラと共に現れたため、ブリジットは驚く。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ブリジット・ジョーンズの日記」(2001)
・「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月」(2004)
・「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」(2016)

*(簡略ストー リー)
ロンドン
43歳の誕生日を一人で過ごしたブリジット・ジョーンズは、テレビ局の同僚ミランダと共に野外ライブに向かう。
そこで出会ったアメリカ人のジャックと、ブリジットは愛し合ってしまう。
その1週間後、事故死したダニエルの葬儀で再会していた元恋人のマークと洗礼式でも会ったブリジットは、過去を思い出しながら愛し合てしまう。
結局うまくいかなかった以前のこと思うと、マークを受け入れられないブリジットは、彼の元を去る。
そんなブリジットはなんと妊娠してしまい、父親かマークかジャックか不明なまま、戸惑いながら出産に備えるのだが・・・。
_________

第二作から12年振りとなる続編で、第一作のシャロン・マグワイアが再び監督し、出演も兼ねるエマ・トンプソンが、原作者のヘレン・フィールディングダン・メイザーと共に脚本を担当している。

40代になった主人公が、いまだにパートナーがいない寂しい日々を送る状況から、成り行きで遂に妊娠するという大胆な内容になっている。
更に、父親候補の二人を相手に巻き起こる騒動が実に愉快で、切ない女心と共に最高の喜びを得ることができる女性の姿が描かれている。

実年齢が40代半ばだと言えばそれまでだが、急激に老けてしまったレニー・ゼルウィガーの容姿ばかりが話題にもなった作品。
メイクにいくらでもかけられるハリウッド女優としてはあまりにも不自然、普通の女性と考えれば自然・・・いずれにしても世間を騒がせたのは事実だ。

アメリカ人のレニー・ゼルウィガーの主演作にも拘らず、北米では今一、受けないシリーズでもあり、本作は三作中最低の興行収入約2400万ドルに終わった。
ところが、前二作同様世界での人気は高く、トータルでは約2億1200万ドルの大ヒットとなった。

主演のレニー・ゼルウィガーは、賛否両論あるものの、不安や焦りと共に幸せを手に入れる、揺れ動く女心を変幻自在に演じ熱演はしている。

主人公を忘れることができなかった堅物の弁護士コリン・ファース、その恋敵となる、デーティング・サイトの運営者であるアメリカ人大富豪のパトリック・デンプシー、主人公の両親ジム・ブロードベントジェマ・ジョーンズ、主人公の主治医である産婦人科医エマ・トンプソン、主人公の友人サリー・フィリップス(夫ジュリアン・リンド=タット)、シャーリー・ヘンダーソン(夫ベン・ウィルボンド)、ジェームズ・キャリス、主人公の同僚であるキャスターのサラ・ソルマーニ、主人公のボス、ケイト・オフリン、主人公を擁護するディレクターのニール・ピアソン、メイク担当のジョアンナ・スキャンラン、イタリアン・レストランの店主エンゾ・シレンティ、主人公の友人ジェシカ・ハインズ、パメラ(ジェマ・ジョーンズ)の友人セリア・イムリー、主人公のおじジェームズ・フォークナー、ダニエル(ヒュー・グラント)の葬儀でスピーチする女性カーチャ・エリザローヴァ、そして、野外ライブのシーンでエド・シーランが本人役で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020