4218 Movies

レッド・ライト Red Lights (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

超常現象を疑問視する科学者が伝説の超能力者の嘘を暴こうとする姿を描く、製作、監督、脚本、編集ロドリゴ・コルテスキリアン・マーフィーシガニー・ウィーバーロバート・デ・ニーロ他共演のスリラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ロドリゴ・コルテス
製作
ロドリゴ・コルテス

アドリアン・グエラ
製作総指揮
リサ・ウィルソン

シンディ・コーワン
脚本:ロドリゴ・コルテス
撮影:シャビ・ヒメネス
編集:ロドリゴ・コルテス
音楽:ビクトル・レイエス

出演
トム・バックリー:キリアン・マーフィー

マーガレット・マシスン:シガニー・ウィーバー
サイモン・シルヴァー博士:ロバート・デ・ニーロ
サリー・オーウェン:エリザベス・オルセン
ベン:クレイグ・ロバーツ
ポール・シャクルトン博士:トビー・ジョーンズ
モニカ・ハンセン:ジョエリー・リチャードソン
レオナルド”レオ”パラディーノ:レオナルド・スバラグリア
ベネディクト・コーエン:バーン・ゴーマン

アメリカ/スペイン 映画
配給 ライオンズゲート

2012年製作 113分
公開
北米:2012年7月13日
スペイン:2012年3月2日
日本:2013年2月15日
製作費 €14,000,000
北米興行収入 $52,620
世界 $13,551,170


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
物理学者である大学教授のマーガレット・マシスン(シガニー・ウィーバー)は、助手のトム・バックリー(キリアン・マーフィー)と共に、超能力を疑問視する立場で、それを科学的に解明していた。

引っ越したばかりの家で超常現象に苦しむ家族の元に向かった二人は、夫妻と霊媒師と共にその現象を確認する。

よくある”トリック”だと判断したマシスンは、霊媒師だという美容師を追い出すよう主人に伝えてその場を去る。

大学の講義で超常現象を装うトリックを学生に説明したマシスンは、この30年間、自分の前では”奇跡”が起きていないことを話す。

SPRC/超常現象研究センターの責任者であるポール・シャクルトン博士(トビー・ジョーンズ)は、マシスンの考えに批判的だった。

それを気にしないマシスンに、手を組むことを提案して協力を求めるシャクルトンだったが、相手にしてもらえない。

その頃、1960-1970年代に活躍し、突然、姿を消した盲目の超能力者サイモン・シルヴァー(ロバート・デ・ニーロ)が、活動を再開して大きな話題となる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
物理学者のマーガレット・マシスンは、助手トム・バックリーと共に、超常現象の嘘を科学的に暴いていた。
1960-1970年代に活躍した、盲目である伝説の超能力者サイモン・シルヴァーが活動を再開するのだが、彼と対立した過去があるマシスンは、その動向を気にする。
昏睡状態の息子がいるマシスンは、シルヴァーに、息子が行きたいと考えていると言われて、一瞬、それを信じたことを悔やんでいたのだった。
シルヴァーの調査が必要であることを提案するバックリーだったが、マシスンから、それは危険なことだと忠告される。
それを無視したバックリーは、シルヴァーに接近するのだが・・・。
__________

リミット」(2010)で注目されたスペイン人監督ロドリゴ・コルテスが、当代きっての演技派であえるロバート・デ・ニーロシガニー・ウィーバーキリアン・マーフィーを起用した異色のスリラー。

助手として登場するキリアン・マーフィーが、恩師でもある共同研究者の死後から、一気に存在感を示していく展開が興味深い。

クライマックスで主人公に関する秘密が明らかになり、ドラマは大いに盛り上がる。
その、明かされる真実のヒントになるショットが随所に挿入されている演出など、製作、脚本を兼ねるロドリゴ・コルテスの巧みな演出も見どころの作品。

超常現象を疑問視する科学者を個性派らしく熱演するキリアン・マーフィー、その共同研究者である大学教授のシガニー・ウィーバー、伝説の超能力者ロバート・デ・ニーロ、主人公達の助手である学生のエリザベス・オルセンクレイグ・ロバーツ、超常現象を研究する大学教授のトビー・ジョーンズ、超能力者の代理人役ジョエリー・リチャードソン、超能力者役のレオナルド・スバラグリアバーン・ゴーマンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020