4216 Movies

バーニング・クロス Alex Cross (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

謎の殺し屋が引き起こす殺人事件を追う犯罪心理学者の刑事と同僚の巨悪に対する戦いを描く、監督ロブ・コーエン、主演タイラー・ペリーエドワード・バーンズマシュー・フォックスジャン・レノ他共演のクライム・サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ロブ・コーエン
製作
ビル・ブロック

ポール・ハンソン
ジェームズ・パターソン
製作総指揮
ジョージ・ファーラ

ステパン・マーティローシアン
レミントン・チェイス他
原作:ジェームズ・パターソンCross
脚本
マーク・モス

ケリー・ウィリアムソン
撮影:リカルド・デラ・ロサ
編集
マット・ディーゼル

トム・ノーブル
音楽:ジョン・デブニー

出演
アレックス・クロス:タイラー・ペリー

トミー・ケイン:エドワード・バーンズ
ピカソ:マシュー・フォックス
ジレス・メルシエ:ジャン・レノ
マリア・クロス:カルメン・イジョゴ
ナナ・クロス:シシリー・タイソン
モニカ・アッシュ:レイチェル・ニコルズ
ブルックウェル署長:ジョン・C・マッギンリー
エリック・ヌネマッカー:ヴェルナー・ダーエン
ジャネル・クロス:ヤラ・シャヒディ
ファン・ヤオ・リー:ステファニー・ジェイコブセン
ダラマス・ホリデー:ジャンカルロ・エスポジート

アメリカ 映画
配給
サミット・エンターテインメント

ライオンズゲート
2012年製作 101分
公開
北米:2012年10月19日
日本:2013年2月16日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $25,739,760
世界 $34,588,410


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
デトロイト
犯罪心理学者でもある刑事アレックス・クロス(タイラー・ペリー)は、妻マリア(カルメン・イジョゴ)と娘ジャネル(ヤラ・シャヒディ)と母親ナナ(シシリー・タイソン)と共に郊外に暮らしていた。

ある日クロスは、マリアの妊娠を知らされて喜ぶ。

殺し屋ピカソ(マシュー・フォックス)は、格闘技で自分の強さを証明し、ある女性ファン・ヤオ・リー(ステファニー・ジェイコブセン)に誘われる。

ファン・ヤオに薬物を投与したピカソは、彼女と護衛ら4人を殺害する。

現場を調べたブルックウェル署長(ジョン・C・マッギンリー)は、クロスと相棒のトミー・ケイン(エドワード・バーンズ)に事件を担当させる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

2006年に発表された、ジェームズ・パターソンの小説”Cross”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
デトロイト
犯罪心理学者でもある刑事アレックス・クロスは、妻マリアから妊娠を知らされて喜ぶ。
ある殺人事件を、幼馴染みでもある相棒ケインと担当したクロスは、被害者が、大富豪メルシエと外資系企業のヌネマッカーと関係していたことを知る。
ヌネマッカーと会ったクロスらだったが、殺し屋ピカソが既にその場に侵入していた。
ピカソは、ヌネマッカー殺害に失敗してその場を逃れる。
そしてピカソは、邪魔者であるクロスとその家族の命を狙う・・・。
__________

本国アメリカでは、日本で考えられないほどの人気を誇るタイラー・ペリーの主演作であり、多才な彼の魅力を楽しめる作品ではある。

知的でもある巨漢(196cm)のタイラー・ペリーは、周囲を圧倒する存在感で犯罪捜査に挑む。

しかし、内容自体にそれほど緊迫感もなく、ロブ・コーエンの演出他、脚本も平凡で、期待の主演タイラー・ペリーも、ラジー賞にノミネートされてしまった。

何か錯覚を起こさせようとしているような、いかにも安っぽい邦題も気になり、出演者を確認しなければ鑑賞しようとは思えない。

共演者はなかなか豪華で、主人公の幼馴染みである相棒役のエドワード・バーンズ、謎の殺し屋役マシュー・フォックス、市民派の大富豪ジャン・レノ、主人公の妻役カルメン・イジョゴ、母親役シシリー・タイソン、主人公の同僚役レイチェル・ニコルズ、警察署長ジョン・C・マッギンリー、外資系企業のオーナー、ヴェルナー・ダーエン、同じくステファニー・ジェイコブセン、主人公の娘役ヤラ・シャヒデ、ギャングのボス、ジャンカルロ・エスポジートなども共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020