4501 Movies

ロンメル軍団を叩け Raid on Rommel (1971)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

第二次大戦下の北アフリカ戦線エルヴィン・ロンメル率いるドイツ・アフリカ軍団に占領されたトブルクイギリス軍による沿岸砲破壊作戦を描く、監督ヘンリー・ハサウェイ、主演リチャード・バートンジョン・コリコスクリントン・グレインヴォルフガング・プライスカール=オットー・アルベルティダニエル・デ・メッツ他共演の戦争アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:ヘンリー・ハサウェイ

製作:ハリー・テートルマン
脚本:リチャード・M・ブリュエル
撮影:アール・ラス
編集:ジーン・パーマー
音楽:ハル・ムーニー

出演
アレックス・フォスター大尉:リチャード・バートン
アラン・マッケンジー曹長:ジョン・コリコス
ヒュー・ターキントン少佐:クリントン・グレイン
エルヴィン・ロンメル元帥:ヴォルフガング・プライス
ハインツ・シュレーダー大尉:カール=オットー・アルベルティ
ヴィヴィアンヌ:ダニエル・デ・メッツ
ダン・ガース:ジョン・オーチャード
ジョー・ライリー:ブルック・ウィリアムズ
エド・ブラウン:グレッグ・マラヴィー
ビル・ウェンブリー:マイケル・サヴァリード
ピーター・メリヒュー:クリストファー・ケリー
提督:ベン・ライト

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1971年製作 98分
公開
北米:1971年2月12日
日本:1971年6月日12


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1943年、リビア
3年間に渡る激しい砂漠の戦いの末にロンメルドイツ・アフリカ軍団イギリス陸軍を追い込んだ。

イギリス陸軍情報部のアレックス・フォスター大尉(リチャード・バートン)は、襲撃されたように見せかけた半装軌車に乗り砂漠を進む。

第15野戦病院。
イギリス軍を降伏させたドイツ軍のハインツ・シュレーダー大尉(カール=オットー・アルベルティ)は、トブルクから到着した友軍機を迎える。

伝令を受け取ったシュレーダーは、捕虜であるイギリス陸軍の軍医ヒュー・ターキントン少佐(クリントン・グレイン)に、現地に向けて全員、出発することを伝えて準備をさせようとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1943年、リビア
ロンメルドイツ・アフリカ軍団イギリス陸軍を追い込みトブルクを占領していた。
イギリス陸軍情報部のアレックス・フォスター大尉は、地中海艦隊の反撃作戦のために、トブルクの沿岸砲破壊の任務を受けて第5コマンド部隊を捜す。
野戦病院を占拠していたドイツ軍のシュレーダー大尉は、捕虜である軍医ターキントン少佐らイギリスの医療隊と患者をトブルクに移送する指示を受けて出発する。
途中、負傷者を装うフォスターを発見したシュレーダーは、隙を見て襲い掛かった敵に指揮権を奪われて置き去りにされる。
患者の中にコマンド部隊のマッケンジー曹長らがいることを知ったフォスターは、トブルクの沿岸砲破壊作戦のことを話し、現地に向かおうとするのだが・・・。
__________

エルヴィン・ロンメル率いるドイツ・アフリカ軍団に占領されたトブルクを奪い返すため、イギリス地中海艦隊の反撃に備えた沿岸砲破壊作戦を描く作品。

多くの名作を残したヘンリー・ハサウェイの晩年の作品であり、既に70歳を過ぎていた彼の力強い演出が見所の戦争映画。

選び抜かれた精鋭が計画を進めるコマンド作戦ではなく、医療隊と患者だったコマンド部隊員を指揮するイギリス情報部の士官らの命懸けの戦いを描く内容に面白味がある。

ユーモアを交えたヘンリー・ハサウェイの演出は軽快で、アクションシーンを含め全く衰えを感じさせない、すさまじい迫力で展開する。

アリゾナのロケが、いかにもアメリカ的なロケーションなのだが、砂漠と海岸線(メキシコ)など、なかなかいい雰囲気を出している。

当然とも言えるが、エルヴィン・ロンメルがドラマに大きく絡んでくる内容は注目で、切手収集家のエピソードなど、英雄として愛された彼の人間性を描く描写も見逃せない。

また、多くのシーンは同じユニバーサル作品の「トブルク戦線」(1967)から流用され、ストーリーも似ている。

主演のリチャード・バートンは、トブルクの沿岸砲破壊作戦の任務を受け、命を懸けて戦うイギリス情報部の大尉を熱演している。

主人公の副官的な存在となり戦いに挑むコマンド部隊の曹長ジョン・コリコス、軍医であるために主人公への協力を拒む堅物のような人物だったが、意外にもユーモアを含めた演技で楽しませてくれるクリントン・グレインエルヴィン・ロンメルを雰囲気ある演技で演じ、いつもながらドイツ軍人が似合うヴォルフガング・プライス、同じくドイツ軍役者として知られる、移送部隊の指揮官カール=オットー・アルベルティイタリア軍司令官の女という役柄の紅一点ダニエル・デ・メッツ、コマンド部隊員ジョン・オーチャードブルック・ウィリアムズグレッグ・マラヴィー、マイケル・サヴァリード、クエーカー教徒であるために戦闘を拒む医療隊員クリストファー・ケリー、イギリス地中海艦隊の司令官ベン・ライトなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021