4505 Movies

怒りの夜明け Rage at Dawn (1955)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

悪党兄弟”リノ・ギャング”を捕えるために探偵社から派遣された元諜報員の活動を描く、監督ティム・フェーラン、主演ランドルフ・スコットフォレスト・タッカーマラ・パワーズJ・キャロル・ナッシュ他共演の西部劇。


西部劇


スタッフ キャスト
監督:ティム・フェーラン
製作:ナット・ホルト
原案:フランク・グルーバー
脚本:ホレス・マッコイ
撮影:レイ・レナハン
編集:ハリー・マーカー
音楽:ポール・ソーテル

出演
ジェームズ・バーロウ:ランドルフ・スコット
フランク・リノ:フォレスト・タッカー
ローラ・リノ:マラ・パワーズ
シメオン”シム”リノ:J・キャロル・ナッシュ
判事:エドガー・ブキャナン
ジョン・リノ:マイロン・ヒーリー
ラティモア検事:ハワード・ペトリー
シーモアの保安官:レイ・ティール
ウィリアム・ピーターソン:ウィリアム・フォレスト
クリント・リノ:デンバー・パイル
フィッシャー:トレヴァー・バルデット
モンク・クラクストン:ケネス・トビー

アメリカ 映画
配給 RKO
1955年製作 87分
公開
北米:1955年6月2日
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
リノ・ギャング/ノ兄弟”のうち、クリントは尊敬される農夫だった。

しかし、フランク、シム、ジョン、ビルは、アメリカの歴史上で初めて列車強盗を行い、悪事の限りを尽くした。

彼らは、後の”ジェイムズ=ヤンガー・ギャング”や”ダルトン・ギャング”に影響を与えた。

1866年、インディアナ州南部。
フランク・リノ(フォレスト・タッカー)、シメオン”シム”(J・キャロル・ナッシュ)、ビル、ジョン(マイロン・ヒーリー)らリノ兄弟は、銀行を襲うためにノース・バーノンに向かう。

兄弟が来ることを察知したモーズリー保安官は、人々にそれを伝えて警戒させる。

町に着いたフランクらは、銀行の前に馬車を止めて中に入ろうとする。

発砲された兄弟は反撃して銃撃戦となり、ビルが射殺されたために、その場から逃げる。

兄弟を追ったモーズリーらだったが、郡境で追跡を諦めて町の戻る。

家に戻ったフランクらは、妹のローラ(マラ・パワーズ)から、悪事を続けることを批判される。

フランクは、襲撃を知られていたにも拘らず実行したことを悔やみ、現れたクリント(デンバー・パイル)からも、ビルを見捨てたことを非難される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1866年、インディアナ州南部。
リノ兄弟”フランク、シム、ジョンは、判事や検事、保安官と手を組み、悪事の限りを尽くしていた。
ピーターソン探偵社は、元諜報員であるジェームズ・バーロウを雇い、モンクと共にリノ兄弟に近づかせようとする。
列車強盗に扮したバーロウとモンクは兄弟を信用させて接触し、判事らに大金を強奪する情報を流し、彼らを騙して悪事を暴こうとするのだが・・・。
__________

南北戦争時代から戦後にかけてアメリカの中西部で活動した悪党集団”リノ・ギャング/ノ兄弟”を捕らえるために、探偵社から派遣された”アメリカ連合国”の元諜報員の活動を描く西部劇。

サイレント時代から、製作者、脚本家として活躍していたティム・フェーランの監督作品であり、彼にとっては本作が遺作となった。

初めて列車強盗をしたことでも知られる、アメリカ史に残る悪党として有名な”リノ・ギャング/ノ兄弟”が登場することがまず興味深い。

悪党一家の中で、住人から尊敬されるクリントと、兄たちの世話をする妹ローラ存在も、物語にアクセントを加えている。

更には、探偵社から派遣される元諜報員の巧妙な潜入活動など、西部劇の醍醐味も満載の見応えある作品に仕上がっている。

主演のランドルフ・スコットは上映から30分ほどしないと登場しないのだが、勢いだけで悪事を働くリノ兄弟や悪徳判事らを手玉にとる元諜報員を、ユーモアをまじえて見事に演じている。

ランドルフ・スコットとは親子ほど年齢が違うものの体格と貫禄では負けていない、リノ兄弟のリーダーとして悪事を繰り返すフランク・リノを熱演するフォレスト・タッカー、その妹で主人公に惹かれるローラ役のマラ・パワーズ、悪党兄弟のシメオン”シム”役J・キャロル・ナッシュ、ジョンのマイロン・ヒーリー、悪徳判事のエドガー・ブキャナン、同じく検事のハワード・ペトリー、同じく保安官のレイ・ティール、探偵社の経営者ウィリアム・フォレスト、兄弟の中で悪事には関係せず人々に尊敬されている農夫クリントのデンバー・パイル、雑貨店の店主トレヴァー・バルデット、主人公と共に兄弟の悪事を暴こうとするケネス・トビーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021