4505 Movies

遠い夜明け Cry Freedom (1987)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1978年に発表された、ドナルド・ウッズの著書”Biko”と”Asking for Trouble”を基に製作された作品。
南アフリカ黒人意識運動の中心人物である活動家スティーヴ・ビコと彼を指示したジャーナリストのドナルド・ウッズとの交流を描く、製作、監督リチャード・アッテンボロー、主演ケヴィン・クラインデンゼル・ワシントンペネロープ・ウィルトンケヴィン・マクナリー他共演のドラマ。


ドラマ

デンゼル・ワシントン / Denzel Washington 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:リチャード・アッテンボロー

製作:リチャード・アッテンボロー
原作:ドナルド・ウッズBiko”、”Asking for Trouble”
脚本:ジョン・ブライリー
撮影:ロニー・テイラー
編集:レスリー・ウォーカー
音楽
ジョージ・フェントン
ヨナス・グワングワ

出演
ドナルド・ウッズケヴィン・クライン
スティーヴ・ビコデンゼル・ワシントン
ウェンディ・ウッズペネロープ・ウィルトン
レソト駐在高等弁務官代理:アレック・マッコーエン
ケン・ロバートソン:ケヴィン・マクナリー
検察官:イアン・リチャードソン
ジミー・クルーガー法務大臣:ジョン・ソウ
デウェット警部:ティモシー・ウェスト
マンペラ・ランペーレ医師:ジョセット・サイモン
ブルース・ヘイジョン・ハーグリーブス
レミック:マイルス・アンダーソン
カニ神父:ゼイクス・モカエ
マペトラ:ジョン・マッシキザ
ンツィキ・ビコ:ジュアニタ・ウォーターマン
ドン・カード:ジュリアン・グローヴァー

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1987年製作 157分
公開
イギリス:1987年11月26日
北米:1987年11月6日
日本:1988年2月27日
製作費 $29,000,000
北米興行収入 $5,899,800


アカデミー賞
第60回アカデミー賞

・ノミネート
助演男優賞(デンゼル・ワシントン
作曲・歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1975年11月24日、早朝、南アフリカケープ州、クロスロード居住区。
政府は、公衆衛生、治安維持の目的で黒人居住者を排除する。

目覚めたマンペラ・ランペーレ医師(ジョセット・サイモン)は、ラジオで事件を知り、黒人意識運動の中心人物である活動家スティーヴ・ビコデンゼル・ワシントン)の身を案ずる。

リベラル派のジャーナリストで新聞社”デイリー・ディスパッチ”のドナルド・ウッズケヴィン・クライン)は、カメラマンのケン・ロバートソン(ケヴィン・マクナリー)から、事件現場の写真を見せられる。

ビコを白人差別主義者と呼び記事にしたウッズに会ったランペーレは、黒人差別とは闘っていると言う彼から、白人憎悪を煽るビコとも戦う考えを聞く。

反論できない立場のビコに会いに行くべきだと言われたウッズは、真実を知れば、この国を救える者の1人だと話すランペーレから、軟禁状態のビコの居場所を知らされる。

キング・ウィリアムズ・タウン
教会に向かったウッズは、ビコの妻(ジュアニタ・ウォーターマン)に迎られ、カニ神父(ゼイクス・モカエ)が、この場をコミュニティー・センターにしていることを知る。

ビコに会ったウッズは、互いの立場を理解して話をする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
南アフリカケープ州イースト・ロンドン
リベラル派のジャーナリスト、ドナルド・ウッズは、黒人意識運動の中心人物である活動家スティーヴ・ビコに興味を持ち、監視され軟禁状態の彼に接触して親交を深める。
ビコの考えを指示したウッズだったが、ビコは、逮捕拘留中に重度な脳障害を負い死亡してしまう。
ビコの死の真相を突き止めようとしたウッズは、それに関する記事を書いたために、警察に監視されて仕事も禁止される状況となる。
イギリスビコに関する著書を出版する考えがあるウッズは、家族と共に政治亡命する決意をして、計画を実行に移すのだが・・・。
_________

ガンジー」(1982)でアカデミー作品賞と監督賞を獲得したリチャード・アッテンボローが、”アパルトヘイト抵抗運動”の活動家である、若くしてこの世を去ったスティーヴ・ビコと、彼の考えを指示したジャーナリスト、ドナルド・ウッズとの交流を描いたドラマ。

物語は、1975年の南アフリカ政府によるクロスロード黒人居住区の排除から始まり、主人公とドナルド・ウッズと親交を深めたスティーヴ・ビコは、中盤前に拘束中に亡くなってしまう。
後半は、ビコの死の真相の解明と政府に抵抗することを決めた、ドナルド・ウッズとその家族の自由を求めた亡命計画が描かれている。

前半の繊細な人間描写と、後半の亡命計画のサスペンスとしての面白味を加えた見応えのある内容と共に、リチャード・アッテンボローの訴えようとするアパルトヘイトへの問題提起など、深く考えさせられる作品に仕上がっている。

主演のケヴィン・クラインは、スティーヴ・ビコとの親交を深め、彼の考えを理解するドナルド・ウッズを好演している。

スティーヴ・ビコの思想や人間性を見事に表現し演じたデンゼル・ワシントンの演技は絶賛され、第60回アカデミー賞では助演男優賞にノミネートされた。
*他のノミネート
作曲・歌曲賞

主人公である夫を支える妻ウェンディ・ウッズを印象的に演ずるペネロープ・ウィルトンレソト駐在高等弁務官代理のアレック・マッコーエン、主人公に協力するカメラマンのケヴィン・マクナリー、検察官のイアン・リチャードソン、主人公を裏切るジミー・クルーガー法務大臣のジョン・ソウ、主人公らに嫌がらせをする警部ティモシー・ウェストビコと共に活動するマンペラ・ランペーレ医師のジョセット・サイモン、主人公の亡命計画に協力するオーストラリア人の外交官ブルース・ヘイジョン・ハーグリーブス、警官のマイルス・アンダーソン、主人公に協力する神父のゼイクス・モカエビコと共に活動する青年ジョン・マッシキザビコの妻ジュアニタ・ウォーターマン、主人公の協力者ジュリアン・グローヴァーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021