4213 Movies

Q&A (1990)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

若い検事補が担当する刑事の正当防衛による射殺事件を描く、監督シドニー・ルメット、主演ニック・ノルティティモシー・ハットンアーマンド・アサンテ他共演の社会派犯罪ドラマ。


ドラマ(社会派)


スタッフ キャスト ■
監督:シドニー・ルメット
製作総指揮
パトリック・ワックスバーガー
マイク・ワイズ
製作
アーノン・ミルチャン

バート・ハリス
原作:エドウィン・トーレス

脚本:シドニー・ルメット
撮影:アンジェイ・バートコウィアク
編集:リチャード・P・シリンシオーネ
音楽:ルーベン・ブラデス

出演
マイケル”マイク”ブレナン警部補:ニック・ノルティ

アロイシャス”アル”ライリー地方検事補:ティモシー・ハットン
ロベルト”ボビー・テックス”テキサドール:アーマンド・アサンテ
ケヴィン・クイン:パトリック・オニール
レオ・ブルーメンフェルド検事:リー・リチャードソン
ルイス・ヴァレンタイン:ルイス・ガスマン
サム”チャッピー”チャップマン:チャールズ・S・ダットン
ナンシー・ボッシュ:ジェニー・ルメット
ロジャー・モンタルヴォ:ポール・カルデロン
ラリー・ペッシュ:ドミニク・チアニーズ
ザッカー:モーリス・シェル

アメリカ 映画
配給 トライスター・ピクチャーズ
1990年製作 132分
公開
北米:1990年4月27日
日本:1990年11月10日
製作費 $6,000,000
北米興行収入 $11,207,890


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク市警のベテラン刑事マイケル”マイク”ブレナン警部補(ニック・ノルティ)は、プエルト・リコ系の麻薬の売人を射殺し、相手の拳銃所持を主張する。

ニューヨーク郡検察殺人課課長ケヴィン・クイン(パトリック・オニール)は、アロイシャス”アル”ライリー地方検事補(ティモシー・ハットン)を呼び出す。

ライリーは、ブレナンの麻薬の売人射殺事件を正当防衛として処置する、Q&A(尋問調書)を作ることをクインに任される。

人種差別的であり荒っぽい男のブレナンだったが、彼の証言を問題なく聞き入れ、仕事を処理したライリーは、満足した表情で仕事を終える。

その後ライリーは、プエルト・リコ系のルイス・ヴァレンタイン(ルイス・ガスマン)とアフリカ系のサム”チャッピー”チャップマン(チャールズ・S・ダットン)両刑事の協力で、後処理をしていた。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

1977年に発表された、元ニューヨーク最高裁判事のエドウィン・トーレスの同名小説を元に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
地方検事補ライリーは、郡検察殺人課課長クインから、マイケル・ブレナン刑事の正当防衛による射殺事件で、Q&A(尋問調書)を作成することを任される。
ブレナンから話を聞き、問題なく仕事を済ませようとしたライリーだったが、証人であるプエルト・リコ系のマフィアのテキサドールの愛人が、自分の元恋人ナンシーだということを知る。
テキサドールは、差別主義者で暴力的なブレナンが正当防衛をでっち上げた殺人だと主張する。
そんなライリーは、かつて、ナンシーの父親がアフリカ系だと知りそれに驚いたことで、彼女に偏見を持つ人間だと疑われていた。
そしてライリーは、権力の裏に隠された大きな陰謀に巻き込まれながら、事件の真相を探ろうとする・・・。
__________

警察と司法の癒着を、その権力に翻弄されながら正義を追及しようとする、若き検事補の苦悩と闘い描いた、アメリカの抱える問題の一つを鋭く追求する、いかにもシドニー・ルメットらしい作品。

しかも、警察内部や社会全体で蔓延する、その背景にある人種間の問題や差別と偏見、登場人物の殆どがそれを背負って生きている姿を、飾り気なく真正面から描いてもいる。

物語の中心人物は検事補だが、その威圧感で周囲を圧倒する悪徳警官のニック・ノルティは、凄まじい迫力で存在感を示している。

自身も恋人から偏見を疑われた苦い経験を持つ、検事補の苦悩を見事に演ずるティモシー・ハットン、好演が光る、悪党ではあるが筋を通すプエルト・リコ系マフィアのアーマンド・アサンテ、全ての黒幕であることを知られながらも、クライマックスで主人公に余裕を見せる姿が恐ろしい郡検察殺人課課長パトリック・オニール、彼らの犯す罪を裁ききれない検事役のリー・リチャードソン、人種の壁を感じながら職務を遂行する刑事のルイス・ガスマンチャールズ・S・ダットン、主人公の元恋人で、S・ルメットの娘ジェニー・ルメット、重要証人のポール・カルデロン、マフィアのドミニク・チェイニージ、麻薬課の刑事モーリス・シェルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020