4352 Movies

プライドと偏見 Pride & Prejudice (2005)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1813年に発表された、ジェーン・オースティン同名小説の映画化。
”高慢”と”偏見”のぶつかり合いが邪魔をしてお互い認め合うことが出来ない男女の恋を描く、監督ジョー・ライト、主演キーラ・ナイトレイマシュー・マクファディンドナルド・サザーランドブレンダ・ブレッシンジュディ・デンチロザムンド・パイクキャリー・マリガン他共演によるラブ・ストーリーの秀作。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:ジョー・ライト
製作
ティム・ビーヴァン

エリック・フェルナー
ポール・ウェブスター

製作総指揮
ライザ・チェイシン
デブラ・ヘイワード

原作:ジェーン・オースティン高慢と偏見
脚本:デボラ・モガー
撮影:ロマン・オーシン
美術・装置
サラ・グリーンウッド

ケイト・スペンサー
衣装デザイン:ジャクリーン・デュラン
編集:ポール・トシル
音楽:ダリオ・マリアネッリ

出演
エリザベス・ベネット:キーラ・ナイトレイ
フィッツウィリアム・ダーシー:マシュー・マクファディン
ベネット:ドナルド・サザーランド
ベネット夫人:ブレンダ・ブレッシン
キャサリン夫人:ジュディ・デンチ
ジェーン・ベネット:ロザムンド・パイク
チャールズ・ビングリー:サイモン・ウッズ

ウィリアム・コリンズ:トム・ホランダー
ウィッカム:ルパート・フレンド
シャーロット:クローディ・ブレイクリー
リディア・ベネット:ジェナ・マローン
キティ・ベネット:キャリー・マリガン

メアリー・ベネット:タルラ・ライリー
キャロライン・ビングリー:ケリー・ライリー

イギリス 映画
配給 フォーカス・フィーチャーズ
2005年製作 126分
公開
イギリス:2005年9月16日
北米:2005年11月11日
日本:2006年1月14日
製作費 $28,000,000
北米興行収入 $38,405,090
世界 $120,051,590


アカデミー賞 ■
第78回アカデミー賞
・ノミネート
主演女優(キーラ・ナイトレイ)
美術・衣装デザイン・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
19世紀、イングランド
郊外の屋敷の主人ベネット(ドナルド・サザーランド)は、隣の屋敷に富豪のチャールズ・ビングリー(サイモン・ウッズ)が越して来るのを知る。

興奮する妻(ブレンダ・ブレッシン)や、娘達のジェーン(ロザムンド・パイク)、エリザベス(キーラ・ナイトレイ)、キティ(キャリー・マリガン)、メアリー(タルラ・ライリー)、リディア(ジェナ・マローン)をベネットは落ち着かせる。

ビングリーの花嫁候補を5人も抱えるベネットは、妻や娘達に、翌日の舞踏会に彼が来ることを思わせ振りに伝える。

舞踏会の夜、花婿候補に目移りするベネット家の娘達は、ビングリーと、彼の親友である気難しい表情の青年フィッツウィリアム・ダーシー(マシュー・マクファディン)に紹介される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

ジェーン・オースティン同名小説は、1940年製作のグリア・ガーソンローレンス・オリヴィエ主演の同名映画他、テレビなどで何度もドラマ化された物語。

*(簡略ストー リー)
19世紀、イングランド
郊外の屋敷の主人ベネットは、隣の屋敷に、富豪のビングリーが越して来るのを知り、興奮する妻や5人の娘達を落ち着かせる。
女性には相続権がない時代、娘達は資産家に嫁ぐしかなかった。
そして、催された舞踏会の夜、ベネット家の娘達は、ビングリーと、彼の親友で気難しそうな青年ダーシーに紹介される。
長女ジェーンと踊ったビングリーは、彼女の美しさと思慮深さに惹かれる。
エリザベスはし、ダーシーが、自分にはそそられないと言い切る言葉を陰で聞いてしまう。
気の強いエリザベスは、ダーシーの高慢な態度に強い反感を示し立ち去ってしまう。
その後も、エリザベスは自らの自尊心を露にしてダーシーと接し、彼もそれを不快に思うのだが・・・。
__________

女性に相続権がない時代の、人々の婚姻に対する考えや”野望”が、生々しく展開するストーリーは実に興味深い。

初の長編作品にして、各方面から高い評価を受けたジョー・ライトの、落ち着いた映像表現に加えた、繊細で奥深く時に力強い人物描写は秀逸である。

ダリオ・マリアネッリの美しい音楽も、新緑の中の屋敷や湖などの自然を、一層鮮やかに映し出す効果を上げる。

第78回アカデミー賞では、主演女優(キーラ・ナイトレイ)、美術、衣装デザイン、作曲賞にノミネートされた。

北米興行収入はそれほど伸びなかったが、全世界では約1億2000万ドルのヒットとなった。

製作費 $28,000,000
北米興行収入 $38,405,090

主演のキーラ・ナイトレイの、気丈さと、終盤の、真実の愛を感じ取っていく感情表現は、撮影当時まだ19歳とは思えないほど素晴らしい。

紳士的に愛を告白しながら、”身分違い”を連呼するところなどが、いかにも”高慢な貴族”という感じのマシュー・マクファディン、優柔不断のようで、娘達を愛する気持ちを誰よりも持つ、ラストの安堵の表情が印象的なドナルド・サザーランド、財産を第一優先にする母親ブレンダ・ブレッシン、重厚な演技で他を圧倒する傲慢な領主ジュディ・デンチ、美しく思慮深い長女のロザムンド・パイク、押しの弱い富豪のサイモン・ウッズ、誠実ではあるが一人浮いているトム・ホランダー、実は策略家であった青年将校ルパート・フレンド、ベネット家の娘達キャリー・マリガンタルラ・ライリージェナ・マローンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020