4506 Movies

ポーキーズ/最後の反撃 Porky’s Revenge! (1985)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大ヒット爆笑コメディ「ポーキーズ」シーリーズ第三作。
卒業を控えた高校生が巻き起こす騒動を描く、監督ジェームズ・コーマック、出演ダン・モナハンマーク・ヘリアーワイアット・ナイトカーキー・ハンター他共演の青春コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ジェームズ・コーマック

製作:ロバート・L・ローゼン
製作総指揮
メルヴィン・サイモン
ミルトン・ゴールドスタイン
原案:ボブ・クラーク
脚本:ジギー・スタインバーグ
撮影:ロバート・C・ジェサップ
編集:ジョン・W・ウィーラー
音楽:デイヴ・エドモンズ

出演
エドワード”ピーウィー”モリス:ダン・モナハン
ビリー・マッカーシー:マーク・ヘリアー
トミー・ターナー:ワイアット・ナイト
ウェンディ・ウィリアムズ:カーキー・ハンター
アンソニー”ミート”トゥペレロ:トニー・ガニオス
ブライアン・シュワルツ:スコット・コロンビー
ビューラー・バルブリッカー:ナンシー・パーソンズ
カーター:エリック・クリスマス
ポーキー・ウォレス:チャック・ミッチェル
インガ・ヨハンセン:キンバリー・エヴェンソン
グッドイナフ・コーチ:ビル・ハインドマン

アメリカ 映画
配給
20世紀FOX
Astral Films
1985年製作 92分
公開
北米:1985年3月22日
日本:1986年5月24日
北米興行収入 $20,518,910


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
フロリダエバーグレーズ、”エンジェル・ビーチ高校”。
卒業式を迎えたエドワード”ピーウィー”モリス(ダン・モナハン)は、ウェンディ・ウィリアムズ(カーキー・ハンター)、ビリー・マッカーシー(マーク・ヘリアー)、トミー・ターナー(ワイアット・ナイト)、アンソニー”ミート”トゥペレロ(トニー・ガニオス)、ブライアン・シュワルツ(スコット・コロンビー)らと共に、カーター校長(エリック・クリスマス)に祝福される。

インガ・ヨハンセン(キンバリー・エヴェンソン)の後に卒業証書を受け取ったピーウィーは、ガウンが脱げて皆の前で全裸になってしまう夢を見ていたが、母(イルサ・アール)に起こされる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

参考:
・「ポーキーズ」(1981)
・「ポーキーズ2」(1983)
・「ポーキーズ/最後の反撃」(1985)

*(簡略ストー リー)
フロリダエバーグレーズ、”エンジェル・ビーチ高校”。
卒業を控えるエドワード”ピーウィー”モリスは、相変わらず友人のビリーやトミーにからかわれていた。
バスケットボール部の州大会優勝を目指すピーウィーやブライアンらは、コーチのグッドイナフが悪党のポーキーに借金をして脅されていることを知る。
グッドイナフを助けるために、のカジノ船”ポーキーズ”に向かったブライアンらは、オーナーのポーキーに見つかってしまう。
バスケットボールの試合で八百長をすることでグッドイナフの借金にけりをつけたブライアンは、試合にわざと負けることに納得でないピーウィーらと共に、ポーキーを陥れる計画を練るのだが・・・。
__________

大爆笑人気青春コメディ「ポーキーズ」シーリーズ第三作であり最終作。

前二作の製作、監督を担当したボブ・クラーク他、スタッフは一新するが、高校生を演ずる出演者はおなじみのメンバーが登場する。

一作目の勢いを維持できなかった続編に続き、マンネリ化感は拭いきれない内容なのだが、高校生が巻き起こす馬鹿げた騒動は大いに笑わせてくれる。

前作では登場しなかった”ポーキーズ”が、カジノ船として復活するのが注目で、もちろんそのオーナーである悪党のポーキー(チャック・ミッチェル)が、迫力満点で高校生達に襲い掛かる展開が見どころの作品でもある。

卒業を控え、慌ただしい毎日を送る高校生のダン・モナハン、その親友のマーク・ヘリアーワイアット・ナイトトニー・ガニオススコット・コロンビー、彼らと行動を共にする女子高生のカーキー・ハンター、今回は恋愛も経験する教師のナンシー・パーソンズ、校長のエリック・クリスマス、バスケットボール部コーチのビル・ハインドマン、ピーウィーと親交を深めるスウェーデン留学生役でプレイメイトキンバリー・エヴェンソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021