4314 Movies

ポンペイ Pompeii (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

紀元79年のヴェスヴィオ山大噴火により消滅したポンペイの悲劇と、運命を共にする男女の恋を描く、製作、監督ポール・W・S・アンダーソン、主演キット・ハリントンエミリー・ブラウニングキャリー=アン・モスキーファー・サザーランドアドウェール・アキノエ=アグバエ他共演の歴史ドラマ。


ドラマ(歴史劇)


スタッフ キャスト ■
監督:ポール・W・S・アンダーソン
製作
ポール・W・S・アンダーソン

ロバート・クルツァー
ジェレミー・ボルト

ドン・カーモディ
脚本
ジェネット・スコット・バチェラー
リー・バチェラー
マイケル・ロバート・ジョンソン
撮影:グレン・マクファーソン

編集:ミッチェル・コンロイ
音楽:クリントン・ショーター

出演
マイロ:キット・ハリントン

カッシア:エミリー・ブラウニング
アウレリア:キャリー=アン・モス
クインタス・アティウス・コルヴス:キーファー・サザーランド
アティカス:アドウェール・アキノエ=アグバエ
アリアドネ:ジェシカ・ルーカス
マーカス・カシウス・セヴェルス:ジャレッド・ハリス
グレカス:ジョー・ピングー
ベラトール:カリー・グレアム
マーカス・プロキュラス:サーシャ・ロイズ
トラキア人:マキシム・サヴァリア

アメリカ/カナダ/ドイツ 映画
配給
北米
トライスター・ピクチャーズ
フィルム・ディストリクト
ドイツ
コンスタンティン・フィルム

世界
サミット・エンターテインメント

ライオンズゲート
2014年製作 104分
公開
ドイツ:2014年2月27日
北米:2014年2月21日
日本:2014年6月7日
製作費 $100,000,000
北米興行収入 $23,219,750
世界 $117,831,630


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
紀元62年、ブリタニア北部。
ケルト人騎馬民族の反乱に対し、ローマ帝国の討伐軍司令官クインタス・アティウス・コルヴス(キーファー・サザーランドに)は容赦なく皆殺しを命じ、少年マイロは、目の前で両親を殺される。

死んだ振りをしていたマイロは、翌朝、その場を離れ、森の中で奴隷として捕えられる。

17年後、ロンディニウム
剣闘士奴隷を探していたグレカス(ジョー・ピングー)は、”ケルト人”と呼ばれる無敵の剣闘士(マイロ/キット・ハリントン)に目をつけ、部下のベラトール(カリー・グレアム)から、彼を田舎で闘わせておくべきではないと言われる。

ポンペイを目指すマイロら奴隷達は、ポンペイの統治者マーカス・カシウス・セヴェルス(ジャレッド・ハリス)の娘であるローマから戻ったカッシア(エミリー・ブラウニング)の馬車に道を開ける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
紀元79年。
ケルト人の騎馬民族であり、司令官コルヴス率いるローマ軍の討伐により両親を殺された剣闘士奴隷のマイロは、無敵を誇りポンペイに連れて行かれる。
ポンペイを統治するセヴェルスと妻アウレリアの娘カッシアは、ローマから故郷に帰る途中、移動中のマイロに出会う。
町はローマ帝国の支配下となり、元老院議員となっていたコルヴスはポンペイ入りしカッシアに迫る。
コルヴスは、都市再建計画を提案するセヴェルスの考えを探りながら、カッシアの心を捉えようとするが、彼女にそれを拒まれる。
最強の剣闘士アティカスとの友情も芽生えたマイロは、奴隷の身でありながらカッシアと意識し合う。
その頃、ヴェスヴィオ山の火山活動が活発化していることに、誰も気づかなかった・・・。
__________

人類史上に残る大惨事として知られている、紀元79年のヴェスヴィオ山大噴火を描いた作品ということで、その内容よりも、現代の技術で、どのようにその噴火を再現するかが興味深い。

製作費は1億ドルではあるが、その予算では足りなかったのではないかというほどの凄まじい迫力映像(3D)は見ものだ。

その惨劇の中で芽生えた、奴隷と高貴な女性の恋をドラマチックに描く内容となっている。

「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソンの軽快な演出はまずまずなのだが、火山噴火の大スペクタクル以外は深みに欠け、物語の内容や配役など「グラディエーター」(2000)の亜流のような作品に思える。

そのせいか、北米興行収入は約2300万ドルという結果に終わり、全世界では1億1800万ドルのヒットとはなるが、製作費が1億ドルであることを考えると大成功とは言えない。

両親をローマ軍に殺されたケルト人騎馬民族である、剣闘士奴隷を演ずるキット・ハリントンは、この種の主人公としてはかなり小柄であり(173cm)、頑強な剣闘士達の中で体力的に見劣りするものの、鍛え上げた肉体でそれをカバーし熱演している。

その主人公と恋に落ちて運命を共にする、ポンペイの統治者の娘エミリー・ブラウニング、その母でローマの支配を警戒するキャリー=アン・モス、政治的策略家の元老院議員キーファー・サザーランド、剣闘士の王者として主人公との友情が芽生えるアドウェール・アキノエ=アグバエ、ヒロインの召使いジェシカ・ルーカス、ヒロインの父であるポンペイの統治者ジャレッド・ハリス、奴隷剣闘士の所有者ジョー・ピングー、その部下のカリー・グレアム、コルヴス(キーファー・サザーランド)の副官サーシャ・ロイズなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020