4551 Movies

ピッチ・パーフェクト2 Pitch Perfect 2 (2015)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大学の女子ア・カペラ部を舞台に描きヒットした「ピッチ・パーフェクト」(2012)の続編。
3年連続のア・カペラ王者にも拘らず、大統領祝賀会で大失態を演じた女子大生チーム”バーデン・ベーラズ”が世界大会制覇で名誉挽回を目指そうとする奮闘を描く、製作、監督、出演エリザベス・バンクス、主演アナ・ケンドリックレベル・ウィルソンヘイリー・ステインフェルドブリタニー・スノウ他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:エリザベス・バンクス

製作
エリザベス・バンクス
ポール・ブルックス
カイ・キャノン
マックス・ハンデルマン
ジェフ・レヴァイン
ジェイソン・ムーア
脚本:カイ・キャノン
原作
ミッキー・ラプキン”Characters created”
カイ・キャノン”Pitch Perfect: The Quest for Collegiate A Cappella Glory”
撮影:ジム・デナウルト
編集:クレイグ・アルパート
音楽:マーク・マザーズボー

出演
ベッカ・ミッチェル:アナ・ケンドリック
パトリシア”ファット・エイミー”:レベル・ウィルソン
エミリー・ジャンク:ヘイリー・ステインフェルド
クロエ・ベル:ブリタニー・スノウ
ステイシー・コンラッド:アレクシス・ナップ
リリー・オナクラマ:ハナ・マエ・リー
シンシア=ローズ・アダムス:エスター・ディーン
フロレンシア”フロー”フエンテス:クリッシー・フィット
ジェシカ:ケリー・ジェイクル
アシュリー:シェルリー・レグナー
ジェシー・スワンソン:スカイラー・アスティン
バンパー・アレン:アダム・ディヴァイン
キャサリン・ジャンク:ケイティ・セイガル
オーブリー・ポセン:アンナ・キャンプ
ベンジャミン”ベンジー”アップルバウム:ベン・プラット
DSMのリーダー:ビルヒッテ・ヒオート・ソレンセン
ピーター・クラマー:フルラ・ボーグ
トーン・ハンガーズのメンバー:レジー・ワッツ/ジョン・ホッジマン/ジェイソン・ジョーンズ/ジョー・ロ・トゥルヒオ
ジョン・スミス:ジョン・マイケル・ヒギンズ
ゲイル・アバーナシー=マッカデン=フェインバーガー:エリザベス・バンクス
本人:スヌープ・ドッグ
Riff-Offの主催者:デヴィッド・クロス
ベッカのボス:キーガン=マイケル・キー
ダックス:ショーン・カーター・ピーターソン
ベラーズのOG:ケザー・ドナヒュー/C・J・ペリー/ロビン・ロバーツ
グリーンベイ・パッカーズの選手:クレイ・マシューズ/デヴィッド・バクフティアリ/ドン・バークレイ/ジョシュ・シットン/T・J・ラング
本人:ブレイク・シェルトン
本人:クリスティーナ・アギレラ
本人:ファレル・ウィリアムス
本人:アダム・レヴィーン
カナダ代表:ペンタトニックス
インド代表:ペン・マサラ
フィリピン代表:ザ・フィルハーモニック

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2015年製作 115分
公開
北米:2015年5月15日
日本:2015年10月9日
製作費 $29,000,000
北米興行収入 $183,436,400
世界 $287,506,190


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
オバマ大統領の誕生日祝賀会。
ア・カペラ大会のコメンテーターのジョン・スミス(ジョン・マイケル・ヒギンズ)とゲイル・アバーナシー=マッカデン=フェインバーガー(エリザベス・バンクス)は、3年連続王者の女子大生チーム“バーデン・ベラーズ”を紹介する。

ベッカ・ミッチェル(アナ・ケンドリック)をリーダーとする”バーデン・ベラーズ”のショーが始まる。

ところが、空中ブランコで登場したメンバーのパトリシア”ファット・エイミー”(レベル・ウィルソン)の衣装が破れ、下半身を露出するという大失態を演じてしまう。

事件は大問題になり、エイミーは会見を行い謝罪するものの、そこでも見せてはいけないものを見せてしまう。

バーデン大学。
大恥をかいたことで、ベラーズのメンバー、クロエ・ベル(ブリタニー・スノウ)は冷静ではいられないが、ベッカは、3年連続王者であるために楽観的に考える。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

参考:
・「ピッチ・パーフェクト」(2012)
・「ピッチ・パーフェクト2」(2015)
・「ピッチ・パーフェクト ラストステージ」(2017)

*(簡略ストー リー)
3年連続のア・カペラ王者、女子大生チーム”バーデン・ベラーズは、オバマ大統領祝賀会で大失態を演じてしまう。
大学生対象の大会への出場停止処分を受けたベラーズだったが、コペンハーゲンで行われる世界大会制覇で名誉挽回を目指すことになる。
ベラーズのリーダーベッカは、音楽プロデューサーになる夢を果たすため、レコーディング・スタジオのインストラクターも始める。
母がベラーズOGの新入生エミリーも加わり、世界大会に向けてトレーニングを始めたベッカらだったが、最強のライバルのドイツ・チーム”ダス・サウンド・マシーン”が現れる・・・。
__________

世界的なヒットとなった「ピッチ・パーフェクト」(2012)の続編で、前作でもア・カペラ大会のコメンテーター役で登場した、人気女優のエリザベス・バンクスが製作と監督を担当したことも話題になった。

パフォーマンス・シーンなどは前作を上回る迫力、更にパワーアップした内容は見応え十分。

女性が主人公の作品にも拘らず、下品な行動やセリフが満載であるが、それがセールスポイントであるため、徹底しているところがよろしい。

細かいことは気にしない底抜けに明るい主人公達の行動は実に爽やかで、ドタバタ・コメディとハイ・パフォーマンスの融合による、楽しい場面展開とシャープな演出が見所の快作に仕上がっている。

興行成績は前作を遥かに上回り、北米で約1億8300万ドル、全世界では約2億8800万ドルの大ヒットとなった。
*前作
北米 65,001,100
世界 $115,350,400

音楽プロデューサーを夢見る”バーデン・ベラーズ”のリーダー、アナ・ケンドリック、今回の騒動の原因を作るメンバーのレベル・ウィルソン、新入生としてメンバーに加わるヘイリー・ステインフェルド、”ベテラン”メンバーのブリタニー・スノウ、メンバーのアレクシス・ナップハナ・マエ・リーエスター・ディーンクリッシー・フィットケリー・ジェイクルシェルリー・レグナー、ベッカ(アナ・ケンドリック)のボーイフレンドで”トレブルメーカーズ”のリーダー、スカイラー・アスティン、”トレブルメーカーズ”の前リーダーで”トーン・ハンガーズ”のリーダー、アダム・ディヴァイン、エミリー(ヘイリー・ステインフェルド)の母親ケイティ・セイガル、ベラーズOGで元リーダーのアンナ・キャンプ、”トレブルメーカーズ”のメンバー、ベン・プラットドイツ・チームDSMのリーダー、ビルヒッテ・ヒオート・ソレンセン、同じくフルラ・ボーグ、トーン・ハンガーズのメンバー、レジー・ワッツ/ジョン・ホッジマン/ジェイソン・ジョーンズ/ジョー・ロ・トゥルヒオ、ア・カペラ大会ののコメンテーター、ジョン・マイケル・ヒギンズエリザベス・バンクス、本人役でスヌープ・ドッグ、”Riff-Off”の主催者デヴィッド・クロス、ベッカのボス、キーガン=マイケル・キー、その部下ショーン・カーター・ピーターソン、ベラーズのOG、ケザー・ドナヒュー/C・J・ペリー/ロビン・ロバーツグリーンベイ・パッカーズの選手クレイ・マシューズ/デヴィッド・バクフティアリ/ドン・バークレイ/ジョシュ・シットン/T・J・ラング、”The Voice”のジャッジとして登場するブレイク・シェルトンクリスティーナ・アギレラファレル・ウィリアムスアダム・レヴィーンカナダ代表ペンタトニックスインド代表ペン・マサラフィリピン代表ザ・フィルハーモニックなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021