5194 Movies

ペット・セメタリー Pet Sematary (2019)

1983年に発表された、スティーヴン・キングの小説”ペット・セマタリー”を基に製作された「ペット・セメタリー」(1989)のリメイク。
引っ越した家の敷地内にある死者を蘇らせる墓地を見つけた家族に襲いかかる恐怖を描く、監督ケヴィン・コルシュ、デニス・ウィドマイヤー、主演ジェイソン・クラークエイミー・サイメッツジョン・リスゴー他共演のホラー。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督
ケヴィン・コルシュ
デニス・ウィドマイヤー
製作
ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
マーク・ヴァーラディアン
スティーヴン・シュナイダー
製作総指揮:マーク・モラン
原作:スティーヴン・キングペット・セマタリー
原案:マット・グリーンバーグ
脚本:ジェフ・ブーラー
撮影:ローリー・ローズ
編集:セーラ・ブロシャー
音楽:クリストファー・ヤング

出演
ルイス・クリード医師:ジェイソン・クラーク
レイチェル・クリード:エイミー・サイメッツ
ジャド・クランドール:ジョン・リスゴー
エリー・クリード:ジェテ・ローレンス
ゲイジ・クリード:ヒューゴ・ラヴォイエ/ルーカス・ラヴォイエ
ヴィクター・パスコウ:オブッサ・アフマド
ゼルダ・ゴールドマン:アリッサ・ブルック・レヴィン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2019年製作 101分
公開
北米:2019年4月5日
日本:2020年1月17日
製作費 $21,000,000
北米興行収入 $54,724,700
世界 $113,118,230


ストーリー
メイン州、ラドロウ
医師ルイス・クリード(ジェイソン・クラーク)は、妻レイチェル(エイミー・サイメッツ)、幼い娘エリー(ジェテ・ローレンス)とゲージ(ヒューゴ・ラヴォイエ/ルーカス・ラヴォイエ)そして飼い猫のチャーチと共に郊外の森の中の家に引っ越す。
数日後、レイチェルとエリーは、死んだ犬を運ぶ森の中の葬列を目撃する。
その後、葬列に興味を持ったエリーは、一人で森の中に向かい、ペット・セメタリーと呼ばれる墓地を見つける。
エリーは、隣人の老人ジャド・クランドール(ジョン・リスゴー)が現れたために驚き、脚をハチに刺されてしまう。
エリーの傷を手当てしたジャドは、ペット・セメタリーのことを訊く彼女にそれを説明する。
エリーを捜しに来たレイチェルは、ジャドを紹介されて挨拶し家に戻る。
その夜エリーは、死後のことなどをルイスと話し、幼い時に奇病で姉ゼルダ(アリッサ・ブルック・レヴィン)を亡くしたレイチェルは、2人の会話が気になる。
翌日、病院で勤務中のルイスは、交通事故に遭い重傷を負った学生ヴィクター・パスコウ(オブッサ・アフマド)を治療しようとするが、救うことはできなかった。
その直後ルイスは、ヴィクターが生き返り、”境界は越えるためにあるのではない”と警告する幻覚を見る。
そのことを気にしながら帰宅したルイスは、ヴィクターのことをレイチェルに話す。
ルイスは、ヴィクターが自分の名前を知っていたことが理解できず、単なる幻覚ではなかったと思う。
その後、ルイスらは隣人のジャドと親交を深めるために、彼を夕食に招く。
ルイスとレイチェルは、ペット・セメタリーが自分の敷地であることをジャドに確認する。
境界線は遠いと言われたルイスは、そのことを気にしながら眠り、現れたヴィクターに導かれてその場に向かい、先には行ってはいけない、そこは腐っていると再び警告される。
ゲイジに起こされたルイスは、脚が泥だらけだと気づき、ヴィクターのことが夢ではなかったと思い驚く。
ハロウィン
チャーチがトラックに轢かれて死亡し、それをルイスに知らせたジャドは、彼と共にエリーには気づかれないようにする。
ルイスはそのことをレイチェルに話し、ゼルダの死を自分のせいだと思う彼女は、死について考える気にはなれず、エリーに伝えるべきではないと思う。
チャーチが逃げたことにするとレイチェルに伝えたルイスは、チャーチを埋葬するためにジャドと共にペット・セメタリーに向かう。
何かを感じたジャドは、その場ではなく、古代の埋葬地にルイスを連れて行く。
翌日ルイスは、エリーにチャーチががいなくなったことを伝える。
ルイスは、エリーからチャーチはその場にいると言われ、戸惑いながら凶暴になったチャーチを見て驚くのだが・・・。


解説 評価 感想

スティーヴン・キングの小説”ペット・セマタリー”(1983年)を基に製作された「ペット・セメタリー」(1989)のリメイク。

ケヴィン・コルシュ、デニス・ウィドマイヤーが監督し、主演ジェイソン・クラークエイミー・サイメッツジョン・リスゴーなどが共演した作品。

引っ越した家の敷地内にある死者を蘇らせる墓地を見つけた家族に襲いかかる恐怖を描くホラー。

スティーヴン・キングの原作による話題作のリメイクということで注目され、北米興行収入は約5500万ドル、全世界では約1億1300万ドルのヒットとなった。

魅力的なキャスティングと、前作とは異なる作風で工夫はされているものの、平凡なリメイクという雰囲気は否めない内容はやや残念だ。

製作者のロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラが、本作が成功した場合は続編として物語の前日譚の可能性を語り、「ペット・セメタリー: ブラッドライン」(2023)がネット公開された。

引っ越した敷地内の墓地の呪いに翻弄される医師ジェイソン・クラーク、その妻で、奇病で姉を亡くした辛い過去があるエイミー・サイメッツ、主人公の隣人でペット・セメタリーの秘密を知るジョン・リスゴー、主人公の娘ジェテ・ローレンス、その弟ヒューゴ・ラヴォイエ/ルーカス・ラヴォイエ、主人公が救えなかった学生オブッサ・アフマド、奇病で亡くなったレイチェル(エイミー・サイメッツ)の姉アリッサ・ブルック・レヴィンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022