4311 Movies

太平洋機動作戦 Operation Pacific (1951)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

太平洋戦争下でのアメリカ海軍潜水艦乗組員の戦いを描く、監督ジョージ・ワグナー、主演ジョン・ウェインパトリシア・ニールウォード・ボンドフィリップ・ケイリースコット・フォーブス他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)

ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧
ジョン・ウェイン / John Wayne/Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジョージ・ワグナー

製作:ルイス・F・エデルマン
脚本:ジョージ・ワグナー
撮影:バート・グレノン
編集:アラン・クロスランドJr.
音楽:マックス・スタイナー

出演
デューク・E・ギフォード少佐:ジョン・ウェイン
メアリー・スチュアート中尉:パトリシア・ニール
ジョン・T”ポップ”ペリー中佐:ウォード・ボンド
ラリー大尉:スコット・フォーブス
ボブ・ペリー中尉:フィリップ・ケイリー
ジョーンジー:ポール・ピサーニ
トーカー:ウィリアム・キャンベル
スティール中佐:キャスリン・ギヴニー
コールドウェル少尉:マーティン・ミルナー
太平洋艦隊潜水艦部隊司令官:クリフ・クラーク
チーフ:ジャック・ペニック
シスター・アナ:ヴァージニア・ブリサック
SP指揮官:ジェームズ・フラヴィン
分隊指揮官:リュイス・マーティン
ジュニア:サム・エドワーズ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1951年製作 111分
公開
北米:1951年1月27日
日本:1959年10月29日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
太平洋戦争下、南太平洋
アメリカ海軍の潜水艦”サンダーフィッシュ”の副艦長デューク・E・ギフォード少佐(ジョン・ウェイン)と部下らは、孤島に残された子供達と2人の修道女を救出する。

子供達と修道女をボートに乗せて沖に向かわせたデュークは、部下のジョーンジー(ポール・ピサーニ)を待つ。

浮上したサンダーフィッシュの艦長ジョン・T”ポップ”ペリー中佐(ウォード・ボンド)は、部下が連れられて来た子供達と修道女を見守り、赤ん坊までいることをコールドウェル少尉(マーティン・ミルナー)から知らされる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
太平洋戦争下、南太平洋
アメリカ海軍の潜水艦”サンダーフィッシュ”の副艦長デューク・E・ギフォード少佐は、孤島に残されていた子供達と修道女を救出して、”ポップ”ペリー艦長の指揮の下、パール・ハーバーに帰港する。
別れた妻である看護師のメアリーと再会したデュークは、彼女がポップの弟のボブと付き合っていることを知る。
仕事一筋で家庭を犠牲にしてしまったデュークは、後悔していることをメアリーに伝え、ボブに求婚されていたメアリーは心が揺れ動く。
新たな任務を受けたデュークは、自分が戻るまで結論は待ってほしいとメアリーに伝えて出航するのだが・・・。
__________

太平洋戦争下でのアメリカ太平洋艦隊の潜水艦乗組員の戦いを描く、戦争ドラマ。

大戦中、実際に太平洋艦隊潜水艦部隊司令官だった、チャールズ・A・ロックウッド中将をアドバイザーに、アメリカ海軍全面協力による戦争映画の大作。

戦闘シーンの実写映像は殆どないが、精巧なミニチュアを使った特撮などは、当時としては見事な出来栄えであり、ミリタリー・ファン必見の作品。

潜水艦乗組員の上官に対する信頼や友情、そして、一度は失った夫婦の愛情などを、ジョージ・ワグナーの繊細な演出で描く深いドラマに仕上がっている。

ドラマを盛り上げる、マックス・スタイナーの軽快で勇壮な音楽も印象に残る。

戦後間もないこともあり、日本の偽装船の卑劣な行動なども描かれているせいか、日本での公開は北米の8年後の1959年となった。

黄金の1950年代を迎え大スターとなったジョン・ウェインは、盟友でもある艦長役のウォード・ボンドの副官として登場して、彼の死後、それを引き継ぎ、指揮官として堂々たる演技を見せる。

ジョン・ウェインとは親子ほどの年の差(19歳)があるものの、落ち着いているために違和感がない妻役のパトリシア・ニールとの復縁も一つのテーマであり、時にユーモアも交えた二人の演技が実に微笑ましい。

ファンにとって忘れられないのは、ジョン・ウェインウォード・ボンドと共に”ジョン・フォード一家”の一員として活躍した、二人の部下役のジャック・ペニックの存在だ。

ジャック・ペニックは、ジョン・フォード作品などではほとんどセリフもない脇役が多い役者なのだが、若い乗員に慕われ面倒見のいい老兵を好演している。

艦長(ウォード・ボンド)亡き後、ジョン・ウェインの副官となる大尉スコット・フォーブス、主人公の恋敵となる艦長の弟で、戦闘機のパイロットのフィリップ・ケイリー、潜水艦の乗員ポール・ピサーニウィリアム・キャンベルマーティン・ミルナーサム・エドワーズ、ヒロインの上官キャスリン・ギヴニー、太平洋艦隊潜水艦部隊司令官のクリフ・クラーク、主人公らに救出される修道女ヴァージニア・ブリサック、憲兵の指揮官ジェームズ・フラヴィン、分隊指揮官のリュイス・マーティンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020