That's Movie Talk!     4099 Movies

踊る大紐育 On the Town (1949)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

レナード・バーンスタイン作曲、ベティ・コムデンアドルフ・グリーンの歌詞・脚本による、1944年に上演されたブロードウェイのミュージカル”On The Town”の映画化。
ニューヨークでの休暇を楽しむ水兵の一日の出来事を描く、製作アーサー・フリード、監督ジーン・ケリー(出演も)、スタンリー・ドーネンフランク・シナトラベティ・ギャレットアン・ミラージュールス・マンシンヴェラ=エレン共演のミュージカルの名作。


ミュージカル

ジーン・ケリー / Gene Kelly / Pinterest


スタッフ キャスト ■
ジーン・ケリー
スタンリー・ドーネン
製作
アーサー・フリード
ロジャー・イーデンス
脚本
ベティ・コムデン
アドルフ・グリーン
撮影:ハロルド・ロッソン
編集:ラルフ・E・ウィンターズ
音楽
レナード・バーンスタイン
ロジャー・イーデンス

出演
ゲイビー:ジーン・ケリー
チップ:フランク・シナトラ
ブルンヒルデ”ヒルディ”エスターヘイジー:ベティ・ギャレット
クレア・ハドソン:アン・ミラー
オジー:ジュールス・マンシン
アイヴィ・スミス:ヴェラ=エレン
ルーシー・シュミーラー:アリス・ピアース
ディリョフスカ:フローレンス・ベイツ

アメリカ 映画
配給 MGM
1949年製作 98分
公開
北米:1949年12月30日
日本:1951年8月24日
製作費 $2,111,250


アカデミー賞 ■
第22回アカデミー賞
・受賞
作曲賞(ミュージカル)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
24時間の休暇を満喫しようとする三人の水兵、ゲイビー(ジーン・ケリー)、チップ(フランク・シナトラ)、そしてオジー(ジュールス・マンシン)は、早速、手当たり次第に名所を見て回る。

三人は街の名物の地下鉄に乗り、”ミス改札口”アイヴィ・スミス(ヴェラ=エレン)のポスターを見て、ゲイビーが彼女に一目惚れしてしまう。

ゲイビーは、偶然、改札口で撮影中のアイヴィに出くわすが、お高くとまる彼女は、そそくさとその場を立ち去ってしまう。

三人は、ブルンヒルデ”ヒルディ”エスターヘイジー(ベティ・ギャレット)のタクシーに乗りアイヴィを追跡する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
寄港した水兵ゲイビー、チップ、オジーの三人は、早速、観光名所を回り始める。
休暇は24時間しかないため、街中を駆け巡る三人だったが、ゲイビーが、地下鉄の”ミス改札口”アイヴィのポスターを見て、彼女に一目惚れしてしまう。
たまたまアイヴィと出くわしたゲイビーだったが、彼は、社交界の花形である彼女に相手にされなかった。
その後、三人は、タクシー・ドライバーのヒルディと、人類学者クレアに出会い意気投合する。
そして、一行は、ゲイビーのために手分けをしてアイヴィを捜すことになるのだが・・・。
__________

テクニカラーによる、ニューヨークロケの美しい映像が、とにかく素晴らしい。

船から降りてきた、ジーン・ケリーフランク・シナトラジュールス・マンシンが、歌い踊りながら街巡りをするオープニングの、躍動感溢れる彼らのパフォーマンスは圧巻だ!!

第22回アカデミー賞では、作曲賞(ミュージカル)を受賞した。
監督も兼ねて、絶頂期を迎えつつあるジーン・ケリーのダンスなども見応え十分。

気の強いタクシードライバーのベティ・ギャレットを相手に、悪戦苦闘するフランク・シナトラは、控えめで大人しく、やんちゃ坊主のような雰囲気で登場するのも注目だ。

個人的には、博物館でのアン・ミラーの見事なタップが、オープニングの次に印象に残る。

ヴェラ=エレンの、バレエを取り入れて、尚且つ体全体を使った見事なダンスも見物だ。

終戦後間もない時期に撮影されたとは、到底思えない見事な映像や、エンパイア・ステートビル自由の女神ロックフェラー・センターセントラル・パーク等のニューヨークの風景、戦勝国とは言え、豊かさと強さを象徴する、それらを映し出した映像には圧倒される。

ヒルディ(B・ギャレット)のルームメイトのアリス・ピアース、バレエの教師フローレンス・ベイツなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up