4292 Movies

オンリー・ゴッド Only God Forgives (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

逃亡先のタイで兄を殺された男の復讐劇を描く、監督、脚本ニコラス・ウィンディング・レフン、主演ライアン・ゴズリングクリスティン・スコット・トーマスヴィタヤ・パンスリンガム他共演のバイオレンス犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
製作
ヴァンサン・マラヴァル

シドニー・デュマ
製作総指揮
ブラヒム・シウア
ライアン・ゴズリング

ジェイソン・ジャンゴ他
脚本:ニコラス・ウィンディング・レフン

撮影:ラリー・スミス
編集:マシュー・ニューマン
音楽:クリフ・マルティネス

出演
ジュリアン:ライアン・ゴズリング

クリスタル:クリスティン・スコット・トーマス
チャン:ヴィタヤ・パンスリンガム
ゴードン:ゴードン・ブラウン
マイ:ラータ・ポーガムヤヤ・イン
ビリー:トム・バーク

キム:サハジャック・ブーンタナキット

デンマーク/フランス 映画
配給 ワインスタイン・カンパニー
2013年製作 90分
公開
デンマーク:2013年5月30日
フランス:2013年5月22日
北米:2013年7月19日
日本:2014年1月25日
製作費 $4,800,000
北米興行収入 $779,190
世界 $10,337,390


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
タイバンコク
アメリカを追われ、この地でムエタイ・クラブを経営しているジュリアン(ライアン・ゴズリング)は、麻薬取引に関与していた。

ジュリアンの兄ビリー(トム・バーク)が売春婦を殺した現場に現れた警官チャン(ヴィタヤ・パンスリンガム)は、被害者の父親チョイに復讐するよう伝える。

ビリーを撲殺してしまったチョイを連れ出したチャンは、彼に制裁を加えるため腕を切り落とす。

売春婦のマイ(ラータ・ポーガム/ヤヤ・イン)と過ごしていたジュリアンは、ゴードン(ゴードン・ブラウン)からビリーが殺されたことを知らされる。

息子ビリーの死を知り現地に到着した犯罪組織のボス、クリスタル(クリスティン・スコット・トーマス)は、ホテルのスイートルームでくつろぐ。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
タイバンコク
アメリカを追われ、ムエタイ・クラブを経営しているジュリアン(ライアン・ゴズリング)は、兄ビリーと共に麻薬取引に関与していた。
そんな時、ビリーは売春婦を殺してしまい、警官のチャンは、被害者の父親にビリーを痛めつけさせる。
ところが、ビリーは殺されてしまい、母親で犯罪組織のボスであるクリスタルは、現地に着き息子の仇を討とうとする。
ジュリアンはビリーを殺した男を見つけるのだが、娘を殺された恨みであったことを知り見逃してしまう。
それを知ったクリスタルはジュリアンを批判し、殺し屋を雇い黒幕を探そうとするのだが・・・。
__________

ドライヴ」(2011)で衝撃を与えたニコラス・ウィンディング・レフンが、再びライアン・ゴズリングと組んで注目された作品。

画面から不要な物や人物を排除して極めてシンプルに見せるなど、ニコラス・ウィンディング・レフンの独特の映像感覚が生かされた作品。

母親からすると問題がある、妄想癖的な主人公は、度々、現実逃避して幻想の世界に浸るシーンが印象的だ。

剣などを使った残虐場面も多く、バイオレンス映画と言っていい内容で、かなりどぎつい描写がある。

第66回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で、パルムドールの候補になった。

単なる犯罪者には思えない、自分の世界に生きる主人公のライアン・ゴズリング、その母親で犯罪組織のボスを強烈な個性で演じるクリスティン・スコット・トーマス、警察組織に属する謎の男ヴィタヤ・パンスリンガム、主人公の仲間ゴードン・ブラウン、主人公の愛人である売春婦ラータ・ポーガム/ヤヤ・イン、主人公の兄トム・バーク、警官サハジャック・ブーンタナキットなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020