4297 Movies

片目のジャック One-Eyed Jacks (1961)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

仲間に裏切られた無法者の復讐と許されぬ恋を描く、監督、主演マーロン・ブランドカール・マルデンベン・ジョンソンピナ・ペリサーケティ・フラドスリム・ピケンズ他共演の西部劇。


西部劇

マーロン・ブランド / Marlon Brando / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:マーロン・ブランド

製作:フランク・P・ローゼンバーグ
原作:チャールズ・ネイダー”The Authentic Death of Hendry Jones”
脚本
ガイ・トロスパー
カルダー・ウィリンガム
ロッド・セリング(クレジットなし)
サム・ペキンパー(クレジットなし)
撮影:チャールズ・ラング
編集 :アーチー・マルシェク
音楽:ヒューゴ・フリードホーファー

出演
”キッド”リオ:マーロン・ブランド
ダッド・ロングワース:カール・マルデン
ボブ・エモリー:ベン・ジョンソン
ルイーザ:ピナ・ペリサー
マリア・ロングワース:ケティ・フラド
ロン・デドリック:スリム・ピケンズ
カーヴェイ:エリシャ・クックJr.
チコ・モデスト:ラリー・デュラン
ハーヴェイ・ジョンソン:サム・ギルマン
ハワード・テトリー:ティモシー・ケリー
レッドヘッド:ミリアム・コロン
警部:ロドルフォ・アコスタ
農夫の息子:トム・ウェッブ
バーニー:レイ・ティール
チェット:ジョン・ディアケス
おじ:フィリップ・アーン
ニカ:マルガリータ・コルドヴァ
ドク:ハンク・ウォーデン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1961年製作 141分
公開
北米:1961年3月30日
日本:1961年7月8日
製作費 $6,000,000


アカデミー賞
第34回アカデミー賞

・ノミネート
撮影賞(カラー)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1880年、メキシコソノラ州
”キッド”リオ(マーロン・ブランド)、ダッド・ロングワース(カール・マルデン)、ドク(ハンク・ウォーデン)の三人組は、銀行を襲って逃亡する。

ある町に着いたリオは、ダッドとドクと別れてマルガリータの元に向かい、彼女に迫るものの拒まれる。

地元の警官である警部(ロドルフォ・アコスタ)率いる捜索隊は酒場に押し入り、ドクを射殺する。

レッドヘッド(ミリアム・コロン)と楽しんでいたダッドは銃声を聴き、窓から逃げて捜索隊員の馬を奪う。

レッドヘッドに邪魔された警部は、ダッドに逃げられる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1880年、メキシコソノラ州
”キッド”リオ、ダッド・ロングワース、ドクの三人組は、銀行を襲って逃亡する。
三人を見つけた警察の捜索隊はドクを殺し、リオとダッドは逃亡する。
追跡する捜索隊に馬を撃たれ、一人が馬を調達して戻ることになり、ダッドが農家に向かう。
農家で気が変わったダッドはその場を去り、リオは捕らえられる。
5年間刑務所生活を送ったリオは、囚人仲間のチコと脱獄し、知り合った悪党のボブから、ダッドがカリフォルニアモンテレーの保安官だと知らされて国境を越える。
ダッドに会ったリオは、許したように見せかけて牽制し、妻のマリアと彼女の連れ子ルイーザを紹介される。
その場を去るつもりだったリオはルイーザに惹かれてしまい、祭り楽しむことにするのだが・・・。
__________

チャールズ・ネイダーの小説”The Authentic Death of Hendry Jones”を基に製作された作品。

仲間に裏切られた無法者の復讐と許されぬ恋を描く、マーロン・ブランドが監督を務めたことで話題になった、彼の唯一の監督作品である異色の西部劇。

サム・ペキンパーがクレジットなしで脚本に参加している。

批評家の評価は低く、その後に再評価されたわけでもないが、2018年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

マーロン・ブランドの魅力はまずまず活かされてはいるが内容的は平凡で、それを補う個性派スターの演技が注目の作品。

また、第34回アカデミー賞 で撮影賞(カラー)にノミネートされたチャールズ・ラングの、海の風景を多用した珍しい西部劇でもある。

主演のマーロン・ブランドは、無法者ではあるが、流儀に反することを嫌い、愛する女性のために生きる決心をした男を熱演している。

強盗仲間であった主人公を裏切った保安官で、主人公と対決するカール・マルデン、主人公と共に銀行強盗を計画する悪党のベン・ジョンソン、主人公と愛し合うようになる保安官の継娘で、3年後に睡眠薬の過剰摂取により30歳の若さで他界するピナ・ペリサー、その母親ケティ・フラド、保安官補のスリム・ピケンズ、銀行員のエリシャ・クックJr.、主人公が信頼する脱獄仲間ラリー・デュラン
、彼らと手を組む悪党のサム・ギルマン、主人公に殺される酔っ払いティモシー・ケリー、酒場の女ミリアム・コロン、主人公らを追う警官のロドルフォ・アコスタ、農夫の息子トム・ウェッブ、フラメンコ・ダンサーのマルガリータ・コルドヴァ、主人公の強盗仲間ハンク・ウォーデン、他、レイ・ティールジョン・ディアケスフィリップ・アーンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020