4354 Movies

オーメン2/ダミアン Damien: Omen II (1978)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1970年代のオカルト映画ブームの代表作「オーメン」(1976)の続編。
叔父夫婦に預けられた悪魔の子の周辺で起きる恐怖を描く、監督ドン・テイラー、主演ウィリアム・ホールデンリー・グラントジョナサン・スコット・テイラー他共演のオカルト映画。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■
監督:ドン・テイラー
原案:ハーヴェイ・バーンハード
原作:デヴィッド・セルツァー(キャラクター創造)
製作
ハーヴェイ・バーンハード

メイス・ニューフェルド
脚本
スタンリー・マン

マイク・ホッジス
撮影:ビル・バトラー
編集:ロバート・ブラウン
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

出演
リチャード・ソーン:ウィリアム・ホールデン

アン・ソーン:リー・グラント
ダミアン・ソーン:ジョナサン・スコット・テイラー
マーク・ソーン:ルーカス・ドーナット
チャールズ・ウォーレン:ニコラス・プライヤー

マリオン:シルビア・シドニー
ポール・バハー:ロバート・フォックスワース
ビル・アサートン:リュー・エアーズ
デヴィッド・パサリアン:アラン・アーバス
ダニエル・ネフ軍曹:ランス・ヘンリクセン
テディ:ジョン・J・ニューカム
ジョーン・ハート:エリザベス・シェパード

ケイン医師:メシャック・テイラー
マイケル・モーガン:イアン・ヘンドリー
カール・ブーゲンハーゲン:レオ・マッカーン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1978年製作 107分
公開
北米:1978年6月9日
日本:1979年2月10日
製作費 $6,800,000
北米興行収入 $26,518,355


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
イスラエル
亡くなった駐英アメリカ大使ロバート・ソーンとキャサリン夫妻が埋葬されたことを知った考古学者カール・ブーゲンハーゲン(レオ・マッカーン)は、二人の息子ダミアンが生存していることを知る。

ブーゲンハーゲンは、友人の考古学者マイケル・モーガン(イアン・ヘンドリー)に、ダミアンが悪魔の子であることを伝える。

自分の子が悪魔だと知ったソーンはダミアンを殺そうと考え、相談されたブーゲンハーゲンは、短剣を渡したことをモーガンに伝える。

ブーゲンハーゲンは、ソーンの弟リチャード(ウィリアム・ホールデン)に、持参した箱を渡すことをモーガンに依頼する。

その話を信じられないモーガンを連れて遺跡に向かったブーゲンハーゲンは、証拠となる”イガエルの壁画”をモーガンに見せるが、その場が崩れ始める。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

参考:
・「オーメン」(1976)
・「オーメン2/ダミアン」(1978)
・「オーメン/最後の闘争」(1981)
・「オーメン4」(1991)*テレビ映画

・「オーメン」(2006)

*(簡略ストー リー)
イギリス大使ロバート・ソーンが死亡し、息子ダミアンが悪魔の子であることを知る考古学者ブーゲンハーゲンが、その証拠の壁画がある遺跡で死亡する。
7年後、12歳のダミアンは実業家の叔父リチャード・ソーンと妻アン、その息子マークと暮らしていた。
ある日、ロバートがダミアンを殺そうとしたことを知る伯母マリオンは心臓発作で死亡し、ブーゲンハーゲンの伝記を執筆中の記者ハートとリチャードの部下である幹部ビルも事故死する。
マークと共に幼年兵学校で過ごしながら、自分が特別だと気づいていたダミアンは、上官ネフ軍曹から、それを知りたければ、新約聖書黙示録を読むように指示される。
そして、ダミアンは頭髪の下の獣の数字”666”を確認し、自分が悪魔の子であることを知る・・・。
__________

既にシリーズ化が決まっていたためか、前作の内容を継承しつつ、同じような変死シーンが展開する物語となっている。

何かを感じながらも、中盤までは自分の正体に気づかない悪魔の子”ダミアン”が、周囲の”味方”に守られているという内容で、ダミアン自身が手を下す恐怖が予想される、次回作に期待させるラストが印象的だ。

恐怖を煽るお馴染の音楽は、前作でアカデミー作曲賞を受賞したジェリー・ゴールドスミス

前作の主人公が大物グレゴリー・ペックだったということで、本作もそれに匹敵する大スターのウィリアム・ホールデンが主演に起用された。

急激にやつれてしまったのが気になる、撮影当時まだ50代のウィリアム・ホールデンは少々、痛々しい感じがするものの、悪魔と戦わねばならない家族の宿命を背負う大企業のオーナーを好演している。

クライマックスで意外な事実が分かる主人公の妻リー・グラント、悪魔の子ダミアンを演ずるジョナサン・スコット・テイラー、主人公の息子ルーカス・ドーナット、美術館館長ニコラス・プライヤー、主人公の伯母シルビア・シドニー、主人公の後継者ロバート・フォックスワース、企業の幹部リュー・エアーズ、科学者アラン・アーバス、幼年兵学校の軍曹ランス・ヘンリクセン、記者エリザベス・シェパード、医師メシャック・テイラー、前作に続き登場する考古学者レオ・マッカーン、その友人の考古学者イアン・ヘンドリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020