That's Movie Talk!     4098 Movies

ノーマ・レイ Norma Rae (1979)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

男好きの無学な女工が、組合から派遣された青年と共に、工員の待遇改善のために尽くし、やがて自立していく姿を描いた、監督マーティン・リット、主演のサリー・フィールドが渾身の演技でオスカーを受賞した社会派ヒューマン・ドラマの秀作。


ドラマ(社会派)


スタッフ キャスト ■
監督:マーティン・リット

製作
タマラ・アセイエフ
アレックサンドラ・ローズ
脚本
アーヴィング・ラヴェッチ
ハリエット・フランクJr.
撮影:ジョン・A・アロンゾ
編集:シドニー・レヴィン
音楽:デヴィッド・シャイア
作詞:ノーマン・ギンベル
主題歌:ジェニファー・ウォーンズIt Goes Like It Goes

出演
サリー・フィールド:ノーマ・レイ・ウェブスター
ロン・リーブマン:ルーベン・ウォショウスキー
ボー・ブリッジス:ソニー・ウェブスター
パット・ヒングル:ヴァーノン
バーバラ・バクスレー:レオナ
ゲイル・ストリックランド:ボニー・メイ
モーガン・ポール:ウェイン・ビリングス
フランク・マクレー:ジェームズ・ブラウン
グレゴリー・ウォルコット:ミラー保安官
ロニー・チャップマン:ガーデナー
ジェームズ・ルイジ:ジョージ・ベンソン
ジョン・カルヴィン:エリス・ハーパー
バート・フリード:サム・デイキン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1979年製作 114分
公開
北米:1979年3月2日
日本:1979年9月
北米興行収入 $22,228,000


アカデミー賞 ■
第52回アカデミー賞

・受賞
主演女優(サリー・フィールド)
歌曲賞
・ノミネート
作品・脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1978年夏、アメリカ南部。
O・P・ヘンリー紡績工場で働くノーマ・レイ・ウェブスター(サリー・フィールド)は、高校を出てすぐに結婚して子供が生まれるが、夫を酒場の喧嘩で亡くし、もう一人私生児を抱える、男にだらしのない無学な女工だった。

ノーマの両親ヴァーノン(パット・ヒングル)とレオナ(バーバラ・バクスレー)も、組合のない工場で過酷な労働を課せられ疲れきっていた。

ある日、ノーマの家にニューヨークに本部のある全米繊維組合から派遣された、ルーベン・ウォショウスキー(ロン・リーブマン)が下宿を探し訪ねてくる。

自分を共産主義者呼ばわりするヴァーノンに、低賃金で過重労働を強いられ、経営者に搾取されていると告げたルーベンは、追い返されてしまう。

モーテルで男と会っていたノーマは、別れ話を持ち出して殴られてしまい、そこを宿にしていたルーベンに介抱され、2人は親しくなる。

翌日、ルーベンは早速、出社前の社員にビラ配りを始め、ノーマの小言を気にした上司は、彼女を抜き打ち検査係に昇進させる。

ノーマは、職場で工員ソニー・ウェブスター(ボー・ブリッジス)にからかわれるが、その夜、彼はノーマに謝りに来る。

暫くするとノーマは、”会社の犬”と言われ、工員達から無視されるようになり、彼女は、自発的に元の仕事に戻ってしまう。

そしてノーマは、離婚して子持ちのソニーから求婚され結婚することになる。

ルーベンの努力が実り、集会に参加する工員も現れるようになり、彼は工場視察なども積極的に行う。

そんなルーベンに感心したノーマは、組合に興味を持ち始め、ついに組合員になることを決意する。

教会での組合の集会を断られたノーマは、自宅で会合を開くが、組合員はなかなか集まらず、ルーベンと共に苦悩する。

家庭を放って活動を続ける、ノーマに不満を持つソニーを一蹴し、彼女は人が変わったように猛烈な組合員勧誘運動を始める。

しかし、ルーベンらの活動で工員達の労働条件は返って悪くなってしまい、結果ノーマの父ヴァーノンは亡くなってしまう。

やがて、組合員は徐々に増え始めるが、ノーマは仲間達に高圧的な態度をとってしまう。

そんなノーマをうまくなだめるルーベンだったが、会社側の陰謀で、彼女に対する誹謗中傷を気にする組合本部の者達と揉めてしまう。

会社の組合員への嫌がらせは続き、ノーマは、会社を訴えられる内容の、掲示板の張り紙を書き写すようルーベンに指示され、彼女はクビを覚悟でそれを実行する。

ノーマは、幹部から即刻、工場の敷地内から退去することを命ぜられるが、”UNION”(組合)という文字を書いたボードを掲げて工員達に示す。

それを見たノーマの母レオナを筆頭に、工員達は次々と機械の電源を切り、全ての機械が停止する。

ミラー保安官(グレゴリー・ウォルコット)に連行され、逮捕されてしまったノーマは、ルーベンが保釈金を払い釈放されるが、ショックを受けてしまう。

自宅に帰ったノーマは、子供達に自分の犯してきた過ちを洗いざらい話し、信じる道を歩む覚悟も伝える。

ソニーは、今後のノーマとの生活に不安を感じるが、彼女は自立した女性になり、それを受け入れるかが問題だとルーベンに言われ、ノーマの元に歩み寄る。

そして、組合を組織することが投票により決まり、使命を終えたルーベンは、ノーマに感謝して別れを告げる。


解説 評価 感想 ■

1970年代初頭に活躍した、組合のオルガナイザークリスタル・リー・ジョーダンの実話を基にした作品。

*(簡略ストー リー)
1978年夏、アメリカ南部。
紡績工場で働くノーマ・レイ・ウェブスターは、男にだらしのない無学な女工だった。
ノーマは、両親ヴァーノンとレオナと共に、組合のない工場で過酷な労働を課せられいた。
ある日、ニューヨークに本部のある、全米繊維組合から派遣されたルーベンという青年が町に現れる。
ルーベンは、男に殴られたノーマを介抱したことで彼女と親しくなる。
翌日からルーベンは行動を開始し、低賃金で過重労働を強いられ、経営者に搾取されていることを従業員に理解させようと、ビラ配りから始める。
その後ノーマは、職場の工員ソニーから求婚され、2人は結婚することになる。
そんな時、ノーマは、ルーベンの活動に感心して組合に興味を持ち始め、ついに組合員になることを決意するのだが・・・。
__________

1950年代初頭、共産党に関わり赤狩りに遭ったマーティン・リットが、人間の意志の強さや正義感を力強く描き、感動に頼り過ぎない作風が、実に爽やかな作品。

特にラスト、主人公2人の別れのシーンの、無理矢理に盛り上げようとしない描写が実にいい。

第52回アカデミー賞では、主演女優(サリー・フィールド)と歌曲賞を受賞し、作品と脚色賞にノミネートされた。

オープニングの、デヴィッド・シャイア作曲、ノーマン・ギンベル作詞、ジェニファー・ウォーンズの歌う、アカデミー賞を受賞した、しみじみとした主題曲”It Goes Like It Goes”で、ドラマチックな予感を感じる。

快活なお転婆娘で、軽い感じのイメージしかなかったサリー・フィールドが、突然、演技派に転身して、アカデミー賞まで受賞してしまったのには、当時驚いたものだが、5年後にも「プレイス・イン・ザ・ハート」(1984)で再び同賞を受賞し、実力派女優の地位を築くきっかけになった、彼女にとって転機となった記念すべき作品。

ふしだらな女から組合運動に目覚め、形振りかまわず生き抜き、自立して真の母親へと成長する女性を見事に演じきっている。

主人公のノーマからすると、かなりインテリのロン・リーブマンが、クライマックスでは、彼女に人間の強さや真の美しさを教えられて、満足して去っていく姿も実に清々しい。

家庭を犠牲にしてまで運動を続ける妻を、決して見捨てない、主人公の再婚相手ボー・ブリッジス、娘の行動を監視しながらも愛情を注ぐ父親パット・ヒングルと母バーバラ・バクスレー、同僚ゲイル・ストリックランドフランク・マクレー、保安官グレゴリー・ウォルコットなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up