4236 Movies

バロン The Adventures of Baron Munchausen (1989)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

実在した男爵カール・フリードリヒ・ヒエロニムス・フォン・ミュンヒハウゼンのほら話を基に、彼と家来らの冒険と活躍を描く、監督、脚本テリー・ギリアム、主演ジョン・ネヴィルサラ・ポーリーエリック・アイドルオリヴァー・リードユマ・サーマンジョナサン・プライス他共演のファンタジー・アドベンチャー大作。


ファンタジー


スタッフ キャスト ■
監督:テリー・ギリアム

製作総指揮:ジェイク・エバーツ
製作
トーマス・シューリー
レイ・クーパー
脚本
テリー・ギリアム
チャールズ・マッキーワン
撮影:ジュゼッペ・ロトゥンノ
編集:ピーター・ハリウッド
美術・装置
ダンテ・フェレッティ
フランチェスカ・ロ・スキアーヴォ
音楽:マイケル・ケイメン

出演

バロン/ミュンヒハウゼン男爵ジョン・ネヴィル
サリー:サラ・ポーリー
デスモンド/バートホールド:エリック・アイドル
ヴァルカンオリヴァー・リード
ヴィーナス/ローズ:ユマ・サーマン
ホレィシオ・ジャクソン:ジョナサン・プライス
ルパート/アドルファス:チャールズ・マッキーワン
ビル/アルブレヒト:ウィンストン・デニス
ジェレミー/グスタヴァス:ジャック・パーヴィス
月の王:ロビン・ウィリアムズ
月の女王アリアドネ/ヴァイオレット:ヴァレンティナ・コルテーゼ
ヘンリー・ソルト:ビル・パターソン
サルタン:ピーター・ジェフリー
デイジー:アリソン・ステッドマン
役人:レイ・クーパー
士官:スティング
大魚の胃の中でアコーディオンを弾く男:テリー・ギリアム

イギリス/アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1989年製作 126分
公開イギリス:1989年3月17日
北米:1989年3月10日
日本:1989年6月3日
製作費 $46,630,000
北米興行収入 $8,083,120


アカデミー賞 ■
第62回アカデミー賞

・ノミネート
美術・衣装デザイン・視覚効果・メイクアップ賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
18世紀 ”理性の時代” 水曜日。
ドイツ(プロイセン王国)のある海岸沿いの町が、トルコ軍(オスマン帝国)の驚異にさらされていた。

廃墟の中の劇場で、ヘンリー・ソルト(ビル・パターソン)の一座による”ミュンヒハウゼン男爵の冒険”が上演されていた。

そこに、自分が本物のバロン/ミュンヒハウゼン男爵だと言って老人(ジョン・ネヴィル)が乱入してくる。

バロンは、役者達のデスモンド(エリック・アイドル)を家来のバートホールド、ルパート(チャールズ・マッキーワン)をアドルファス、ビル(ウィンストン・デニス)をアルブレヒト、ジェレミー(ジャック・パーヴィス)をスタヴァスだと言って興奮する。

そこに、役人のホレィシオ・ジャクソン(ジョナサン・プライス)が現われるものの、自分が始めた戦争を自ら終わらせる言うバロンに、その場を仕切られてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
18世紀。
トルコ軍の攻撃にさらされていた、ドイツのある海岸線の町、廃墟の中の劇場でソルト一座による”ミュンヒハウゼン男爵の冒険”が上演されていた。
そこに、自分が本物のバロン/ミュンヒハウゼン男爵だと言って老人が乱入し、その場を仕切ってしまう。
今回のトルコとの争いは、自分に原因があると言い出したバロンは、その理由を語る。
サルタンとの賭けに勝ったバロンは、財宝を進呈されるが、彼がそれを全て持ち去ったために、争いが始まったのだった。
その時、再び始まった砲撃で劇場は閉鎖されてしまい、負傷したバロンは、ソルトの娘サリーに励まされて、町や人々を救うことを誓う。
そしてバロンは、一座の女達の肌着を利用して熱気球を作り、そこに忍び込んでいたサリーと共に、4人の家来達を捜しに、まずへと向かうのだが・・・。
__________

魅力的なキャスティング、凝ったセットや特撮などで見せる、テリー・ギリアムの世界、感性を楽しめる、奇想天外な快心作に仕上がっている。

しかし、膨れ上がった製作費を回収するどころか、興行的には、じられないような大失敗作となってしまった。

製作費 $46,630,000
北米興行収入 $8,083,120

シュールな映像美と個性溢れる登場人物、迫力ある場面展開、どれをとっても一級品の見所満載の作品なのだが・・・。

能天気な正義漢を、魅力たっぷりに演ずるバロン/ミュンヒハウゼン男爵ジョン・ネヴィル、その後、若くして映画監督、脚本家として活躍する、愛らしい劇団座長(ビル・パターソン)の娘サラ・ポーリー、主人公の4人の家来、俊足のエリック・アイドル、千里眼の狙撃手チャールズ・マッキーワン、怪力の大男ウィンストン・デニス、驚異の肺活量の小人ジャック・パーヴィスヴァルカンを豪快に演じているオリヴァー・リード、その妻の女神と座員を演ずる、まだ10代のユマ・サーマン、主人公を敵視する役人ジョナサン・プライス、その部下レイ・クーパーの王を怪演するロビン・ウィリアムズ、王妃ヴァレンティナ・コルテーゼ、サルタンのピーター・ジェフリー、座員アリソン・ステッドマン、士官スティング、そして、巨大魚の中で歌っている男でテリー・ギリアムも登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020