4213 Movies

幸せのレシピ No Reservations (2007)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2001年に公開されたドイツ映画、「マーサの幸せレシピ」のハリウッド版リメイク作品。
料理に人生を捧げている女性シェフが、母を失った妹の娘との触れ合いを通し新たな人生の道筋を見つけて歩みだすまでを描く、監督スコット・ヒックス、主演キャサリン・ゼタ=ジョーンズアーロン・エッカートアビゲイル・ブレスリンボブ・バラバンパトリシア・クラークソン他共演のハートウォーミング・ラヴ・ストーリー。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:スコット・ヒックス
製作総指揮
スーザン・カートソニス

ブルース・バーマン
製作
ケリー・ヘイセン
セルジオ・アグェーロ
脚本:キャロル・フックス
撮影:スチュアート・ドライバーグ

編集:ピップ・カーメル
音楽:フィリップ・グラス

出演
ケイト・アームストロング:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
ニコラス”ニック”パルマー:アーロン・エッカート
ゾーイ:アビゲイル・ブレスリン
セラピスト:ボブ・バラバン
ポーラ:パトリシア・クラークソン
リア:ジェニー・ウェイド
ショーン:ブライアン・F・オバーン
パターソン:ジョン・マクマーティン
パターソン夫人:セリア・ウェストン
バーナデット:リリー・レイブ
クリスティーン:アリジャ・バレイキス

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2007年製作 104分
公開
北米:2007年7月27日
日本:2007年9月29日
製作費 $28,000,000
北米興行収入 $43,052,270
世界 $92,601,050


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨークグリニッチ・ヴィレッジ
人気レストラン”22ブリーカー”でシェフを務めるケイト・アームストロング(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)は、自分の料理には妥協を許さない完璧主義者だった。

そんなケイトは、しばしば客や店のオーナーのポーラ(パトリシア・クラークソン)と口論になったりもする。

ケイトは、階下に住むショーン(ブライアン・F・オバーン)の誘いも断り、仕事に没頭し続けていた。

ポーラの勧めで、ケイトは、週一回のセラピーを受けにセラピスト(ボブ・バラバン)の元に通っていた。

そんな、仕事に追われる毎日を送っていたケイトは、妹クリスティーン(アリジャ・バレイキス)を突然の交通事故で亡くしてしまう。

車に同乗していた、姪のゾーイ(アビゲイル・ブレスリン)は一命を取り留めるのだが、ケイトは彼女の心の傷の大きさを知る。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨークグリニッチ・ヴィレッジ
人気レストラン”22ブリーカー”でシェフを務めるケイト・アームストロングは、料理には妥協を許さない完璧主義者だった。
ある日、仕事に追われる毎日を送っていたケイトは、妹を突然の交通事故で亡くし、一命を取り留めた姪のゾーイを引き取ることになり、休暇をとり、二人で生活を始める。
しかし、母親を亡くして傷心のゾーイは、ケイトに心を開こうとしない。
ケイトの休暇中に、オーナーのポーラは腕利きのシェフ、ニックを雇ってしまい、それを知ったケイトは憤慨する。
その後、学校に通い始めたゾーイだったが、相変わらず塞ぎ込み、ケイトの作った料理を食べない。
仕事に復帰したケイトはニックと対立し、彼は店を辞めようとするが、彼女は店やスタッフ達のことを考えニックを一応引き止める。
ケイトは、何も口にしようとしないゾーイを、店に連れて行くことにする。
そんなゾーイが気になったニックは、何気ない態度で彼女に接し、食事をさせることに成功し、ケイトは彼に感謝する。
その後、ゾーイは、店でケイトやニックの手伝いをするうちに、次第に心を開いていく。
やがて、ニックが気に入ったゾーイは、彼とケイトをデートをさせようとするのだが・・・。
__________

セラピーを受けてまで仕事に打ち込み、自分の料理に満足しない客とトラブルを起こす、人気レストランの一流シェフのプライドを強調する、冒頭の過激で力強い描写で、思わずドラマに引き込まれてしまう。

そんな彼女は、新入りの副料理長との対立で一気に怒りの頂点に達するが、不幸な姪に愛情を捧げることで、彼女自身の人間らしさを取り戻していくという、クライマックスに向け、心和むストーリーもなかなかいい。

ロマンチックなムードと、グリニッチ・ヴィレッジの粋な雰囲気がよく伝わってくる、フィリップ・グラスの音楽も印象的だ。

色気も素っ気もない料理一筋の人生を歩み、姪を引き取ることで、苦手な人間関係にさらに苦悩するキャサリン・ゼタ=ジョーンズは、才女でありながら、反面不器用な人物を好演している。
アーロン・エッカートも含め、料理人としての仕草や振る舞いも見事だ。

楽天家でありながら、人生や人の心を動かす術を心得ているアーロン・エッカートも、好感度の高い役柄を好演している。

悲しげな表情から、笑顔に変わる場面が実に愛くるしく、主演の二人に引けをとらない名演を見せるアビゲイル・ブレスリンは、前年の「リトル・ミス・サンシャイン」(2006)でアカデミー助演賞にノミネートされただけあり、その実力を見十分にせてくれる。

知的な科学者や医師役がよく似合うセラピスト役ボブ・バラバン、やり手のレストラン・オーナーのパトリシア・クラークソン、スタッフのジェニー・ウェイドリリー・レイブ、主人公の階下に住むブライアン・F・オバーン、馴染み客のジョン・マクマーティンセリア・ウェストン、主人公の妹役アリジャ・バレイキスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020